茂呂鼇岳とは?江戸前期-中期の儒者で、江戸の人

茂呂鼇岳とは?江戸前期-中期の儒者で、江戸の人

茂呂鼇岳の生涯と経歴

茂呂鼇岳の生涯と経歴

-茂呂鼇岳の生涯と経歴-

茂呂鼇岳は、江戸前期-中期の儒者であり、江戸の人。
儒教、医学、兵学等の著述家として、多くの分野で活躍しました。

1609年(慶長14年)、江戸小石川に生まれる。幼名は亀次郎。
幼少期に、父・茂呂介兵衛を亡くして、母・茂呂いそと姉に育てられる。

1625年(寛永2年)、17歳の時に、大名・藤堂能久に家臣として召し抱えられる。
藤堂家では、儒学を学び、兵学も修得。

1642年(寛永19年)、藤堂家を出奔し、浪人となる。
1644年(正保元年)、京都で、儒学者の林羅山に入門。

1647年(正保4年)、江戸に戻り、儒学塾を開設。
1650年(慶安3年)、幕府の儒官となる。

1652年(承応元年)、儒教の根本的な教典の一つである『礼記』の講義を幕府の儒官として行う。
1654年(承応3年)、幕府の勘定奉行となる。

1657年(明暦3年)、幕府の勘定奉行を辞職し、再び儒学塾を開設。
1672年(寛文12年)、74歳で死去。

茂呂鼇岳は、儒学、医学、兵学等の分野で活躍した江戸前期-中期の儒者である。

茂呂鼇岳が残した漢詩文集

茂呂鼇岳が残した漢詩文集

-茂呂鼇岳が残した漢詩文集-

茂呂鼇岳は、江戸前期-中期の儒者で、江戸の人。字は孚之、号は鼇岳・狙公・雪下。

茂呂鼇岳は、漢詩文集を数多く残しています。その代表作の一つが、『鼇岳詩集』です。この詩集は、鼇岳が生涯に詠んだ漢詩約1,000首を収めたもので、その内容は、自然の美しさや人生の機微など、さまざまなテーマにわたっています。

もう一つの代表作が、『狙公文集』です。この文集は、鼇岳が著した文章を集めたもので、その内容は、儒学に関するものや、政治に関するものなど、多岐にわたっています。

『鼇岳詩集』と『狙公文集』は、いずれも江戸時代における漢詩文の代表作として高く評価されており、現在でも多くの研究者や漢詩文愛好家に読まれています。

鼇岳の漢詩文集は、江戸時代における漢詩文の貴重な資料であるだけでなく、鼇岳の思想や生き方を知る上でも重要な資料となっています。鼇岳の漢詩文集を読むことで、江戸時代の儒者の精神世界や、当時の社会の様子を知ることができるでしょう。

茂呂鼇岳の思想と学問

茂呂鼇岳の思想と学問

茂呂鼇岳の思想と学問

茂呂鼇岳は、江戸前期から中期の儒者であり、朱子学を基盤として、独自の思想を展開しました。彼は、人間の本性を「仁」と「義」であると考え、仁義に基づいた社会の実現を目指しました。また、学問は「経世済民」のためのものであり、実学を重視しました。

鼇岳の思想は、江戸時代の儒学に大きな影響を与えました。彼の学問は、幕府の政策にも取り入れられ、江戸時代の社会に大きな影響を与えました。

鼇岳の代表的な著作には、『鼇岳集』、『鼇岳文鈔』、『鼇岳講義』などがあります。これらの著作は、朱子学を基盤とした彼の思想を体系的にまとめたものであり、江戸時代の儒学研究に欠かせない資料となっています。

鼇岳の思想は、江戸時代の社会に大きな影響を与えました。彼の学問は、幕府の政策にも取り入れられ、江戸時代の社会に大きな影響を与えました。また、彼の著作は、江戸時代の儒学研究に欠かせない資料となっており、現在でも研究されています。

タイトルとURLをコピーしました