「依知秦安麻呂」

「依知秦安麻呂」

名前と出自

名前と出自

「依知秦安麻呂」

名前と出自

依知秦安麻呂(よちのおみやすまろ)は、奈良時代の官人で、秦氏の一族である。姓は秦、名は安麻呂。「依知」は、彼の出身地である依知郡(現在の奈良県桜井市)に由来すると考えられている。

安麻呂の生年は不詳だが、719年に外従五位下に叙せられていることから、それより前に生まれたと思われる。彼の父は、押勝の乱で活躍した秦伊侶具(はたのいらぐ)である。伊侶具は、天平宝字8年(764年)に、右大臣に任ぜられた。

安麻呂は、伊侶具の長男として生まれた。弟に、尚侍となった大宅鷹取(おおやけのたかとり)がいる。安麻呂は、幼い頃から学問に励み、官吏として出世した。

天平18年(746年)、安麻呂は、左兵衛佐に任ぜられ、翌年には、左京亮に任ぜられた。天平勝宝2年(750年)、安麻呂は、従五位上に叙せられ、左少弁に任ぜられた。天平勝宝5年(753年)、安麻呂は、正五位下に叙せられ、右中弁に任ぜられた。天平宝字2年(758年)、安麻呂は、参議に任ぜられ、天平宝字4年(760年)には、従四位上に叙せられた。

天平宝字8年(764年)、安麻呂は、右大臣に任ぜられた。右大臣在任中は、孝謙天皇と称徳天皇の両天皇に仕えた。称徳天皇の死後、光仁天皇が即位すると、安麻呂は、左大臣に任ぜられた。左大臣在任中は、桓武天皇に仕えた。

安麻呂は、779年に薨去した。享年60。安麻呂の墓は、奈良県桜井市の依知八幡宮にある。

安麻呂は、秦氏の一族として、奈良時代の政界で活躍した人物である。彼は、学問に励み、官吏として出世した。右大臣、左大臣を歴任し、桓武天皇に仕えた。

納税の対象となったことにより起きた事件

納税の対象となったことにより起きた事件

-納税の対象となったことにより起きた事件-

依知秦安麻呂は、奈良時代後期の権力者。藤原仲麻呂の乱で活躍し、乱後は右大臣に任命された。しかし、安麻呂は在職中に謀反の疑いで告発され、失脚した。安麻呂が失脚した原因は、納税の対象となったことにある。

奈良時代後期、政府は財政難に陥っていた。そこで、政府は新税を導入することにした。新税は、土地や家屋、奴婢など、あらゆる財産に課されるもので、納税の対象となった人々は大きな負担を強いられた。安麻呂も、新税の納税対象者となった一人であった。

安麻呂は、もともと富豪であり、莫大な財産を所有していた。新税の導入により、安麻呂は多額の税金を支払わなければならなくなった。安麻呂は、税金の支払いに苦しみ、生活が困窮するようになった。

安麻呂は、税金の支払いに苦しむ中、藤原仲麻呂に助けを求めた。藤原仲麻呂は、安麻呂の窮状を気の毒に思い、安麻呂を助けることにした。藤原仲麻呂は、安麻呂に謀反を勧めた。安麻呂は、藤原仲麻呂の勧めに応じ、謀反を起こした。

しかし、安麻呂の謀反は失敗に終わった。安麻呂は、政府軍に捕らえられ、斬首された。安麻呂の死後、藤原仲麻呂もまた、政府軍に敗れ、処刑された。

墾田売却が及ぼした影響

墾田売却が及ぼした影響

-依知秦安麻呂-

-墾田売却が及ぼした影響-

依知秦安麻呂は、奈良時代の官僚・貴族であり、遣唐使としても活躍しました。また、墾田売却を推進し、その結果として律令制の崩壊に貢献した人物としても知られています。

墾田とは、奈良時代の日本において、政府が国民に貸し与えていた公有地のことです。国民は墾田を耕作することで、租税を支払っていました。しかし、墾田売却によって、墾田が私有地となり、政府の財政収入が減少しました。さらに、私有地の増加によって、貧富の格差が広がり、社会不安が高まりました。

また、墾田売却は、律令制の崩壊にもつながりました。律令制とは、奈良時代の日本における政治・経済・社会のシステムのことです。律令制は、土地や人民を国家が管理する中央集権的なシステムであり、国家の安定を維持するために重要な役割を果たしていました。しかし、墾田売却によって、国家が管理する土地が減少したことで、律令制の根幹が崩れ、律令制は崩壊しました。

墾田売却は、奈良時代の日本に大きな影響を与えました。墾田売却は、政府の財政収入の減少、貧富の格差の拡大、律令制の崩壊につながりました。墾田売却は、奈良時代の日本を大きく変えた政策の一つであり、その影響は今日に至るまで続いています。

墾田売却が及ぼした影響は、大きく分けて3つあります。

1つは、政府の財政収入の減少です。墾田は、政府が国民に貸し与えていた公有地であり、国民は墾田を耕作することで、租税を支払っていました。しかし、墾田売却によって、墾田が私有地となり、政府の財政収入が減少しました。

2つ目は、貧富の格差の拡大です。墾田売却によって、私有地の増加が進みました。私有地を持つ者は、私有地を耕作することで、収入を得ることができます。しかし、私有地を持たない者は、収入を得ることができません。そのため、私有地の増加によって、貧富の格差が拡大しました。

3つ目は、律令制の崩壊です。律令制とは、奈良時代の日本における政治・経済・社会のシステムのことです。律令制は、土地や人民を国家が管理する中央集権的なシステムであり、国家の安定を維持するために重要な役割を果たしていました。しかし、墾田売却によって、国家が管理する土地が減少したことで、律令制の根幹が崩れ、律令制は崩壊しました。

タイトルとURLをコピーしました