京極高品 – 江戸時代中期~後期の大名

京極高品 – 江戸時代中期~後期の大名

京極高品とは

京極高品とは

– 京極高品とは

京極高品(きょうごく たかくに)は、江戸時代中期から後期にかけての大名。丹波国峰山藩(但馬国に転封)の第4代藩主で、第3代藩主・京極高富の三男。母は松平信綱の娘・栄寿院。正室は戸沢正庸の娘・豊寿院。通称は弥七郎。官位は従五位下・右京大夫。

京極高品は、享保14年(1729年)に江戸で生まれる。元文元年(1736年)に父が死去したため、家督を継いで峰山藩主となる。藩政においては、財政再建や殖産興業に努めた。また、学問を奨励し、藩校「成徳館」を創設した。明和元年(1764年)に但馬国出石藩に転封され、寛政6年(1794年)に死去する。享年66。

京極高品の生涯

京極高品の生涯

-京極高品の生涯-

京極高品は、江戸時代中期から後期にかけての大名です。丹後国宮津藩の第6代藩主であり、後に丹波国亀山藩の初代藩主となりました。

京極高品は、1749年に丹後国宮津藩の第5代藩主・京極高久の次男として生まれました。幼名は亀次郎。1766年に兄の京極高長が早世したため、家督を継いで宮津藩の第6代藩主となりました。

京極高品は、藩政改革に熱心に取り組みました。藩の財政再建のために倹約令を発布し、藩校「稽古堂」を設立して人材育成に努めました。また、藩領内の農業や産業を振興し、藩の経済力を強化しました。

1789年、京極高品は丹波国亀山藩に移封され、初代藩主となりました。亀山藩は、宮津藩よりも規模が大きく、京極高品は亀山藩の藩政改革にも力を入れました。藩の財政を再建し、藩校「明倫堂」を設立して人材育成に努めました。また、藩領内の農業や産業を振興し、藩の経済力を強化しました。

京極高品は、1818年に69歳で死去しました。家督は、長男の京極高久が継ぎました。

京極高品は、藩政改革に熱心に取り組み、宮津藩と亀山藩の発展に貢献した名君でした。

京極高品の功績

京極高品の功績

京極高品の功績

京極高品は、江戸時代中期から後期にかけての大名であり、丹波篠山藩の初代藩主を務めました。彼は、藩政改革や治水事業などの多くの功績を残しました。

京極高品は、1702年に丹波篠山藩の藩主となりました。彼は、藩政改革を断行し、藩の財政を立て直しました。また、治水事業にも力を入れ、藩内の洪水を防ぎました。さらに、農作物の栽培を奨励し、藩の経済を活性化させました。

京極高品は、藩主としてだけでなく、朝廷の役職にも就いていました。彼は、1727年に右京大夫に任命され、1732年には参議に昇進しました。さらに、1741年には左近衛権中将に任命されました。

京極高品は、1749年に死去しました。彼は、藩主として33年間藩政を司り、藩の発展に大きく貢献しました。

京極高品の功績は以下の通りです。

* 藩政改革を実施し、藩の財政を立て直した。
* 治水事業を実施し、藩内の洪水を防いだ。
* 農作物の栽培を奨励し、藩の経済を活性化させた。
* 朝廷の役職に就き、幕府と朝廷の連絡役を務めた。

京極高品は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した名君であり、藩の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました