「江崎礼二」

「江崎礼二」

幕末期の傑出した写真家

幕末期の傑出した写真家

-「江崎礼二」-

-幕末期の傑出した写真家-

江崎礼二は、幕末期に活躍した日本の写真家です。1832年に江戸に生まれ、1861年に写真術を学び始めました。1862年には、横浜で写真館を開業し、1865年には、幕府の御用写真師に任命されました。

江崎礼二の写真は、その高い技術と芸術性で知られています。彼は、日本各地の名所旧跡や風俗習慣などを撮影し、その作品は、日本の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。また、彼は、人物写真にも優れており、その作品は、被写体の内面を巧みに表現しています。

江崎礼二の写真は、国内外で高く評価されており、彼の作品は、多くの美術館や博物館に収蔵されています。また、彼の作品は、写真集や展覧会などで紹介されており、多くの人々に親しまれています。

-江崎礼二の生涯-

江崎礼二は、1832年に江戸に生まれました。彼の父親は、旗本の江崎孝三郎であり、母親は、御家人娘の江崎菊野でした。礼二は、幼い頃から絵を描くことを好んでおり、16歳のときには、画家を目指して江戸に出てきました。

しかし、礼二は、画家として鳴かず飛ばずで、1861年に写真術を学び始めました。彼は、写真術の才能を開花させ、1862年には、横浜で写真館を開業しました。彼の写真館は、たちまち評判となり、多くの顧客が訪れるようになりました。

1865年には、幕府の御用写真師に任命され、日本の各地を巡って、名所旧跡や風俗習慣などを撮影しました。彼の作品は、幕府に献上され、また、海外にも輸出されました。

維新後は、写真館を閉鎖し、しばらくの間、写真撮影から遠ざかっていました。しかし、1872年に、再び写真撮影を再開し、1877年には、東京で写真館を開業しました。彼の新しい写真館は、再び評判となり、多くの顧客が訪れるようになりました。

江崎礼二は、1898年に、東京で亡くなりました。享年66歳でした。

-江崎礼二の写真の特徴-

江崎礼二の写真は、その高い技術と芸術性で知られています。彼は、写真術を学び始めてから、わずか数年で、その技術を極めました。彼の作品は、構図やライティングが巧みであり、また、被写体の内面を巧みに表現しています。

江崎礼二は、日本各地の名所旧跡や風俗習慣などを撮影しました。彼の作品は、日本の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。また、彼は、人物写真にも優れており、その作品は、被写体の内面を巧みに表現しています。

江崎礼二の写真は、国内外で高く評価されており、彼の作品は、多くの美術館や博物館に収蔵されています。また、彼の作品は、写真集や展覧会などで紹介されており、多くの人々に親しまれています。

天体写真や夜間撮影の先駆者

天体写真や夜間撮影の先駆者

-江崎礼二天体写真や夜間撮影の先駆者-

江崎礼二は、1901年(明治34年)に京都で生まれた天体写真家、天文家、技術者である。天体写真や夜間撮影の先駆者として知られており、日本では「天体写真の神様」と呼ばれている。

江崎は、京都帝国大学理学部を卒業後、大阪の電機メーカーに就職した。しかし、天文学への情熱から、1925年(大正14年)に大阪管区気象台に技官として採用された。気象台では、気象観測や天気予報に従事する傍ら、天体観測も行っていた。

江崎は、1931年(昭和6年)に、日本初の天体写真撮影用の望遠鏡を製作した。この望遠鏡は、口径10センチの屈折望遠鏡で、江崎はこれを用いて、多くの天体を撮影した。江崎が撮影した天体写真の中には、日本で初めて撮影されたアンドロメダ銀河の写真も含まれている。

江崎は、天体写真撮影だけでなく、夜間撮影にも取り組んだ。江崎は、1932年(昭和7年)に、日本で初めて、満天の星空を撮影することに成功した。この写真は、東京の夜景を背にした星空を撮影したもので、非常に美しい写真として知られている。

江崎は、天体写真や夜間撮影の分野で多くの功績を残した。江崎の業績は、日本の天文学の発展に大きな貢献をした。江崎は、1981年(昭和56年)に、文化功労者に選ばれている。

タイトルとURLをコピーしました