「源義範」- 彼の生涯と功績

「源義範」- 彼の生涯と功績

源義範とは

源義範とは

源義範とは

源義範(みなもとの よしのり、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、御家人。源頼朝の同父異母弟で、源範頼、源義経の異父弟。母は源義朝と、従妹にあたる祇園女御の侍女で、牛車の車輪を制作する工匠の娘、または後白河法皇の側近の娘とされる。

平治の乱に際して頼朝らとともに平清盛と戦い、乱後に甲斐源氏の一族とともに甲斐国に流された。
その後、頼朝の挙兵に伴い甲斐源氏の一族とともに源氏方に属し、治承4年(1180年)の富士川の戦いで平氏を破った。

治承5年(1181年)には倶利伽羅峠の戦いで平維盛を破り、同7年には壇ノ浦の戦いで平氏を滅亡に追い込んだ。
頼朝の死後、嫡子の頼家が家督を継ぐと、義範は頼家の叔父として幕政に参加し、建久2年(1191年)には頼朝の残した奥州平定の遺志を継いで、弟の範頼とともに奥州に侵攻した。

頼家没後は、頼家の長男の一幡が家督を継いだが、政局は義範と義経とが対立し、建久10年(1199年)に義経が頼家の乳母であった政子の実家である比企氏を滅ぼした後、義範は伊豆に流された。

建仁3年(1203年)、義経が討死すると、頼家が没していたため、頼家の弟の源実朝が家督を継いだ。
義範は実朝に赦されて鎌倉に戻り、建保5年(1217年)には実朝の命により、弟の範頼の遺児である禅暁に所領を与えている。

義範のその後の消息は不明だが、寛元元年(1243年)には、頼朝の四男である源実朝の甥、源公頼が義範の娘と婚姻したとされる。
義範の没年は不明だが、寛元元年(1243年)以降に没したとみられている。

源義範の生涯

源義範の生涯

– 源義範の生涯

源義範は、平安時代後期から鎌倉時代初期の武将、政治家である。河内源氏の棟梁であり、源頼朝の兄。治承・寿永の乱における平家政権打倒に大きく貢献した。

-# 源義範の出生と幼少期

源義範は、河内源氏の棟梁である源為義の次男として誕生した。母は、白河法皇の愛妾であった藤原璋子である。義範は、幼い頃から武芸に秀で、父である為義から兵法を学んだ。また、兄の頼朝とは親しく、常に一緒に行動していた。

-# 平治の乱での活躍

平治の乱において、義範は、兄の頼朝と共に平清盛率いる平家政権に反旗を翻した。義範は、頼朝の指揮下で各地を転戦し、平家軍を次々と破った。しかし、福原の戦いで敗北し、頼朝と共に伊豆国に流罪となった。

-# 鎌倉幕府の成立

流罪後、義範は、頼朝と共に伊豆国で挙兵し、平家政権打倒を目指した。義範は、頼朝の軍勢に加わり、各地を転戦した。そして、寿永3年(1183年)に、壇ノ浦の戦いで平家政権を滅ぼし、鎌倉幕府を成立させた。

-# 鎌倉幕府での活躍

鎌倉幕府成立後、義範は、頼朝の右腕として、幕政を支えた。義範は、評定衆の一員として、幕府の重要事項を審議し、決定した。また、義範は、頼朝の命を受けて、各地に赴き、幕府の政策を推進した。

源義範は、頼朝の死後も、鎌倉幕府の重臣として活躍した。義範は、頼朝の遺児である源頼家の後見人となり、幕政を主導した。しかし、建久10年(1199年)に、義範は、頼家の命によって、暗殺された。

源義範は、頼朝と共に鎌倉幕府を成立させ、幕府の重臣として活躍した武将である。義範の功績は、後世にまで語り継がれている。

源義範の功績

源義範の功績

-源義範の功績-

源義範は、平安時代末期に活躍した武将です。源義朝の三男であり、源頼朝の弟にあたります。治承4年(1180年)に起きた平治の乱では、兄の頼朝とともに平清盛に挙兵し、平氏を滅亡させることに成功しました。源平合戦では、義経の軍に従って各地を転戦し、寿永3年(1184年)に平氏を滅亡させました。

義範の功績は、源平合戦における活躍にとどまりません。彼は、頼朝が鎌倉幕府を開いた後も、引き続き幕府の重臣として仕えました。建久4年(1193年)に頼朝が死去すると、義経の遺児である源頼家を助けて、幕府の運営に尽力しました。しかし、頼家が暗殺されると、幕府の権力は北条氏に移り、義範は幕府から遠ざけられました。

義範は、建保6年(1218年)に52歳で死去しました。彼の死は、源氏の衰退を象徴する出来事として捉えられています。

以下は、義範の主な功績です。

* 平治の乱で平氏を滅亡させる
* 源平合戦で平氏を滅亡させる
* 頼朝の死後、頼家を助けて幕府の運営に尽力する

義範は、源平合戦における活躍と、頼朝の死後における幕府の運営への貢献によって、日本の歴史にその名を残しました。

タイトルとURLをコピーしました