– 水野三郎右衛門(水野元宣)

– 水野三郎右衛門(水野元宣)

水野三郎右衛門とは?

水野三郎右衛門とは?

# 水野三郎右衛門とは?

水野三郎右衛門は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した日本の武将・大名である。水野忠政の三男として生まれ、幼名は与七郎。

水野三郎右衛門は、1564年に尾張国海東郡富貴村(現在の愛知県知多郡美浜町富貴)に生まれた。父の水野忠政は、織田信長の家臣であり、戦国時代には数多くの戦いで活躍した。

水野三郎右衛門は、15歳で初陣を果たし、その後も織田信長の家臣として各地を転戦した。1582年の本能寺の変では、父の水野忠政が明智光秀に攻められて自害し、その後は豊臣秀吉に仕えた。

豊臣秀吉の死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは、東軍として参戦し、戦功を挙げた。徳川家康からは、三河国刈谷藩1万石を与えられた。

水野三郎右衛門は、1620年6月19日に刈谷城で死去した。享年57。

水野三郎右衛門は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将・大名であり、徳川家康に仕えて関ヶ原の戦いでは戦功を挙げた。

水野元宣とは?

水野元宣とは?

-水野元宣とは?-

水野元宣(みずのもとのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。水野信元の長男。徳川家康の重臣。三河国岩津城主、遠江国掛川城主、上総国久留里城主。

1545年、三河国安祥城(現在の愛知県安城市)で誕生。父は水野信元、母は徳川家康の妹である亀姫。

1560年、桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、父・信元は徳川家康に降伏。元宣も家康に仕えるようになる。

1567年、家康の命で上洛し、室町幕府15代将軍・足利義昭に拝謁。従五位下、左衛門尉に叙任される。

1568年、織田信長の上洛に従い、京で人質となる。

1570年、信長の仲介で家康と信元が和睦。元宣も三河に帰国する。

1573年、三方ヶ原の戦いで家康が武田信玄に敗れると、元宣は岩津城に籠城する。武田軍の攻撃を耐え抜き、家康の撤退を助ける。

1575年、長篠の戦いで家康が武田氏を破ると、元宣も功績を挙げる。

1582年、本能寺の変で信長が討たれると、家康は甲斐国に侵攻。元宣も家康に従い、甲斐を平定する。

1584年、家康が関白・豊臣秀吉に臣従すると、元宣も秀吉に拝謁。従四位下、左兵衛督に叙任される。

1585年、秀吉の九州征伐に従い、肥後国に侵攻。島津氏を降伏させる。

1587年、家康が関東に移封されると、元宣も家康に従い、上総国久留里城に移る。

1590年、小田原征伐に従い、北条氏を降伏させる。

1598年、豊臣秀吉が死去すると、元宣は家康のもとで五大老の一人となる。

1600年、関ヶ原の戦いで家康が勝利すると、元宣も功績を挙げる。

1603年、家康が江戸幕府を開くと、元宣は老中格となる。

1616年、死去。享年72。

元宣は、家康の重臣として数々の戦で功績を挙げた武将であり、徳川幕府の礎を築いた一人である。

幕末の活躍

幕末の活躍

幕末の活躍

水野三郎右衛門は、幕末に活躍した薩摩藩士です。諱は元宣、通称は三郎右衛門。水野家は、薩摩藩の重臣の家柄であり、三郎右衛門も藩主島津斉彬に仕えていました。

三郎右衛門は、嘉永6年(1853年)に浦賀に来航したペリー艦隊の応接役を務めました。ペリー艦隊は、アメリカ合衆国の東インド艦隊であり、日本に開国を迫っていました。三郎右衛門は、ペリー艦隊との交渉において、冷静沈着に対応し、日本の利益を守りました。

安政5年(1858年)には、将軍徳川家茂の上洛に随行しました。上洛中は、幕府の重臣や諸藩の藩主と接触し、日本の将来について話し合いました。三郎右衛門は、幕府の衰退を憂慮しており、日本の独立を維持するためには、薩摩藩が幕府に代わって日本のリーダーシップをとるべきだと考えていました。

文久2年(1862年)、イギリス艦隊が薩摩藩の鹿児島湾に侵入しました。三郎右衛門は、薩摩藩の軍勢を率いてイギリス艦隊を撃退しました。この薩英戦争は、日本の近代化のきっかけとなった事件であり、三郎右衛門は、日本の近代化に貢献しました。

明治維新後は、薩摩藩の重臣として活躍しました。明治4年(1871年)に廃藩置県が行われると、鹿児島県の初代県令に就任しました。三郎右衛門は、鹿児島県の近代化に尽力し、県の発展に貢献しました。

水野三郎右衛門は、幕末に活躍した薩摩藩士であり、日本の近代化に貢献した人物です。

タイトルとURLをコピーしました