-宮部継潤

-宮部継潤

戦功

戦功

-戦功-

宮部継潤は戦国時代の武将で、肥後国八代城主を務めた。彼は勇猛果敢な武将として知られ、数々の戦功を挙げた。

継潤は、天正5年(1577年)に島津氏に攻められ、八代城を一時失った。しかし、翌年には城を奪還し、島津氏を退けた。その後、彼は肥後国を平定し、八代城を拠点に勢力を拡大していった。

継潤は、天正12年(1584年)に豊臣秀吉の九州平定に参陣し、島津氏と戦った。この戦いで、彼は島津氏を破り、肥後国を豊臣氏の支配下に入れた。

継潤は、豊臣氏に仕えて九州の平定に貢献した。彼は、慶長4年(1599年)に死去するまで、八代城主を務めた。

継潤は、戦国時代を代表する武将の一人である。彼は、勇猛果敢な戦いぶりで数々の戦功を挙げ、肥後国を平定した。また、豊臣氏に仕えて九州の平定に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました