酒井忠寛 – 江戸時代後期の武家

酒井忠寛 – 江戸時代後期の武家

酒井忠寛 – その生涯

酒井忠寛 - その生涯

-酒井忠寛 – その生涯-

酒井忠寛(さかいただひろ)は、江戸時代後期の武家、老中である。家系は三河国碧海郡牛久保(現在の愛知県岡崎市)を領した譜代大名酒井氏の分家にあたる。

忠寛は、宝暦11年(1761年)に酒井忠用の子として江戸に生まれる。幼少期は、祖父の忠告のもとで儒学を学び、弓術や剣術にも優れ、15歳で元服し、忠寛と名乗った。

安永5年(1776年)、父の死により家督を継ぎ、従五位下丹後守に叙任される。天明7年(1787年)には、老中に就任し、寛政の改革に尽力した。

寛政元年(1789年)、忠寛は、松平定信とともに寛政の改革を推進し、緊縮財政や風紀の粛正などを行った。また、蝦夷地(現在の北海道)の開拓にも力を入れ、松前藩に命じて蝦夷地を調査させた。

寛政10年(1798年)、忠寛は、老中を辞任して致仕し、文政3年(1820年)に江戸で死去した。享年60。

忠寛は、寛政の改革を推進した有能な老中であり、蝦夷地の開拓にも尽力した。また、学問を好み、多くの書物を執筆した。その功績は、今日でも高く評価されている。

出羽国鶴岡藩の藩主 – 酒井家10代

出羽国鶴岡藩の藩主 - 酒井家10代

出羽国鶴岡藩の藩主 – 酒井家10代

酒井忠寛(さかい ただひろ)は、江戸時代後期の日本の武家。出羽国鶴岡藩の第10代藩主。酒井家10代当主。

酒井忠寛は、天明2年(1782年)に鶴岡藩の第9代藩主・酒井忠徳の長男として誕生しました。寛政12年(1800年)に父が死去し、家督を相続して第10代藩主となりました。

酒井忠寛は、藩政改革に尽力しました。文政7年(1824年)には、藩校「致道館」を創設し、藩士の教育に努めました。また、藩の財政を立て直すために、倹約政策を実施しました。

天保3年(1832年)、酒井忠寛は49歳で死去しました。跡を次男の酒井忠器が継ぎました。

酒井忠寛は、藩政改革に尽力した名君として知られています。致道館の創設は、藩士の学問を奨励し、藩の文化の発展に貢献しました。また、倹約政策の実施は、藩の財政を立て直し、藩の安定に寄与しました。

文久2年9月17日病没享年24

文久2年9月17日病没享年24

-文久2年9月17日病没享年24-

酒井忠寛は、文久2年9月17日に病没しました。享年24でした。忠寛は、酒井家12代当主で、新庄藩主でした。忠寛は、弘化3年6月24日に江戸で生まれました。父は酒井忠寛、母は正室の絢姫です。忠寛は、安政5年に家督を相続し、新庄藩主となりました。忠寛は、藩政改革に尽力し、新庄藩の財政を立て直しました。また、忠寛は、寺子屋を開設して藩士の子弟の教育にも力を入れました。

忠寛は、文久2年9月17日に病没しました。忠寛の死後、家督は長男の忠寛が相続しました。忠寛は、明治維新后に新庄藩知事となりました。

タイトルとURLをコピーしました