– 「休安」(⇒蔭山休安(かげやま-きゅうあん))について

– 「休安」(⇒蔭山休安(かげやま-きゅうあん))について

人名辞典とは

人名辞典とは

-人名辞典とは-

人名辞典とは、人名とその人に関する情報を集めた辞書のことです。人名辞典には、歴史的人物から現代の著名人まで、さまざまな人物が収録されています。人物に関する情報には、生年月日や出生地、経歴や業績、死没日などがあります。人名辞典は、人物に関する情報を調べるために利用することができます。

人名辞典には、さまざまな種類があります。代表的な人名辞典には、以下のようなものがあります。

・『世界人名大事典』
・『日本人名大事典』
・『日本人名大辞典』
・『新撰大人名辞典』
・『現代人名情報辞典』

これらの辞典は、収録されている人名や情報の量、編纂方法などによって異なります。『世界人名大事典』は、世界の歴史上の人物を中心に収録した辞典です。『日本人名大事典』は、日本の歴史上の人物を中心に収録した辞典です。『日本人名大辞典』は、日本の近代以降の人物を中心に収録した辞典です。『新撰大人名辞典』は、日本の歴史上の人物と現代の著名人を中心に収録した辞典です。『現代人名情報辞典』は、現代の著名人を中心に収録した辞典です。

人名辞典は、人物に関する情報を調べるために利用することができます。人名辞典には、さまざまな種類がありますので、調べる人物に関する情報が収録されている辞典を選ぶ必要があります。人名辞典は、図書館や書店で購入することができます。また、インターネット上で公開されている人名辞典もあります。

「休安」と蔭山休安

「休安」と蔭山休安

-「休安」と蔭山休安-

「休安」とは、江戸時代に民間医として活躍し、現在の医療制度の基礎となった人物である蔭山休安によって編み出された、漢方・鍼灸・按摩を統合する治療法です。休安は、独自の治療法を考案し、貧しい人々が気軽に治療を受けられるように、自分の屋敷に治療所を開設しました。休安の治療法は、江戸の人々に広く受け入れられ、休安の屋敷は常に患者であふれていました。

休安の治療法は、漢方・鍼灸・按摩を統合したもので、病気を根本から治すことを目的としています。休安は、患者一人一人の体質や症状に合わせて、最適な治療法を施しました。休安の治療法は、現代の医療にも通じるものがあり、多くの医師が休安の治療法を取り入れています。

休安の治療法は、江戸の人々に広く受け入れられましたが、幕府からは弾圧を受けました。幕府は、休安の治療法が正規の医学ではないとし、休安の治療を禁止しました。しかし、休安の治療法は、患者の人気を集め続け、幕府の弾圧にもかかわらず、休安の治療法は受け継がれていきました。

休安の治療法は、現代の医療にも通じるものがあり、多くの医師が休安の治療法を取り入れています。休安の治療法は、病気を根本から治すことを目的としており、現代の医療とは異なるアプローチですが、病気を治すという目的は同じです。休安の治療法は、江戸の人々に広く受け入れられ、現代の医療にも通じるものがあり、多くの医師が休安の治療法を取り入れています。

蔭山休安の生涯

蔭山休安の生涯

蔭山休安の生涯

蔭山休安は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、毛利氏に仕えました。父は蔭山氏の一族である蔭山政綱であり、兄弟に蔭山元定、蔭山親久がいました。

休安は、永禄3年(1560年)に生まれました。毛利氏に仕え、天正10年(1582年)の備中高松城の戦いで功績を挙げ、天正12年(1584年)の賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉に降伏しました。

天正13年(1585年)、秀吉の九州平定に従軍し、島津義久と戦いました。天正15年(1587年)には、田辺城の戦いで毛利氏と戦い、翌年の天正16年(1588年)に毛利氏に降伏しました。

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍し、北条氏政と戦いました。文禄元年(1592年)には、文禄・慶長の役で朝鮮に出兵し、泗川城の戦いで功績を挙げました。

慶長3年(1598年)、休安は死去しました。享年39歳でした。

休安は、生涯を通じて毛利氏に忠誠を尽くした武将でした。勇猛果敢な武将として知られ、多くの戦いで功績を挙げました。また、和歌や連歌をたしなむ教養人でもありました。

タイトルとURLをコピーしました