「尭厳」(⇒九条尚実(くじょう-なおざね))について

「尭厳」(⇒九条尚実(くじょう-なおざね))について

九条尚実の生涯

九条尚実の生涯

-九条尚実の生涯-

九条尚実は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての公卿・政治家です。明治維新後は初代の宮内大臣を務め、天皇の諮問機関である元老院議長、枢密顧問官、皇室典範制定委員会委員長などを歴任しました。

尚実は、1809年(文化6年)に参議九条尚忠の次男として京都で生まれました。幼名は隆丸。1823年(文政6年)に元服して尚実を名乗り、従五位下に叙されました。1830年(天保元年)には正五位下に昇叙され、1834年(天保5年)に右近衛少将に任じられました。

1841年(天保12年)に権中納言に任じられ、1845年(弘化2年)には議奏となり、1846年(弘化3年)には左近衛権中将に任じられました。1847年(弘化4年)に中納言に昇叙され、1848年(嘉永元年)には権大納言に任じられました。

1858年(安政5年)、日米修好通商条約の勅許問題をめぐって、孝明天皇の信任を得られずに失脚し、出仕停止を命じられました。しかし、1860年(万延元年)には赦免され、議奏に復帰しました。

1862年(文久2年)に大納言に昇叙され、1863年(文久3年)には右近衛大将に任じられました。1864年(元治元年)には孝明天皇の死を受けて皇太后となった皇太后に仕えました。

1868年(明治元年)の明治維新後は、新政府に出仕し、初代の宮内大臣に任命されました。1869年(明治2年)には元老院議長に就任し、1871年(明治4年)には枢密顧問官に任命されました。1889年(明治22年)に皇室典範制定委員会委員長に就任し、皇室典範の制定に尽力しました。

1893年(明治26年)に死去しました。享年85。

九条尚実の功績

九条尚実の功績

-九条尚実の功績-

1. -孝明天皇の信頼を得る-

九条尚実は、孝明天皇の側近として仕え、信頼を得ていた。孝明天皇は、九条の忠誠と能力を高く評価し、天皇の代表として多くの外交任務を託した。九条は、これらの任務を成功させ、孝明天皇の信頼をより深めた。

2. -公武合体を推進する-

九条尚実は、公武合体の推進者の一人であった。公武合体とは、幕府と朝廷の協調を指し、九条は、幕府と朝廷の対立を回避するために公武合体を推進した。九条の努力により、公武合体政策は進展し、幕府と朝廷の対立は回避された。

3. -安政の大獄を断行する-

九条尚実は、安政の大獄を断行した。安政の大獄とは、尊王攘夷思想を弾圧した政治事件である。九条は、尊王攘夷思想が朝廷の権威を損なうと判断し、安政の大獄を実施した。安政の大獄により、尊王攘夷思想は弾圧され、朝廷の権威は維持された。

4. -開国に協力する-

九条尚実は、開国に協力した。開国とは、外国との貿易を認めることであり、九条は、開国が日本の経済発展に必要であると判断し、開国に協力した。九条の協力により、日本は開国し、外国との貿易が開始された。

5. -戊午の密勅を発する-

九条尚実は、戊午の密勅を発した。戊午の密勅とは、孝明天皇が幕府に宛てた密勅であり、密勅には、幕府に攘夷を実行するように命じられていた。九条は、孝明天皇の命令に従い、戊午の密勅を発した。戊午の密勅により、幕府は攘夷を実行し、薩摩藩が中心となって薩英戦争が勃発した。

九条尚実の人物像

九条尚実の人物像

九条尚実の人物像

九条尚実(1809-1871)は、江戸時代末期から明治維新期の公卿であり、九条家の第121代当主である。1823年に父・九条忠栄の死去により家督を継ぎ、1852年に内大臣に任命される。その後、1862年に右大臣に昇進し、1863年には関白に就任した。

九条尚実は、朝廷と幕府の間に立ち、両者の融和を図る役割を果たした。1863年に起こった薩英戦争では、幕府の対応を批判し、朝廷の介入を促した。また、1864年の禁門の変では、長州藩の攻撃から朝廷を守り、幕府の威信を高めた。

しかし、1866年に起こった第二次長州征伐では、幕府の対応に失望し、朝廷の支持を長州藩に切り替えた。そして、1868年に勃発した戊辰戦争では、幕府を倒し、明治政府の樹立に貢献した。

九条尚実は、公正で仁慈に満ちた人格者であったとされる。また、和歌や書道を好み、文化人としても知られている。

九条尚実の功績

九条尚実は、朝廷と幕府の間に立ち、両者の融和を図る役割を果たした。また、第二次長州征伐では、幕府の対応に失望し、朝廷の支持を長州藩に切り替えた。そして、1868年に勃発した戊辰戦争では、幕府を倒し、明治政府の樹立に貢献した。

九条尚実の失敗

九条尚実は、禁門の変で長州藩の攻撃から朝廷を守り、幕府の威信を高めた。しかし、第二次長州征伐では、幕府の対応に失望し、朝廷の支持を長州藩に切り替えた。これは、幕府の弱体化を招き、戊辰戦争の勃発につながった。

九条尚実の評価

九条尚実は、公正で仁慈に満ちた人格者であったとされる。また、和歌や書道を好み、文化人としても知られている。

九条尚実は、朝廷と幕府の間に立ち、両者の融和を図る役割を果たした。また、第二次長州征伐では、幕府の対応に失望し、朝廷の支持を長州藩に切り替えた。そして、1868年に勃発した戊辰戦争では、幕府を倒し、明治政府の樹立に貢献した。

九条尚実は、功績もあるが、失敗もある人物である。しかし、その人格と功績は称賛に値する。

タイトルとURLをコピーしました