康仁親王 – 鎌倉-南北朝時代の皇族

康仁親王 – 鎌倉-南北朝時代の皇族

康仁親王の生涯

康仁親王の生涯

-康仁親王の生涯-

康仁親王(やすひとしんのう、安嘉門院、1326年 – 1383年)は、日本の南北朝時代の皇族・園城寺の第141世座主(園城寺の長官)。後醍醐天皇の第5皇子。母は二条為世の娘・珣子。光厳天皇の同母弟。尊円法親王の養子。大覚寺統の皇統の傍系であり、大覚寺統の最有力の皇位継承候補者であり、南朝において事実上の皇太弟であった。

-幼少期-

康仁親王は、1326年に後醍醐天皇の第5皇子として誕生した。母は二条為世の娘・珣子であった。康仁親王は、幼少期に光厳天皇の同母弟として養育された。

-鎌倉-南北朝時代-

1336年、後醍醐天皇が鎌倉幕府に捕らえられ、光厳天皇が擁立された。康仁親王は、兄である光厳天皇の即位に伴い、1336年に園城寺の第141世座主となった。

1338年、後醍醐天皇が隠岐島に配流された。康仁親王は、兄である光厳天皇の即位に伴い、1338年に園城寺の第141世座主となった。

1352年、後醍醐天皇が京都に戻り、南朝を樹立した。康仁親王は、南朝において事実上の皇太弟とされた。

1368年、南朝が滅亡した。康仁親王は、北朝に降伏し、出家した。

-晩年-

康仁親王は、1383年に58歳で薨去した。

康仁親王は、鎌倉-南北朝時代の皇族であり、園城寺の第141世座主であった。康仁親王は、南朝において事実上の皇太弟とされたが、南朝が滅亡し、北朝に降伏した。康仁親王は、出家後、58歳で薨去した。

康仁親王と光厳天皇

康仁親王と光厳天皇

-康仁親王と光厳天皇-

康仁親王は、鎌倉-南北朝時代の皇族で、光厳天皇の父として知られています。建武2年(1335年)、光厳天皇が南朝方によって廃位させられた後は、光厳天皇の復位のために尽力しました。

康仁親王は、後醍醐天皇の皇子であり、母は藤原冬嗣の娘である後伏見上皇の皇女、姈子内親王です。康仁親王は、1322年に生まれ、1331年に親王宣下を受けました。

康仁親王は、光厳天皇の擁立に尽力し、1336年に光厳天皇が復位すると、その摂政となりました。康仁親王は、光厳天皇の治世を安定させるために、足利尊氏と協力して、南朝方と戦いました。

しかし、康仁親王は、1348年に薨去しました。康仁親王の死後、光厳天皇は、再び南朝方によって廃位させられ、南北朝の対立はさらに激化しました。

康仁親王は、光厳天皇の父として、南北朝時代の歴史に大きな影響を与えた人物です。康仁親王の尽力なくしては、光厳天皇の復位は実現しなかったでしょう。

康仁親王の死

康仁親王の死

-康仁親王の死-

康仁親王は、1382年(永徳2年)12月17日に、48歳で亡くなりました。死因は、はしかが原因の肺炎だったとされています。康仁親王は、皇太子でしたが、皇位を継承することなく、若くして亡くなりました。康仁親王の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、多くの公卿が悲しみに暮れました。

康仁親王は、母・新待賢門院の死に深く悲しみ、その翌年に亡くなりました。新待賢門院は、康仁親王が皇位を継承できるように、様々な努力をしていましたが、康仁親王の死により、その願いは叶いませんでした。

康仁親王の死後、皇太子は、その弟の貞成親王が立てられました。貞成親王は、後に後小松天皇として皇位を継承しました。

康仁親王は、学問に優れ、また、和歌を詠むことも得意でした。康仁親王は、多くの和歌を残しており、その歌は、現在でも高く評価されています。

康仁親王は、鎌倉-南北朝時代を代表する皇族の一人です。康仁親王の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、また、日本の歴史にも大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました