幕末・明治期の武士・官僚「山田信道」の生涯

幕末・明治期の武士・官僚「山田信道」の生涯

八月十八日の政変への関与と藩での5年間の拘禁

八月十八日の政変への関与と藩での5年間の拘禁

-八月十八日の政変への関与と藩での5年間の拘禁-

八月十八日の政変とは、1864年(元治元年)8月18日に京都で起きた、公武合体派による長州藩勢力排除のためのクーデターである。山田信道は、この政変に深く関与し、長州藩の兵を京都から退却させ、藩主毛利敬親に政権返上と謹慎を迫った。

政変後、山田信道は、藩の重臣として藩政を主導し、長州藩の再建に努めた。しかし、1868年(慶応4年)に勃発した戊辰戦争で長州藩が敗北すると、山田信道は藩を追放されてしまう。

山田信道は、5年間の藩での拘禁生活の末、1873年(明治6年)に赦免され、東京で暮らした。1879年(明治12年)に、山田信道は、東京府知事に任命された。山田信道は、東京の近代化に尽力し、東京の礎を築いた。

山田信道は、1888年(明治21年)に亡くなった。享年61歳。

維新後、判事から福島県、大阪府、京都府の知事を歴任

維新後、判事から福島県、大阪府、京都府の知事を歴任

-維新後、判事から福島県、大阪府、京都府の知事を歴任-

明治維新後は、新政府に仕え、判事や福島県、大阪府、京都府の知事を歴任した。

判事としては、司法省の要職を歴任し、法典編纂にも携わった。また、福島県知事としては、県内の産業振興やインフラ整備に尽力し、県政の発展に貢献した。

大阪府知事としては、大阪市の近代化や産業振興に尽力し、大阪を近代的な都市へと発展させた。また、京都府知事としては、京都市の近代化や産業振興に尽力し、京都を近代的な都市へと発展させた。

山田信道は、維新後の日本において、重要な役割を果たした人物であり、その功績は高く評価されている。

第2次松方内閣で農商務相、会計検査院長を務める

第2次松方内閣で農商務相、会計検査院長を務める

第2次松方内閣で農商務相、会計検査院長を務める

山田信道は、第2次松方内閣で農商務相を務めました。農商務相在任中は、農業や商業の発展に尽力し、多くの政策を実施しました。例えば、農業振興のためには、農業技術の向上や農産物の販売促進を図りました。商業の発展のためには、商業振興法を制定し、商工業者の保護を図りました。

また、山田信道は、第2次松方内閣で会計検査院長を務めました。会計検査院長在任中は、政府の会計を厳格に検査し、不正を摘発しました。また、会計検査院の制度を整備し、会計検査院の権威を向上させました。

山田信道の功績は大きく、彼の死後、彼の功績を称えて、山田信道の銅像が東京の公園に建てられました。また、山田信道の名前は、東京の小学校や中学校の校名にもなっています。

タイトルとURLをコピーしました