幕末から明治時代の武士、政治家・町田武須計とは?

幕末から明治時代の武士、政治家・町田武須計とは?

戊辰戦争での活躍と新政府軍への降伏

戊辰戦争での活躍と新政府軍への降伏

-戊辰戦争での活躍と新政府軍への降伏-

幕末から明治時代にかけて活躍した武士、政治家である町田武須計は、戊辰戦争においても重要な役割を果たしました。

戊辰戦争は、1868年(慶応4年)に勃発した、明治政府軍と旧幕府軍の間の戦いでした。町田武須計は、当初は旧幕府軍に属して戦いましたが、後に新政府軍に降伏しました。

町田武須計が戊辰戦争で活躍したのは、上野戦争でした。上野戦争は、1868年(慶応4年)7月に、新政府軍と旧幕府軍が上野公園で戦った戦いでした。町田武須計は、旧幕府軍として上野戦争に参加し、新政府軍と激戦を繰り広げました。

しかし、町田武須計は、上野戦争で敗北し、新政府軍に降伏しました。町田武須計が新政府軍に降伏した理由は、幕府がもはや勝機がないと判断したためでした。

町田武須計は、新政府軍に降伏した後、明治政府の官僚として活躍しました。町田武須計は、内務省や大蔵省などの省庁で勤務し、明治政府の近代化に貢献しました。

町田武須計は、戊辰戦争で活躍し、新政府軍に降伏した後、明治政府の官僚として活躍した武士、政治家でした。

桑名藩権大参事就任と県会議員時代

桑名藩権大参事就任と県会議員時代

-桑名藩権大参事就任と県会議員時代-

明治維新後、田武は桑名藩権大参事に就任し、藩の政務を担った。藩の財政再建や殖産興業に尽力し、藩の近代化に貢献した。

明治9年(1876年)、桑名藩は廃藩置県により、三重県に編入された。田武は県の初代県議会議員に選出され、県政にも参画することとなった。県議会議員として、県政の近代化や産業の発展に尽力した。

明治12年(1879年)、田武は県議会議員を辞任し、東京に移住した。その後、元老院議官や貴族院議員を歴任し、明治政治の枢軸として活躍した。

田武は、幕末から明治時代にかけて、桑名藩や三重県の近代化に貢献した政治家である。その功績は、今日でも高く評価されている。

初代桑名町長就任と晩年

初代桑名町長就任と晩年

初代桑名町長就任と晩年

明治22年(1889年)、町制施行に伴い、桑名町が誕生しました。町長には、町民の推挙により、町田武須計が初代町長に就任しました。町長として、町民の生活向上と、桑名町の発展に尽力しました。

明治25年(1892年)、武須計は、桑名町を離れ、東京に移住しました。東京では、政治家として活動し、貴族院議員や衆議院議員を務めました。また、鉄道事業にも携わり、横浜鉄道株式会社の社長を務めました。

明治38年(1905年)、武須計は、68歳で亡くなりました。死後、正四位に叙せられました。

武須計は、幕末から明治時代にかけて、活躍した武士、政治家であり、桑名町の発展に貢献した人物です。

タイトルとURLをコピーしました