– 大津彦五郎

– 大津彦五郎

大津彦五郎とは

大津彦五郎とは

大津彦五郎

大津彦五郎とは

大津彦五郎は、近江国大津に生まれた武士であり、戦国時代における近江の有力な豪族です。

その生涯については不明な点が多くありますが、1516年に近江守護大名である六角定頼に仕えたという記録があり、その後は近江守護代として六角氏の勢力拡大に貢献しました。

1527年には六角氏の家臣である蒲生賢秀と共に、細川晴元が率いる軍勢と交戦し、勝利に貢献。

1530年には六角定頼が近江守護を解任され、六角定頼の代わりに六角承禎が近江守護に就任。

1532年には六角定頼が死去し、六角承禎が近江守護として実権を握りました。

1535年には六角承禎が細川高国と戦い、勝利に貢献。

1536年には六角承禎が細川晴元と戦い、勝利に貢献。

1537年には六角承禎が京に侵攻し、将軍足利義晴を奉じて入京。

1538年に六角承禎が死去し、六角義賢が近江守護に就任。

1539年には六角義賢が細川晴元と戦い、勝利に貢献。

1540年に六角義賢が死去し、六角義治が近江守護に就任。

1545年に大津彦五郎が死去。

大津彦五郎は、戦国時代における近江の有力な豪族であり、六角氏の勢力拡大に貢献した人物です。

戊午の密勅返納騒動

戊午の密勅返納騒動

戊午の密勅返納騒動

戊午の密勅返納騒動とは、1878年(明治11年)に、大津彦五郎が戊午の密勅を返納した事件である。

戊午の密勅とは、1874年(明治7年)に明治天皇が下賜した密勅である。この密勅は、大津彦五郎が神道教の教祖であることを認めるものであった。

しかし、大津彦五郎は、この密勅を返納すると発表した。その理由は、密勅の存在が、神道教の信者たちを増やすことになり、それが政府に弾圧されることを恐れたためである。

大津彦五郎の密勅返納は、大きな反響を呼んだ。政府は、大津彦五郎を逮捕し、神道教を弾圧した。また、神道教の信者たちの中には、政府に弾圧されることを恐れて、信仰をやめた者もいた。

戊午の密勅返納騒動は、日本における宗教弾圧の歴史の中で、重要な事件である。この事件は、政府の宗教に対する姿勢を明らかにし、宗教の自由を制限するという政府の政策を浮き彫りにした。

戊午の密勅返納騒動の後、大津彦五郎は、政府の弾圧から逃れるために、アメリカに亡命した。そして、1902年(明治35年)に、アメリカで死去した。

獄中絶食死

獄中絶食死

-大津彦五郎-

-獄中絶食死-

大津彦五郎は、1911年(明治44年)に東京市浅草区で起きた幸徳秋水ら社会主義者による大逆事件で、無期懲役の判決を受け、千葉刑務所で服役していた。1923年(大正12年)9月1日、大津は獄中で絶食を始め、9月14日に獄死した。

大津が絶食に及んだ理由は、刑務所当局の虐待への抗議だったとされている。大津は、刑務所の食事が不十分で、労働時間が長すぎるとして、当局に改善を求めていたが、当局はそれを拒否していた。

大津の死は、社会主義運動に大きな衝撃を与えた。幸徳秋水は、「大津彦五郎の死は、政府の暴虐を告発するものである」と述べ、社会主義運動の強化を訴えた。

大津の死後、政府は刑務所の待遇を改善し、労働時間を短縮するなどの措置を講じた。しかし、社会主義運動は依然として弾圧され続け、1925年(大正14年)には治安維持法が制定されて、社会主義運動はさらに弾圧されるようになった。

大津彦五郎の死は、政府の弾圧に抗議して命を落とした社会主義者の象徴として、現在も語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました