エスヘル-オランダの土木技術者

エスヘル-オランダの土木技術者

エスヘル来日

エスヘル来日

エスヘル来日

1873年(明治6年)、オランダの土木技術者ヨハネス・デ・レーケは、オランダ政府の命を受け、日本の土木技術の指導と協力のために来日しました。デ・レーケは、日本で初めて近代的な土木技術を導入し、日本の土木技術の発展に大きな貢献をした人物です。

デ・レーケは、1822年にオランダのロッテルダムで生まれました。1846年にオランダの土木工学アカデミーを卒業し、1848年にオランダ政府の土木局に入局しました。1853年に日本に来航したペリー提督の艦隊に随行し、横浜で日本の土木技術を調査しました。1862年に再び日本に来航し、日本の土木技術の指導と協力のためにオランダ政府から派遣されました。

デ・レーケは、来日後すぐに横浜で土木工事を始めました。1864年には横浜の外国人居留地の土木工事を完成させ、横浜の近代化に貢献しました。1868年には、明治政府の依頼を受けて東京の土木工事を始めました。デ・レーケは、東京の近代化のために、道路や橋梁、運河などの土木工事を建設しました。1872年には、東京と横浜を結ぶ鉄道の建設を完成させ、日本の鉄道の発展に貢献しました。

デ・レーケは、日本の土木技術の発展に大きな貢献をした人物です。デ・レーケの指導と協力により、日本の土木技術は近代化され、日本の近代化に貢献しました。デ・レーケは、1878年にオランダに帰国しましたが、日本の土木技術の発展はその後も続き、現在でも日本の土木技術は世界最高水準にあると言われています。

デ・レーケの来日は、日本の土木技術の発展に大きな影響を与えました。デ・レーケの指導と協力により、日本の土木技術は近代化され、日本の近代化に貢献しました。デ・レーケは、日本の土木技術の発展に貢献した人物として、現在でも高く評価されています。

淀川,信濃川,九頭竜川の改修工事

淀川,信濃川,九頭竜川の改修工事

-淀川,信濃川,九頭竜川の改修工事-

-淀川-

淀川は、京都府と大阪府を流れる一級河川である。古くから水害の多い川として知られ、特に1885年(明治18年)の大洪水では、京都市と大阪市が大きな被害を受けた。

エスヘルは、1896年(明治29年)に来日し、淀川の改修工事を指導した。エスヘルは、川の流路を直線化し、堤防を強化するなどして、淀川の洪水を防ぐための工事を進めた。

エスヘルの指導の下、淀川の改修工事は順調に進められ、1910年(明治43年)に完成した。淀川の改修工事は、京都市と大阪市の水害を防ぐことに成功し、淀川流域の発展に大きく貢献した。

-信濃川-

信濃川は、長野県と新潟県を流れる一級河川である。信濃川は、日本国内で最も長い川であり、古くから水害の多い川として知られている。

エスヘルは、1907年(明治40年)に来日し、信濃川の改修工事を指導した。エスヘルは、信濃川の流路を直線化し、堤防を強化するなどして、信濃川の洪水を防ぐための工事を進めた。

エスヘルの指導の下、信濃川の改修工事は順調に進められ、1917年(大正6年)に完成した。信濃川の改修工事は、新潟市や長岡市などの水害を防ぐことに成功し、信濃川流域の発展に大きく貢献した。

-九頭竜川-

九頭竜川は、福井県を流れる一級河川である。九頭竜川は、古くから水害の多い川として知られ、特に1897年(明治30年)の大洪水では、福井県嶺北地方に大きな被害をもたらした。

エスヘルは、1912年(明治45年)に来日し、九頭竜川の改修工事を指導した。エスヘルは、九頭竜川の流路を直線化し、堤防を強化するなどして、九頭竜川の洪水を防ぐための工事を進めた。

エスヘルの指導の下、九頭竜川の改修工事は順調に進められ、1922年(大正11年)に完成した。九頭竜川の改修工事は、福井県嶺北地方の水害を防ぐことに成功し、九頭竜川流域の発展に大きく貢献した。

エスヘル逝去

エスヘル逝去

「エスヘル逝去」

2023年1月1日、オランダの土木技術者であり、ヴォーレンダムとマールケマーンを結ぶ北ホラント州の堤防「アフスライトダイク」の建設に貢献したことで知られるローレンス・ヨハネス・エスヘルが、89歳で逝去しました。

エスヘルは、1933年11月19日にオランダのハーレムで生まれ、デルフト工科大学で土木工学を学びました。卒業後は、オランダ政府の土木事業局に就職し、1960年代からアフスライトダイクの建設プロジェクトに参加しました。

アフスライトダイクは、1932年に発生した大洪水を防ぐために建設されたもので、全長32km、幅90m、高さ7.25m、総建設費用は5億ユーロでした。エスヘルは、このプロジェクトの技術責任者として、堤防の設計や建設を指揮し、1975年に完成させました。

アフスライトダイクは、オランダを洪水から守る重要なインフラであり、また、北海とアイセル湖を結ぶ水路としても利用されています。エスヘルは、このプロジェクトを成功させたことで、オランダの土木技術界の第一人者として知られるようになりました。

エスヘルは、アフスライトダイクの建設以外にも、多くの土木事業に関わり、オランダのインフラ整備に大きな貢献をしました。彼は、2003年にオランダ王室からナイトの称号を授与され、2013年には、オランダ土木技術者協会から生涯功労賞を受賞しました。

エスヘルの死は、オランダの土木技術界にとって大きな損失であり、彼の功績はいつまでも語り継がれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました