柳生俊郎

柳生俊郎

柳生俊郎とは

柳生俊郎とは

-柳生俊郎とは-

柳生俊郎は、1954年12月11日生まれの日本の俳優です。東京都出身、ワタナベエンターテインメント所属。

1973年、映画『青春の蹉跌』でデビュー。その後、ドラマ『大江戸捜査網』、映画『スローなブギにしてくれ』などに出演し、人気俳優となります。

1984年、ドラマ『男の家庭科』で主演を務め、大ヒットを記録。このドラマでの役柄で、柳生は「料理男子」というイメージが定着しました。

1990年代以降も、ドラマ『古畑任三郎』シリーズや映画『踊る大捜査線』シリーズなど、数多くの作品に出演し、活躍を続けています。

柳生俊郎は、その爽やかなルックスと、自然な演技で多くのファンを獲得しています。また、料理が得意で、テレビ番組で料理を披露することもあります。

柳生俊郎は、日本の芸能界を代表する俳優の一人です。

柳生俊郎の経歴

柳生俊郎の経歴

-柳生俊郎の経歴-

柳生俊郎は、1954年10月1日に鹿児島県で生まれた俳優である。

1973年に高校卒業後、上京して劇団四季に入団。

1976年に劇団四季を退団し、フリーランスの俳優として活動を開始。

1979年に、TBS系列のテレビドラマ「3年B組金八先生」に生徒役で出演し、一躍人気俳優となった。

その後も、数多くのテレビドラマや映画に出演し、幅広い役柄を演じている。

代表作には、「スケバン刑事」(1985年)、「男はつらいよ」(1987年)、「笑っていいとも!」(1989年~2014年)などがある。

柳生俊郎は、1990年に女優の仙道敦子と結婚。

2000年に長男が誕生した。

2004年に、柳生俊郎は、映画「TAJOMARU」で、主演を務めた。

この映画は、第30回モントリオール世界映画祭で、最優秀監督賞を受賞した。

2010年に、柳生俊郎は、テレビドラマ「JIN-仁-」に出演し、高杉晋作役を演じた。

このドラマは、大ヒットとなり、柳生俊郎の演技は高く評価された。

2014年に、柳生俊郎は、映画「るろうに剣心」に出演し、斎藤一役を演じた。

この映画は、興行収入30億円を超える大ヒットとなり、柳生俊郎の演技は再び高く評価された。

2018年に、柳生俊郎は、映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」に出演し、徳川茂茂役を演じた。

この映画は、興行収入38億円を超える大ヒットとなり、柳生俊郎の演技は再び高く評価された。

柳生俊郎は、現在も、俳優として活躍している。

柳生俊郎の功績

柳生俊郎の功績

-柳生俊郎の功績-

柳生俊郎は、1932年(昭和7年)に京都市に生まれた日本の俳優です。1951年(昭和26年)に映画『暴力』でデビューし、その後は『乱』や『もののけ姫』など、数多くの作品に出演しました。

柳生俊郎は、その端正な顔立ちと、演技力に定評のある俳優でした。映画だけでなく、テレビドラマや舞台でも活躍し、国民的人気を獲得しました。なかでも、1976年(昭和51年)のNHK大河ドラマ『風と雲と虹と』では、主演の徳川家康を演じ、大きな話題となりました。

柳生俊郎は、1999年(平成11年)に胃がんのため死去しました。享年67歳でした。しかし、その功績は今もなお語り継がれています。

-映画での功績-

柳生俊郎は、映画デビュー作の『暴力』で、主人公の青年役を演じました。その後も、『乱』や『もののけ姫』など、数多くの映画に出演しました。その端正な顔立ちと、演技力に定評のある俳優でした。

なかでも、『乱』では、謀反を起こした息子を演じ、大きな話題となりました。この作品は、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したほか、アカデミー賞にもノミネートされました。

-テレビドラマでの功績-

柳生俊郎は、テレビドラマでも活躍しました。なかでも、1976年(昭和51年)のNHK大河ドラマ『風と雲と虹と』では、主演の徳川家康を演じ、大きな話題となりました。この作品は、平均視聴率35%を記録し、大ヒットとなりました。

柳生俊郎は、その後も『北の国から』や『鬼平犯科帳』など、数多くのテレビドラマに出演しました。その端正な顔立ちと、演技力に定評のある俳優でした。

-舞台での功績-

柳生俊郎は、舞台でも活躍しました。なかでも、『ハムレット』や『マクベス』などのシェイクスピア劇に出演し、高い評価を受けました。

柳生俊郎は、その端正な顔立ちと、演技力に定評のある俳優でした。映画だけでなく、テレビドラマや舞台でも活躍し、国民的人気を獲得しました。その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました