江副浜二とは-明治-昭和前期の軍人-生涯や経歴を解説

江副浜二とは-明治-昭和前期の軍人-生涯や経歴を解説

日露戦争から予備役へ

日露戦争から予備役へ

-日露戦争から予備役へ-

1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、江副浜二は第1軍隷下の第12師団第24旅団歩兵第48連隊長として出征した。彼は旅団長として、遼陽会戦や奉天会戦など主要な戦闘に参加し、功績を挙げた。1905年(明治38年)には中佐に昇進し、第12師団参謀長に任命された。

1907年(明治40年)には大佐に昇進し、歩兵第68連隊長に任命された。1910年(明治43年)には少将に昇進し、歩兵第17旅団長に任命された。1912年(明治45年)には中将に昇進し、第15師団長に任命された。

1914年(大正3年)に第1軍司令官に任命された。しかし、1915年(大正4年)に予備役に編入された。この背景には、江副浜二が陸軍内で主流派と見られていた長州閥と対立していたことがある。また、江副浜二は軍人としては異例の出世コースを歩んでいたことから、同僚の嫉妬を買っていたという説もある。

予備役に編入されてからも、江副浜二は陸軍関係の要職を歴任した。1917年(大正6年)には陸軍大学校校長に任命され、1920年(大正9年)には陸軍次官に任命された。1923年(大正12年)には大将に昇進した。

1926年(昭和元年)に予備役編入となったが、満州事変後の1932年(昭和7年)には陸軍参謀次長に任命され、1933年(昭和8年)には陸軍大臣に任命された。江副浜二は陸軍大臣として、陸軍の近代化を推進した。また、日中戦争の勃発にも大きく関与した。

1936年(昭和11年)に陸軍大臣を辞任し、再び予備役に編入された。1945年(昭和20年)に死去した。

特務機関員としてモンゴルで活動

特務機関員としてモンゴルで活動

-特務機関員としてモンゴルで活動-

江副浜二は、1919年(大正8年)に陸軍省の特務機関員としてモンゴルに派遣された。特務機関は、諜報活動や宣伝活動を行うために設置された組織であり、江副はモンゴルにおけるソ連の活動を探る任務を負っていた。

江副は、モンゴルに到着するとすぐに現地の人々との関係を築くことに努めた。彼はモンゴル語を学び、モンゴル人の習慣や風習にも精通した。また、モンゴル政府の要人とも親しくなり、彼らの信頼を得ることに成功した。

江副の努力により、特務機関はモンゴルにおけるソ連の活動に関する貴重な情報を収集することができた。この情報をもとに、日本政府はソ連の動きを阻止するための対策を講じることができた。

江副は、1922年(大正11年)までモンゴルに滞在した。帰国後、彼は特務機関の活動報告書を提出した。この報告書は、モンゴル情勢を正確に分析しており、日本政府のモンゴル政策に大きな影響を与えた。

江副のモンゴルでの活動は、日本のモンゴル政策の成功に大きく貢献した。彼は、モンゴルの人々の信頼を得て、貴重な情報を収集することに成功した。また、彼の報告書は日本政府のモンゴル政策の立案に役立てられた。

浙江督軍の盧永祥軍事顧問となる

浙江督軍の盧永祥軍事顧問となる

浙江督軍の盧永祥軍事顧問となる

1924年(大正13年)、江副は浙江督軍の盧永祥の軍事顧問に就任しました。盧永祥は、江蘇省出身の軍人で、辛亥革命後は国民革命軍の将校として活躍しました。1924年、盧永祥は浙江省の督軍に任命されました。盧永祥は、江副の人柄と能力を高く評価し、軍事顧問として招聘しました。

江副は、盧永祥の軍事顧問として、浙江省の軍事改革に尽力しました。江副は、浙江省の軍隊を近代化し、規律を強化しました。また、江副は、浙江省の軍隊と国民革命軍との協力を推進しました。

江副は、浙江督軍の盧永祥軍事顧問として、盧永祥の信頼を得て、浙江省の軍事改革に大きな貢献を果たしました。江副は、浙江省の軍隊を近代化し、規律を強化しました。また、江副は、浙江省の軍隊と国民革命軍との協力を推進しました。

江副は、浙江督軍の盧永祥軍事顧問を1926年(大正15年)まで務めました。1926年に、盧永祥は国民革命軍に敗北し、浙江省の督軍を辞任しました。盧永祥の辞任に伴い、江副も軍事顧問を辞任しました。

江副は、浙江督軍の盧永祥軍事顧問を辞任した後、しばらくの間、軍を離れていました。しかし、1932年(昭和7年)に、江副は再び軍に復帰しました。江副は、陸軍中将に昇進し、第10師団長に任命されました。

タイトルとURLをコピーしました