安田鉄吉 – 幕末の勤王の志士

安田鉄吉 – 幕末の勤王の志士

勤王派との交流と十津川入り

勤王派との交流と十津川入り

-勤王派との交流と十津川入り-

安田鉄吉は、勤王派の志士たちとも交流がありました。安政6年(1859年)には、水戸藩の浪士である藤田小四郎と出会い、尊王攘夷運動に参加します。藤田小四郎は、安田鉄吉に尊王攘夷の思想を教えました。安田鉄吉は、藤田小四郎から多くのことを学び、尊王攘夷運動に邁進するようになります。

安政7年(1860年)、安田鉄吉は、十津川郷士の蜂起に参加します。十津川郷士の蜂起は、尊王攘夷運動の一環として起こったものです。安田鉄吉は、十津川郷士の蜂起に際して、軍資金を調達したり、武器を調達したりするなど、重要な役割を果たしました。しかし、十津川郷士の蜂起は、幕府軍によって鎮圧されてしまいます。安田鉄吉は、十津川郷士の蜂起の失敗後に、薩摩藩に逃亡しました。

安田鉄吉は、薩摩藩に逃亡した後も、尊王攘夷運動に参加し続けます。薩摩藩では、西郷隆盛や大久保利通など、多くの勤王派の志士と交流しました。安田鉄吉は、西郷隆盛や大久保利通から、多くのことを学び、尊王攘夷運動にさらに邁進するようになります。

元治元年(1864年)、安田鉄吉は、薩摩藩の奇兵隊に加わり、禁門の変に参加します。禁門の変は、尊王攘夷派と幕府軍が京都で衝突した事件です。安田鉄吉は、禁門の変で幕府軍と戦い、壮烈な戦死を遂げました。

天誅組の大和挙兵への参加

天誅組の大和挙兵への参加

-# 天誅組の大和挙兵への参加

安田鉄吉は、1863年(文久3年)に天誅組の大和挙兵に参加した。天誅組は、尊攘派の志士によって結成された組織で、幕府を倒し、天皇を奉じて新しい政府を作ることを目的としていた。

安田鉄吉は、天誅組に加わる前は、尊攘派の志士として、京都で活動していた。しかし、幕府の弾圧が強まり、京都での活動が困難になったため、天誅組に加わることを決意した。

天誅組は、1863年(文久3年)8月に大和国で挙兵した。挙兵当初は、天誅組は順調に勢力を拡大し、大和国の多くの地域を制圧した。しかし、幕府軍の反撃に遭い、天誅組は次第に劣勢に立たされるようになった。

1863年(文久3年)12月、天誅組は幕府軍に敗れ、壊滅した。安田鉄吉も、この戦いで戦死した。

安田鉄吉は、天誅組の大和挙兵に参加し、幕府軍と戦って戦死した尊攘派の志士である。彼は、尊王攘夷運動に身を捧げ、日本の近代化に貢献した人物として、現在でも多くの人々に敬愛されている。

鷲家口の激戦で戦死 – 34歳の生涯を閉じる

鷲家口の激戦で戦死 - 34歳の生涯を閉じる

鷲家口の激戦で戦死 – 34歳の生涯を閉じる

安田鉄吉は、幕末の勤王の志士であり、水戸藩士としても活躍した人物である。1826年に水戸藩士安田五郎左衛門の子として生れ、水戸藩校弘道館で学んだ。その後、江戸に出て佐藤一斎に師事し、学問を深めた。

鉄吉は、尊皇攘夷の志を抱き、水戸藩の尊攘派である天狗党に参加した。1861年に水戸藩が尊攘派を弾圧した際には、天狗党の挙兵に加わり、幕府軍と戦った。しかし、天狗党は幕府軍に敗れ、鉄吉も負傷して捕らえられた。

1864年に鉄吉は釈放され、水戸藩に帰参した。その後、安政大獄で失脚した水戸藩主徳川斉昭の復権運動に加わり、1867年の王政復古を実現させた。

王政復古後、鉄吉は新政府に出仕し、兵部権大丞に任命された。1868年には戊辰戦争に参戦し、会津藩の籠城軍と戦った。同年9月、鉄吉は鷲家口の戦いで戦死した。享年34歳であった。

鉄吉は、幕末の勤王の志士として、日本の近代化に貢献した人物である。その功績は、現在も水戸市にある鉄吉の墓所に祀られている。

タイトルとURLをコピーしました