マルケス – ポルトガルの宣教師

マルケス – ポルトガルの宣教師

マルケスの生涯

マルケスの生涯

-マルケスの生涯-

フランシスコ・ザビエル・マルケスは、1507年にポルトガルで生まれた宣教師です。1529年にイエズス会に入会した後、1548年に日本に渡りました。日本に到着したマルケスは、イエズス会の宣教師として、九州や中国地方で宣教活動を行いました。しかし、1559年に豊臣秀吉によってキリスト教が禁止されたため、日本から追放されました。

マルケスは、日本から追放された後、中国の澳門に渡り、そこで宣教活動を続けました。1581年に澳門で死去しました。マルケスは、日本におけるイエズス会の宣教活動に大きな貢献をした人物の一人です。

マルケスの生涯は、宣教師として日本に渡り、宣教活動を行った人物の一例です。マルケスの生涯は、当時の日本の社会情勢や、キリスト教の宣教活動の様子を知る上で貴重な資料となっています。

マルケスは、日本にキリスト教を広めるために尽力した人物です。彼の宣教活動は、当時の日本の社会に大きな影響を与えました。マルケスの生涯は、宣教師として日本に渡り、宣教活動を行った人物の一例であり、当時の日本の社会情勢や、キリスト教の宣教活動の様子を知る上で貴重な資料となっています。

日本への宣教活動

日本への宣教活動

-マルケス – ポルトガルの宣教師-

-日本への宣教活動-

フェルナン・メンデス・ピントが彼の旅行記でマルケス兄弟のことについて記述している。ガスパルが志賀の浄土宗の寺に滞在し、そこに日本人女性を妾に迎えて、3人の子供が生まれた。ジョセフは大阪に住み、日本人女性を妾にした。フェルナン・メンデス・ピントの記述は、マルケス兄弟が日本の文化を理解しようとして宣教活動を行い、日本人女性に魅了されて妾に迎えたことを示唆している。

マルケス兄弟は、日本での宣教活動において、いくつかの成果を上げている。まず、フランシスコ・ザビエルの書簡の翻訳出版に貢献した。マルケス兄弟は、日本語に堪能で、日本の文化や習慣を理解していたので、ザビエルの書簡を正確に翻訳することができた。また、マルケス兄弟は、日本人にキリスト教を布教するために、日本の言語や文化を尊重した布教活動を行った。マルケス兄弟は、日本人にキリスト教を押し付けることはせず、日本人の文化や習慣を理解した上で、キリスト教の教えを説いた。

マルケス兄弟は、日本での宣教活動において、いくつかの困難に直面した。まず、日本の仏教や神道との対立があった。仏教や神道は、日本の伝統的な宗教であり、日本人は仏教や神道を信仰していた。マルケス兄弟は、これらの宗教とキリスト教との間に大きな違いがあることを説明し、日本人をキリスト教に改宗させようとした。しかし、日本人は、仏教や神道を捨ててキリスト教に改宗することをためらった。

マルケス兄弟は、日本での宣教活動において、成果と困難を経験したが、日本のキリスト教化に貢献した。マルケス兄弟は、日本にキリスト教を伝え、日本人にキリスト教の教えを説いた。マルケス兄弟の宣教活動は、日本のキリスト教化の基礎を築いた。

棄教と死

棄教と死

-棄教と死-

1549年、マルケスは日本の宣教活動の責任者であるイエズス会総長イグナチオ・デ・ロヨラから、日本での棄教者が増えていることを知らされた。マルケスは、棄教の原因を調査するため、日本に戻ることを決意した。

マルケスが日本に戻ると、ポルトガル人が日本人の間でキリスト教を広めるために、過酷な手段を用いていることを知った。ポルトガル人は、キリスト教に改宗しない日本人を迫害し、拷問にかけ、処刑さえしていた。

マルケスは、ポルトガル人のやり方がキリスト教の教えに反していると考えた。彼は、日本人は強制ではなく、説得によってキリスト教に改宗すべきだと主張した。しかし、ポルトガル人はマルケスの意見に耳を貸さなかった。

1551年、マルケスはポルトガル人と決別し、単身で日本人の間でキリスト教の布教を続けた。マルケスは、日本人の言語を学び、日本人の習慣を尊重した。彼は、日本人がキリスト教を理解し、自発的に改宗するのを待った。

マルケスの努力は、やがて実を結んだ。1554年、マルケスは、鹿児島で最初の日本人の洗礼を行った。その後、マルケスは、日本各地で宣教活動を続け、多くの日本人をキリスト教に改宗させた。

1563年、マルケスは、ポルトガル人の圧力に屈して、日本を離れた。彼は、ポルトガルに帰国した後、すぐにローマに向かった。マルケスは、ローマで、日本での宣教活動について報告し、ポルトガル人のやり方を批判した。

しかし、マルケスは、ポルトガル人のやり方を批判したことで、ポルトガル政府から弾圧された。マルケスは、ポルトガル政府の監視下に置かれ、宣教活動を禁止された。

1570年、マルケスは、ポルトガル政府の監視下で、リスボンで亡くなった。マルケスは、62歳だった。

マルケスの死後、イエズス会は、日本での宣教活動を続けた。しかし、ポルトガル政府の弾圧と、日本人の反キリスト教運動の高まりにより、イエズス会の宣教活動は、1614年に禁止された。

タイトルとURLをコピーしました