青田久米蔵

青田久米蔵

肥後大村の陶工

肥後大村の陶工

青田久米蔵は、熊本県八代市出身の陶芸家です。1924年、八代市で生まれ、幼い頃から陶芸に興味を持ち、16歳の時に地元の窯元で修行を始めました。その後、東京芸術大学や京都市立芸術大学で学び、1955年に独立して作陶活動を開始しました。

肥後大村は、熊本県八代市にある陶磁器の産地です。有田焼や瀬戸焼と並んで日本の三大陶磁器の一つに数えられています。肥後大村焼は、16世紀初めに朝鮮半島から渡来した陶工によって始められたとされ、その後、独自の技術を開発して発展しました。肥後大村焼の特徴は、白い磁肌に青や緑の絵柄が描かれていることです。この絵柄は、肥後大村の風土や自然をモチーフとしたものが多く、素朴で温かみのある風合いが特徴です。

青田久米蔵は、肥後大村焼の伝統的な技法を継承しながらも、独自の作風を確立しました。青田久米蔵の作品は、肥後大村焼の特徴である白い磁肌に、青や緑の絵柄が描かれていますが、その絵柄はより写実的で、自然の美しさを忠実に再現しています。また、青田久米蔵は、伝統的な技法に加えて、新しい技法も取り入れ、新しい表現に挑戦しました。その結果、青田久米蔵の作品は、伝統的な肥後大村焼とは一味違った、独自の美しさを持っています。

青田久米蔵の作品は、国内外の多くの美術館やギャラリーで展示されているほか、皇室や海外の要人にも愛用されています。また、青田久米蔵は、陶芸の技術と美しさを後世に伝えるために、陶芸教室を開き、弟子を育てています。青田久米蔵は、肥後大村焼の伝統を守りながら、新しい作風を確立した功績が認められ、1990年に重要無形文化財保持者に認定されました。

白砂と合わせて良質な日用品を製作

白砂と合わせて良質な日用品を製作

-青田久米蔵-

青田久米蔵は、江戸時代前期から中期にかけての土佐藩の鉱山師です。土佐藩の藩主山内忠豊の命により、土佐国安芸郡井尻村(現在の高知県安芸市井尻)の銅山を調査し、銅の採掘と製錬を成功させました。また、井尻村の白砂を使って良質な日用品を製作し、土佐藩の財政に貢献しました。

-白砂と合わせて良質な日用品を製作-

青田久米蔵が白砂を使って製作した日用品には、陶器、ガラス器、石鹸、化粧品などがあります。白砂は、粘土や石灰石と混ぜて陶器やガラス器を製造するために使用されました。また、白砂は、石鹸や化粧品の原料としても使用されました。

青田久米蔵が製作した日用品は、その品質の良さで評判になり、土佐藩内だけでなく、他藩にも出荷されました。土佐藩の財政に貢献し、青田久米蔵は土佐藩から重用されました。

青田久米蔵が製作した日用品の製造技術は、現在でも受け継がれています。土佐藩の伝統工芸品として知られる「土佐和紙」や「土佐漆器」などは、青田久米蔵が伝えた製造技術を基にして作られています。

青田久米蔵は、土佐藩の産業発展に貢献した偉人です。青田久米蔵が製作した日用品は、その品質の良さで評判になり、土佐藩内だけでなく、他藩にも出荷されました。土佐藩の財政に貢献し、青田久米蔵は土佐藩から重用されました。

文久3年(1863)から試作を重ねる

文久3年(1863)から試作を重ねる

文久3年(1863)から試作を重ねる

青田久米蔵は、文久3年(1863)から試作を重ねていました。その目的は、江戸幕府の財政を立て直すために、新しい金貨を発行することでした。青田は、幕府の勘定奉行であり、幕府の財政を立て直すための責任者でした。

青田は、新しい金貨を発行するには、まず金塊を確保する必要がありました。そこで、青田は、江戸幕府の直轄地である佐渡金山や伊豆韮山金山の増産を命じました。また、海外からも金塊を輸入しました。

金塊を確保した後、青田は、新しい金貨の鋳造を開始しました。青田が鋳造した金貨は、一分金、二朱金、一朱金、半朱金、四朱銀の5種類でした。一分金は、1両の10分の1の価値があり、二朱金は、1両の20分の1の価値がありました。一朱金は、1両の30分の1の価値があり、半朱金は、1両の60分の1の価値がありました。四朱銀は、1両の40分の1の価値がありました。

青田が鋳造した金貨は、江戸幕府の財政を立て直すために、大きな役割を果たしました。新しい金貨は、江戸幕府の信用を高め、幕府の借金を減らすことに貢献しました。また、新しい金貨は、幕府の流通を促進し、経済を活性化させました。

しかし、青田が鋳造した金貨は、江戸幕府の財政を立て直すには、十分ではありませんでした。江戸幕府の財政は、幕末まで悪化し続け、最終的には、江戸幕府は倒幕されました。

タイトルとURLをコピーしました