京極氏詮:南北朝時代の武将

京極氏詮:南北朝時代の武将

摂津守護に就任した京極氏詮

摂津守護に就任した京極氏詮

摂津守護に就任した京極氏詮

京極氏詮は、南北朝時代の武将です。京極高氏の子として誕生し、その後、摂津守護に就任しました。摂津守護在任中には、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。その後、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。

京極氏詮が摂津守護に就任したのは、1362年のことです。このとき、京極氏詮は26歳でした。京極氏詮は、摂津守護在任中に、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。このとき、京極氏詮は、摂津守護を解任されました。

その後、京極氏詮は、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、再び摂津守護に就任した後は、南朝方の軍勢と戦い、勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、摂津守護の地位を確固たるものにしました。

京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。京極氏詮は、応仁の乱では、東軍方の武将である細川勝元に勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、西軍方の武将として名を挙げました。

しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。京極氏詮が失脚したのは、西軍方が敗北したためです。京極氏詮は、西軍方の武将として戦いましたが、東軍方に敗北しました。このため、京極氏詮は、失脚しました。

京極氏詮は、摂津守護在任中に、南朝方の軍勢と戦いましたが、敗れ去りました。その後、京極氏詮は、北朝方に復帰し、再び摂津守護に就任しました。京極氏詮は、再び摂津守護に就任した後は、南朝方の軍勢と戦い、勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、摂津守護の地位を確固たるものにしました。

京極氏詮は、応仁の乱では西軍方の武将として参陣し、活躍しました。京極氏詮は、応仁の乱では、東軍方の武将である細川勝元に勝利を収めました。このとき、京極氏詮は、西軍方の武将として名を挙げました。

しかし、応仁の乱の終結後、京極氏詮は失脚しました。京極氏詮が失脚したのは、西軍方が敗北したためです。京極氏詮は、西軍方の武将として戦いましたが、東軍方に敗北しました。このため、京極氏詮は、失脚しました。

南朝方の武将たちとの戦い

南朝方の武将たちとの戦い

– 南朝方の武将たちとの戦い

京極氏詮は、南朝方の武将たちとの戦いにも積極的に参加しました。1352年、京極氏は南朝方の武将である北畠顕家と戦います。この戦いでは、京極氏が勝利を収めました。また、1353年には、京極氏は南朝方の武将である楠木正成と戦います。この戦いでは、京極氏は敗北しました。しかし、京極氏は諦めずに、南朝方の武将たちとの戦いを続けました。1354年、京極氏は南朝方の武将である楠木正儀と戦います。この戦いでは、京極氏が勝利を収めました。京極氏は、南朝方の武将たちとの戦いに勝利することで、北朝方の有力な武将として活躍しました。

京極氏詮の南朝方の武将たちとの戦いの中で、最も有名な戦いが1355年の京都奪還戦です。この戦いでは、京極氏は南朝方の武将である北畠顕家と激戦を繰り広げました。最終的には、京極氏が勝利を収めて京都を奪還することに成功しました。この勝利は、京極氏の権威と名声を高めることになりました。

京極氏詮は、南北朝時代の武将として、数多くの戦いで活躍しました。彼の功績は、後の世に語り継がれています。

伏兵にあって敗死した京極氏詮

伏兵にあって敗死した京極氏詮

伏兵にあって敗死した京極氏詮

京極氏詮は、南北朝時代の武将である。1341年、摂津国の守護職を継承。1352年、観応の擾乱で細川清氏に従って足利尊氏に反旗を翻した。しかし、1354年に尊氏に敗れ、摂津の守護職を奪われた。

1358年、尊氏の弟である足利直義が尊氏に反旗を翻した。氏詮は直義に従って尊氏と戦ったが、1360年に尊氏に敗れた。氏詮は出家して剃髪し、法名を変えて「蓮雅」と号した。

1362年、直義が再び尊氏に反旗を翻した。氏詮は直義に従って尊氏と戦ったが、1363年に尊氏に敗れた。氏詮は摂津の守護職を奪われ、土佐国に流された。

1367年、尊氏が死去する。氏詮は土佐国から帰国したが、1368年に足利義詮に敗れた。氏詮は近江国の守護職を奪われ、但馬国に流された。

1372年、氏詮は但馬国から帰国したが、1373年に尊氏の弟である足利直冬に敗れた。氏詮は美濃国の守護職を奪われ、飛騨国に流された。

1375年、氏詮は飛騨国から帰国したが、1376年に尊氏の弟である足利基氏に敗れた。氏詮は近江国の守護職を奪われ、隠棲した。

1391年、氏詮は死去した。享年51歳。

氏詮の死後、京極氏は衰退した。しかし、氏詮の子である京極高詮が室町幕府の奉公衆となり、京極氏を復興した。高詮は応仁の乱で東軍に属し、尊氏の子孫である足利義教に仕えた。高詮は1466年に死去したが、京極氏は高詮の子孫によって継承され、江戸時代まで存続した。

タイトルとURLをコピーしました