人物辞典-松平孫三郎(1825-1888)

人物辞典-松平孫三郎(1825-1888)

松平孫三郎の生涯

松平孫三郎の生涯

松平孫三郎の生涯

松平孫三郎は、1825年に江戸で生まれた。父は松平定信、母は牧野貞成の娘である。幼名は長次郎、のちに孫太郎と改名した。1843年に従五位下侍従となり、1846年には若年寄に就任した。1853年にペリーが浦賀に来航すると、幕府の交渉役として派遣された。1854年には日米和親条約を締結し、1855年には日露和親条約を締結した。1858年には安政の大獄で失脚し、1859年には隠居した。1862年には政界に復帰し、1863年には老中に就任した。1864年には幕府の交渉役として長州藩と交渉し、1865年には長州征伐の総督に就任した。1866年には薩摩藩と長州藩の連合軍に敗北し、1867年には江戸城を明け渡し、幕府を倒した。1888年に東京で死去した。

松平孫三郎は、幕末の動乱期に活躍した幕臣である。日米和親条約や日露和親条約の締結に尽力し、幕府の外交政策を担った。また、長州征伐の総督を務め、薩摩藩と長州藩の連合軍と戦った。幕府の倒壊後は、明治政府に仕えた。

松平孫三郎は、幕末の動乱期に活躍した幕臣である。ペリー来航に際しては、幕府の交渉役として対応し、日米和親条約の締結に尽力した。また、長州征伐の総督を務め、薩摩藩と長州藩の連合軍と戦った。幕府の倒壊後は、明治政府に仕えた。

甲子の獄での弾圧と新政府の処分

甲子の獄での弾圧と新政府の処分

-松平孫三郎(1825-1888)-

徳川幕府に仕えた政治家。第十五代将軍徳川慶喜の側近として、幕末の政治に大きな影響を与えた。

* -甲子の獄での弾圧と新政府の処分-

松平孫三郎は、幕末の激動期にあって、徳川慶喜の側近として活躍した。しかし、1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に属して官軍と戦った。戦争に敗れた後、松平孫三郎は新政府に逮捕され、甲子の獄に投獄された。

甲子の獄は、戊辰戦争後に新政府が行った弾圧事件である。この事件では、幕府に仕えた多くの政治家や軍人が逮捕され、処罰された。松平孫三郎も、甲子の獄で厳しい取り調べを受けた。

1869年(明治2年)、松平孫三郎は甲子の獄で死刑を宣告された。しかし、慶喜の助命嘆願により、死刑は終身禁固に減刑された。松平孫三郎は、1888年(明治21年)に獄中で病死した。

松平孫三郎は、徳川幕府に仕えた政治家として、幕末の政治に大きな影響を与えた。しかし、戊辰戦争に敗れた後、新政府に逮捕され、甲子の獄に投獄された。甲子の獄で死刑を宣告されたが、慶喜の助命嘆願により、死刑は終身禁固に減刑された。松平孫三郎は、1888年(明治21年)に獄中で病死した。

恩赦後の活動と最期

恩赦後の活動と最期

恩赦後の活動と最期

松平孫三郎は、1868年の戊辰戦争で敗北し、1869年に明治政府によって処刑された。しかし、1872年に恩赦され、1873年に政府に復帰した。復帰後は、内務省や大蔵省で官僚として働き、1877年には初代兵庫県知事に任命された。兵庫県知事として、松平孫三郎は、殖産興業政策を進め、近代的な産業を導入した。また、1881年には、第1回内国勧業博覧会を大阪で開催した。

1883年、松平孫三郎は、文部大臣に任命された。文部大臣として、松平孫三郎は、近代的な教育制度を整備し、近代的な大学を設立した。また、1885年には、教育勅語を発布した。

1888年、松平孫三郎は、病のため辞職し、同年中に死去した。

松平孫三郎は、明治維新後の日本近代化に貢献した人物の一人である。内務省や大蔵省で官僚として働き、近代的な産業を導入するなど、殖産興業政策を進めた。また、文部大臣として、近代的な教育制度を整備し、近代的な大学を設立するなど、近代化に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました