紀愛宕麻呂(平安時代前期)

紀愛宕麻呂(平安時代前期)

紀愛宕麻呂とは

紀愛宕麻呂とは

紀愛宕麻呂とは

紀愛宕麻呂(きの あたぎまろ、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族・歌人。参議・紀田守の子。官位は従五位上・摂津守。

紀愛宕麻呂の生涯

紀愛宕麻呂の生年は不明だが、父・田守の没年(延暦10年(791年))からすると、延暦9年(790年)以前の誕生と考えられる。

承和7年(840年)、左近衛権少将に任ぜられ、承和9年(842年)に右近衛権少将に転じ、承和10年(843年)に従五位上に叙爵する。承和12年(845年)に左近衛権中将に昇進し、仁寿2年(852年)に摂津守に任ぜられている。

紀愛宕麻呂は、文人としても知られ、勅撰和歌集『古今和歌集』に1首が採録されている。

紀愛宕麻呂の作風

紀愛宕麻呂の和歌は、繊細で優美な作風を特徴としている。自然の美しさを詠んだ歌が多く、特に秋の景色を詠んだ歌に秀でている。

紀愛宕麻呂の代表作

紀愛宕麻呂の代表作としては、以下の歌が挙げられる。

* 秋の夜の 露の玉ちる 草の葉に おきそめし月 影さへぞする

* 秋の野の すすきが花は うつごとに 露の玉ちる 朝明の空

* 山里の 秋はさびしき 夕暮れに 風につれなき 紅葉なりけり

紀愛宕麻呂の評価

紀愛宕麻呂は、平安時代前期の代表的な歌人として知られている。繊細で優美な作風は、多くの歌人に影響を与えた。

紀愛宕麻呂の生涯

紀愛宕麻呂の生涯

紀愛宕麻呂の生涯

紀愛宕麻呂は、平安時代前期の貴族、官人。参議・紀有常の子。官位は正四位上・左大臣。

紀愛宕麻呂は、清和天皇の時代に参議に任じられ、太宰権帥、権中納言、左大弁などを歴任した。宇多天皇の即位後は、右大臣に任じられ、その後、左大臣に昇進した。

紀愛宕麻呂は、藤原基経と対立し、藤原基経が左大臣に任じられると、左大臣を辞任した。その後、藤原基経が失脚すると、再び左大臣に任じられた。

紀愛宕麻呂は、学問に優れ、和歌や漢詩にも長じていた。また、書道にも優れ、その書体は「紀愛宕流」と呼ばれた。

紀愛宕麻呂は、延喜15年(915年)に薨去した。享年81。

紀愛宕麻呂は、平安時代前期の政治家で、学問や芸術にも優れていた。その功績は大きく、現在でもその名を知られている。

紀愛宕麻呂の功績

紀愛宕麻呂の功績

紀愛宕麻呂の功績

紀愛宕麻呂は、平安時代前期の貴族・政治家です。参議・左大弁などを歴任し、文徳天皇の側近として活躍しました。

紀愛宕麻呂の最も有名な功績は、承和の変での功績です。承和の変とは、838年に起こった、藤原冬嗣と藤原良房による政変で、藤原冬嗣が失脚し、藤原良房が権力を握りました。紀愛宕麻呂は、この政変で藤原冬嗣を支持し、藤原良房と戦いました。しかし、藤原良房の勢いは強く、紀愛宕麻呂は敗北し、左遷されました。

しかし、紀愛宕麻呂はその後も藤原良房と協力し、平安京の整備や、律令の整備などに貢献しました。また、紀愛宕麻呂は、文徳天皇の側近として、天皇の信任も厚く、文徳天皇の死後は、皇太子の清和天皇の摂政を務めました。

紀愛宕麻呂は、平安時代前期の政治において、重要な役割を果たした人物です。その功績は、後世にも高く評価されており、現在でも、その功績を称える碑が、京都府京都市にある護国神社に建てられています。

タイトルとURLをコピーしました