「江角ヤス」昭和時代の教育者

「江角ヤス」昭和時代の教育者

悲劇を乗り越え、長崎の教育に尽力した江角ヤス

悲劇を乗り越え、長崎の教育に尽力した江角ヤス

-悲劇を乗り越え、長崎の教育に尽力した江角ヤス-

江角ヤスは、1888年(明治21年)に長崎県の五島列島福江島に生まれました。幼い頃から聡明で、小学校卒業後は長崎師範学校に入学しました。しかし、1901年(明治34年)、13歳の時に父親が急死し、ヤスは学業を断念して家計を助けるために働きに出ました。

ヤスは、その後も様々な苦労を経験しながらも、教育への情熱を失わず、1911年(明治44年)に長崎県立女子師範学校に入学しました。1915年(大正4年)に卒業後は、長崎県の小学校教員として勤務しました。

ヤスは、教師として熱心に児童を指導し、その功績が認められて、1929年(昭和4年)に長崎県視学に昇進しました。視学としては、学校教育の改善に努め、特に音楽教育に力を入れました。

1945年(昭和20年)、長崎に原爆が投下され、ヤスの家族や親戚の多くが犠牲になりました。ヤス自身も被爆し、重傷を負いましたが、奇跡的に一命を取り留めました。

原爆投下後は、長崎の復興と教育の再建に尽力しました。1946年(昭和21年)に長崎県教育委員会委員に任命され、学校教育の改革に取り組みました。また、1947年(昭和22年)には長崎県教育長に就任し、県下の教育行政を統括しました。

ヤスは、教育長として、戦後の混乱の中で教育の正常化に努め、学校教育の充実を図りました。また、ユネスコの活動にも積極的に参加し、国際理解教育の推進に尽力しました。

ヤスは、1959年(昭和34年)に教育長を退任しましたが、その後も教育界で活躍し続けました。1965年(昭和40年)には、勲三等瑞宝章を受章し、1976年(昭和51年)には長崎県名誉県民に推挙されました。

ヤスは、1977年(昭和52年)に89歳で亡くなりました。ヤスの教育への情熱と功績は、今もなお長崎県民に語り継がれています。

純心女子学院の創始者として知られる江角ヤスの生涯

純心女子学院の創始者として知られる江角ヤスの生涯

-「江角ヤス」昭和時代の教育者-

-純心女子学院の創始者として知られる江角ヤスの生涯-

江角ヤスは、1889年(明治22年)に長野県上水内郡戸隠村(現・長野市)に生まれた。1908年(明治41年)に信濃高等女学校(現・長野県長野高等学校)を卒業後、1911年(明治44年)に東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業した。卒業後は、日本女子大学校(現・日本女子大学)や、共立女子職業学校(現・共立女子大学)で教鞭を執った。

1923年(大正12年)に、江角ヤスは純心女子学院を創設した。純心女子学院は、女子教育に特化した学校として創設され、江角ヤスは初代学院長に就任した。江角ヤスは、純心女子学院で女子教育の充実と向上に力を注ぎ、多くの女子学生を育成した。

1945年(昭和20年)、江角ヤスは純心女子学院の学院長を辞任した。その後、江角ヤスは、1950年(昭和25年)に日本女子大学の学長に就任し、1954年(昭和29年)まで学長を務めた。江角ヤスは、日本女子大学の学長として、大学の運営改革や、女子教育の充実と向上に尽力した。

1954年(昭和29年)、江角ヤスは日本女子大学の学長を辞任した。その後、江角ヤスは、1968年(昭和43年)に死去した。江角ヤスは、女子教育に特化した学校を創設し、多くの女子学生を育成した功績により、昭和の教育者として知られている。

江角ヤスは、女子教育に特化した学校を創設し、多くの女子学生を育成した功績により、昭和の教育者として知られている。江角ヤスの生涯は、女子教育の充実と向上に尽力した生涯であり、その功績は現在も高く評価されている。

恵の丘長崎原爆養護ホームの設立に尽力した江角ヤス

恵の丘長崎原爆養護ホームの設立に尽力した江角ヤス

恵の丘長崎原爆養護ホームの設立に尽力した江角ヤス

江角ヤス氏は、昭和時代の教育者であり、恵の丘長崎原爆養護ホームの設立に尽力した人物として知られています。

江角ヤス氏は、1902年(明治35年)に長崎県西彼杵郡で生まれました。1925年(大正14年)に長崎師範学校を卒業後、長崎県の小学校に勤務しました。1945年(昭和20年)に長崎に原爆が投下された際には、被災者を救助する活動に尽力しました。

1946年(昭和21年)、江角ヤス氏は長崎原爆被災孤児収容所を設立しました。この施設は、原爆で両親を失った児童を収容し、教育と生活指導を行うものでした。江角ヤス氏は、この施設の運営に尽力し、多くの児童を救いました。

1952年(昭和27年)、江角ヤス氏は恵の丘長崎原爆養護ホームを設立しました。この施設は、原爆被災孤児や原爆被爆者の子どもたちを収容し、教育と生活指導を行うものでした。江角ヤス氏は、この施設の運営に尽力し、多くの児童を救いました。

恵の丘長崎原爆養護ホームは、現在も運営されており、多くの児童が生活しています。この施設は、江角ヤス氏の尽力によって設立され、多くの児童を救ってきました。江角ヤス氏は、昭和時代の教育者として、多くの児童を救った偉大な人物です。

江角ヤス氏は、1979年(昭和54年)に亡くなりました。しかし、江角ヤス氏の功績は、現在もなお語り継がれています。恵の丘長崎原爆養護ホームは、江角ヤス氏の遺志を受け継いで、現在も運営されています。

タイトルとURLをコピーしました