青木文一郎→ 大正・昭和時代の動物学者

青木文一郎→ 大正・昭和時代の動物学者

岐阜県出身の動物学者

岐阜県出身の動物学者

-岐阜県出身の動物学者-

青木文一郎は、1882年(明治15年)に岐阜県郡上郡八幡町(現在の郡上市八幡町)に生まれた。父は、幕末から明治初期にかけて活躍した大垣藩の儒学者であり、岐阜県における漢学教育の発展に貢献した青木輔信である。青木文一郎は、幼少期から動物に興味を持ち、小学校を卒業後は旧制岐阜中学校(現在の岐阜県立岐阜高等学校)に進学した。中学時代には、生物部に所属し、昆虫や鳥類の採集に熱心に取り組んだ。

1903年(明治36年)に、青木文一郎は東京帝国大学理科大学動物学科に入学した。大学では、岡田尚親教授のもとで動物学を学び、1907年(明治40年)に卒業した。その後、農商務省水産講習所(現在の東京海洋大学)の講師を務め、1910年(明治43年)に、東京帝国大学理科大学動物学科の助教授に就任した。1913年(大正2年)には、同大学の教授に昇進し、動物学講座を担当した。

青木文一郎は、動物学の分野で、多くの研究を行い、重要な業績を残した。特に、甲殻類の研究に力を入れ、日本産甲殻類の分類や生態を明らかにし、甲殻類学の発展に大きく貢献した。また、青木文一郎は、動物の飼育や繁殖に関する研究も行い、動物の飼育法や繁殖法の確立に貢献した。

青木文一郎は、1950年(昭和25年)に、東京帝国大学を退官し、名誉教授となった。その後も、精力的に研究活動を続け、1957年(昭和32年)には、日本学士院会員に選出された。青木文一郎は、1964年(昭和39年)に、82歳で死去した。

青木文一郎は、岐阜県出身の動物学者として、動物学の発展に大きく貢献した。その功績は、後世の人々に受け継がれ、動物学の発展に寄与している。

ネズミの分類の権威

ネズミの分類の権威

青木文一郎は、1884年(明治17年)に東京に生まれた動物学者です。東京帝国大学農学部を卒業後、同大学院に進学して動物学を学びます。1911年(明治44年)に博士号を取得し、その後は東京帝国大学農学部教授としてネズミの分類学の研究に従事しました。

青木文一郎は、ネズミの分類の権威として知られており、ネズミの分類に関する多くの論文を発表しました。特に、1931年(昭和6年)に発表した「日本産ネズミ類の分類」は、ネズミの分類学の研究に大きな影響を与えました。青木文一郎は、ネズミの分類に関する研究だけでなく、ネズミの生態に関する研究にも取り組んでおり、1934年(昭和9年)に発表した「ネズミの生態」は、ネズミの生態に関する研究の基礎となりました。

青木文一郎は、ネズミの分類学の研究において大きな功績を上げ、日本のネズミ学の基礎を築きました。また、青木文一郎の研究は、ネズミの生態に関する研究の発展にも貢献しました。青木文一郎は、1962年(昭和37年)に東京で亡くなりました。

青木文一郎のネズミに関する研究は、今日でも高く評価されており、多くの研究者に影響を与えています。青木文一郎の研究は、ネズミの分類学と生態学の発展に大きく貢献しました。

岐阜大学初代学長

岐阜大学初代学長

-青木文一郎岐阜大学初代学長-

青木文一郎(1882-1964)は、大正から昭和にかけて活躍した動物学者であり、岐阜大学初代学長を務めた人物です。

青木は1882年に岐阜県に生まれ、東京帝国大学農科大学を卒業後、同大学院に進学しました。卒業後は、東京帝国大学農学部助教授、農林省畜産試験場技師などを歴任し、1929年に岐阜高等農林学校教授に就任しました。

岐阜高等農林学校は、1949年に岐阜大学に昇格し、青木は初代学長に就任しました。学長在任中は、新学部の設置や教員の増員など、岐阜大学の拡充に尽力しました。また、岐阜県内の農業振興にも貢献し、1955年には岐阜県農林功労賞を受賞しています。

青木は、動物学の分野でも多くの業績を残しました。特に、家畜の疾病研究に力を入れ、鶏白痢症や鶏チフスの予防法を開発しました。また、家畜の栄養学や繁殖学にも詳しく、これらの分野に関する多くの著書を執筆しています。

青木は、1964年に82歳で亡くなりましたが、岐阜大学や岐阜県の発展に貢献した功績は今もなお称えられています。

-岐阜大学初代学長としての功績-

青木は、岐阜大学初代学長として、以下の功績を残しています。

* 新学部の設置青木は、岐阜大学に農学部、工学部、教育学部の3学部を設置しました。このうち、農学部は岐阜高等農林学校の農学科を母体としており、工学部と教育学部は新たに設置されたものです。
* 教員の増員青木は、岐阜大学の教員を大幅に増員しました。これにより、岐阜大学の教育研究レベルの向上が図られました。
* 岐阜県内の農業振興青木は、岐阜県内の農業振興にも尽力しました。青木は、岐阜県農林功労賞を受賞しており、その功績は高く評価されています。

青木は、岐阜大学の初代学長として、同大学の拡充と岐阜県内の農業振興に貢献しました。青木は、岐阜大学の発展に欠かせない人物であり、その功績は今もなお称えられています。

タイトルとURLをコピーしました