阿部正興(2)

阿部正興(2)

阿部正興(2)の人物像

阿部正興(2)の人物像

– 阿部正興(2)の人物像

阿部正興(2)は、江戸時代中期の旗本で、阿部正勝の三男である。兄に正寿、正能、正定、正任、正久、正賀、正明、正安、正澄、正長、弟に正相、正紀、正甫、正春、正邦、正秋、正澄、正宣、正亭、正央、正蔵、正暄、正興(3)がいる。正室は阿部正永の娘、継室は堀田正春の娘、側室は阿部正春(三河国久留里藩主)の娘である。子は阿部正賀(正春養子)、阿部正蔵(加藤嘉明養子)、正行(正任養子)、正休、正信、正武、長女(中村正勝正室)、次女(生駒貞勝正室)、三女(安藤豊重正室)、四女(松平正孝継室)、五女(松平正甫正室)。

正興(2)は、寛永16年(1639年)に、阿部正勝と正室の徳川家康の養女・阿部正勝夫人(正勝の姉・亀姫)との間に、三男として生まれる。寛永19年(1642年)に兄・正寿が死去すると、その跡を継いで阿部家の家督を相続する。

正興(2)は、寛文4年(1664年)に、出羽国庄内藩の第2代藩主となる。藩政においては、領内の復興と安定に努め、新田開発や治水工事、産業振興に尽力する。また、儒学を奨励し、藩校の設置や藩士の子弟の教育に力を入れるなど、領内の文化振興にも貢献した。

正興(2)は、寛文11年(1671年)に、33歳の若さで死去する。その跡は、長男の正賀が継いだ。

正興(2)は、誠実で温厚な人柄で、領民から慕われていたという。また、学問を好み、和漢の書に通じていた。

阿部正興(2)の功績

阿部正興(2)の功績

阿部正興(2)の功績

阿部正興(2)は、江戸時代初期の武将。備中松山藩初代藩主。諱は忠秋。
阿部正興(2)は、阿部正勝の次男として生まれ、その後兄の阿部正次の養子となる。
阿部正興(2)は、関ヶ原の戦いにおいて、伏見城の守備を命じられ、徳川方として参戦する。戦後、阿部正興(2)は、備中松山藩10万石を与えられ、初代藩主となる。

阿部正興(2)は、松山藩の初代藩主として、領内の治世に尽力する。
また、阿部正興(2)は、俳諧を好み、自らも俳諧を詠んだ。
阿部正興(2)の俳号は「老圃」であった。

阿部正興(2)の功績は、以下の通りである。

1. 松山藩の初代藩主として、領内の治世に尽力する。
2. 俳諧を好み、自らも俳諧を詠んだ。
3. 阿部正興(2)の俳号は「老圃」であった。

阿部正興(2)は、松山藩の初代藩主として、領内の治世に尽力し、松山藩の発展に貢献した。
また、阿部正興(2)は、俳諧を好み、自らも俳諧を詠んだ。阿部正興(2)の俳号は「老圃」であった。

阿部正興(2)の死

阿部正興(2)の死

– 阿部正興(2)の死

阿部正興(2)は、1810年に江戸で生まれました。父は阿部正弘、母は石橋氏正興の娘です。正興は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。15歳のときには、藩主の大久保忠真に仕え、側近として活躍しました。

1839年に、正興は老中格に任命されました。老中格は、老中の下に置かれた役職で、老中の補佐役として働きました。正興は、老中格として、幕府の政治に深く関わりました。

1853年に、ペリーが率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航しました。幕府は、ペリーと交渉するために、正興を全権委員に任命しました。正興は、ペリーと交渉を行い、日米和親条約を締結しました。

1858年に、正興は老中に任命されました。老中は、幕府の最高决策機関である老中会議のメンバーであり、幕府の政治を決定する責任を負いました。正興は、老中として、幕府の政治に大きな影響を与えました。

1860年に、正興は死去しました。享年51歳でした。正興の死は、幕府に大きな衝撃を与えました。正興は、幕府の重鎮であり、幕府の政治に欠かせない人物でした。正興の死によって、幕府の政治は混乱に陥りました。

正興の死は、幕府の衰退の象徴となりました。幕府は、正興の死後、急速に衰退し、1868年に滅亡しました。

タイトルとURLをコピーしました