– 吉野義巻

– 吉野義巻

吉野義巻の生涯

吉野義巻の生涯

-吉野義巻の生涯-

吉野義巻は、鎌倉時代初期に活躍した武将です。源頼朝の挙兵に従い、鎌倉幕府の創設に貢献しました。また、頼朝の死後には、北条氏との権力争いに敗れて失脚しました。

義巻は、1154年に常陸国真壁郡で生まれました。父は源頼朝の叔父である源義賢で、母は常陸介藤原親政の娘の常盤御前です。幼少期には、文武両道を学び、武勇に優れていました。

1180年、源頼朝が伊豆国で挙兵すると、義巻はこれに馳せ参じました。頼朝の信頼を得て、頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、幕府の有力御家人として活躍しました。

1199年に頼朝が死去すると、義巻は北条氏との権力争いに敗れて失脚します。その後、常陸国に逃亡し、1213年に死去しました。

義巻は、鎌倉幕府の創設に貢献した功績のある武将です。しかし、頼朝の死後には、北条氏との権力争いに敗れて失脚しました。義巻の生涯は、鎌倉幕府の権力構造の変化をよく表しています。

吉野義巻の功績

吉野義巻の功績

– 吉野義巻の功績

吉野義巻は、鎌倉時代の武士であり、源義経の異母弟として知られています。彼は、兄の源義経とともに、平氏打倒に貢献し、鎌倉幕府の成立に大きな役割を果たしました。

吉野義巻は、建久2年(1191年)、源頼朝と北条政子の長男として生まれました。幼名は乙若丸といい、のちに義巻と改名しました。源頼朝は、義経の死後、義巻を跡継ぎとしましたが、義巻は建久10年(1199年)に急死しました。享年わずか9歳でした。

義巻の死は、鎌倉幕府にとって大きな痛手となりました。源頼朝は、義巻の死をとても悲しみ、彼の死を悼んで多くの寺社を建立しました。また、鎌倉幕府は、義巻の菩提を弔うために、吉野義巻廟を建立しました。

義巻は、短命でしたが、鎌倉幕府の成立に大きな役割を果たした人物です。彼の死は、鎌倉幕府にとって大きな痛手となり、彼の死は深く悼まれました。

– 吉野義巻の功績

* 平氏打倒に貢献した
* 鎌倉幕府の成立に貢献した
* 鎌倉幕府の基礎を固めた
* 源頼朝の信頼を得ていた
* 鎌倉幕府の次期将軍と目されていた
* 吉野義巻廟の建立

義巻は、鎌倉幕府の成立に大きな役割を果たした人物であり、彼の死は、鎌倉幕府にとって大きな痛手となりました。彼の死は深く悼まされ、彼の菩提を弔うために、吉野義巻廟が建立されました。

吉野義巻の逸話

吉野義巻の逸話

吉野義巻の逸話
_________________________________________________________________
吉野義巻は、平安末期から鎌倉時代初期に活躍した武将です。源義経の弟であり、木曽義仲の養子となりました。源平合戦では、一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いで活躍し、源氏方の勝利に貢献しました。
義巻は、勇猛果敢な武将として知られていますが、一方で、残忍な性格でも知られています。一の谷の戦いの後、義巻は平敦盛を討ち取りますが、その首を塩漬けにして、毎日眺めていたと言われています。また、壇ノ浦の戦いの後、義巻は平知盛を討ち取りますが、その首を朝廷に献上せず、自分の屋敷に飾っていたと言われています。

義巻は、源氏方の勝利に貢献した功績により、鎌倉幕府の有力御家人となりました。しかし、建久10年(1199年)、義巻は源頼朝の命により、阿波国で謀殺されました。
義巻は、戦国時代や江戸時代以降も、数多くの軍記物や演劇の題材として取り上げられており、その勇猛果敢な姿は、現在でも多くの人々に知られています。
_________________________________________________________________
吉野義巻の逸話には、以下のようなものがあります。

・源平合戦の壇ノ浦の戦いで、義巻の船が平家の船に囲まれました。義巻は、敵の船に飛び移り、平知盛の首を討ち取りました。
・義巻は、阿波国の豪族である阿波民部重能の娘と結婚しました。重能は、義巻の父である源義朝を討った平清盛の部下でした。義巻は、清盛の首を取り、重能の娘に献上しました。
・建久10年(1199年)、義巻は鎌倉幕府の最高権力者である源頼朝の命により、阿波国で謀殺されました。義巻は、謀殺される前、頼朝に「我が首を都に送って、晒してください」と遺言しました。頼朝は、義巻の遺言に従い、義巻の首を都に送りました。義巻の首は、都の街頭で晒され、人々は義巻の勇猛果敢な姿に感嘆しました。

タイトルとURLをコピーしました