越渓守謙 – 江戸後期から明治時代にかけての禅僧

越渓守謙 – 江戸後期から明治時代にかけての禅僧

越渓守謙の生涯と修行

越渓守謙の生涯と修行

-越渓守謙の生涯と修行-

越渓守謙(1750-1820)は、江戸後期から明治時代にかけての禅僧であり、曹洞宗の名僧として知られています。彼は、現在の愛知県豊橋市に生まれ、幼い頃から仏教に親しみ、14歳の時に出家して曹洞宗の僧侶となりました。その後、各地の禅寺を歴修行し、1781年に石川県小松市の岩崎寺で悟りを開きました。

守謙は、悟りを開いた後も修行を続け、1786年に越渓寺(石川県小松市)の住職に就任しました。彼は、越渓寺を中興し、曹洞宗の学問や修行を復興させました。また、彼は多くの弟子を育て、曹洞宗の発展に貢献しました。

守謙は、禅の修行を通して、人間の本質や宇宙の真理を悟り、その悟りを詩歌や書画などの芸術作品に表現しました。彼の作品は、曹洞宗の精神を伝える貴重な資料となっています。

守謙は、1820年に71歳で亡くなりましたが、彼の死後も、彼の教えは曹洞宗の僧侶の間で受け継がれ、現在も多くの曹洞宗寺院で守謙の遺墨が大切に保存されています。

-守謙の禅の教え-

守謙の禅の教えは、曹洞宗の伝統的な教えである「只管打坐」を重視しています。「只管打坐」とは、ただひたすらに坐禅を修行することによって、悟りを開くことを目指す修行法です。守謙は、「坐禅は、心身を統一し、本来の自己に目覚めるための唯一の方法である」と説きました。

守謙はまた、「悟りとは、特別な体験ではなく、日常の生活の中で、ありのままの自分を生きることである」と説きました。彼は、「悟りは、山奥の禅寺で修行するだけでは得られない。日常生活の中で、ありのままの自分を生きることができれば、悟りは自然に訪れる」と説きました。

守謙の禅の教えは、曹洞宗の僧侶の間で受け継がれ、現在も多くの曹洞宗寺院で守謙の遺墨が大切に保存されています。

妙心寺と楊岐寺の住持

妙心寺と楊岐寺の住持

妙心寺と楊岐寺の住持

越渓守謙は、妙心寺と楊岐寺の住持を歴任しました。妙心寺は、京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の大本山です。1344年に花園法皇の勅願により、関山慧玄が開山しました。楊岐寺は、京都市左京区にある曹洞宗楊岐派の大本山です。1292年に太宗皇帝の勅願により、無学祖元が開山しました。

越渓守謙は、1751年に妙心寺で出家し、1779年に妙心寺の住持となりました。妙心寺の住持としては、寺門の復興に尽力しました。また、詩文にも優れ、多くの著作を残しています。

1809年に妙心寺の住持を辞し、楊岐寺の住持となりました。楊岐寺の住持としては、寺門の復興に尽力しました。また、詩文にも優れ、多くの著作を残しています。

1828年に楊岐寺の住持を辞し、妙心寺に戻りました。妙心寺に戻った後は、主に著作活動に専念しました。1839年に妙心寺で亡くなりました。

越渓守謙は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した禅僧です。妙心寺と楊岐寺の住持を歴任し、寺門の復興に尽力しました。また、詩文にも優れ、多くの著作を残しています。越渓守謙の著作は、現在でも多くの禅僧や研究者によって読まれています。

越渓守謙の法系と教え

越渓守謙の法系と教え

越渓守謙の法系と教え

越渓守謙は、江戸後期から明治時代にかけての禅僧です。黄檗宗に属し、妙心寺の派下にあります。諱は玄恕、号は守謙、通称は覚之丞。越後国古志郡長岡藩士の家に生まれ、幼少より学問に励みました。17歳で得度し、京都の妙心寺で修行しました。その後、各地を遊行し、多くの禅僧に師事しました。

越渓守謙は、禅の教えを広く民衆に説きました。その教えは、禅の本来の精神である「啐啄同時」を重視するものでした。啐啄同時とは、悟りは師匠と弟子が互いに助け合って得るものであるという考え方です。越渓守謙は、この教えを説くことで、多くの人々に禅の教えを理解させました。

また、越渓守謙は、禅の教えを実践するための工夫もしました。その一つが、坐禅の指導です。越渓守謙は、坐禅はただ座っているだけではなく、心を落ち着かせ、自分を見つめるための修行であると説きました。そして、坐禅の指導を通して、多くの人々に坐禅のやり方を伝えました。

越渓守謙は、禅の教えを説き、坐禅の指導を行うことで、多くの人々に禅の教えを理解させ、禅の教えを実践するための工夫もしました。その功績は大きく、日本の禅宗史において重要な人物の一人として数えられています。

越渓守謙の法系は、妙心寺派の黄檗宗に属しています。妙心寺派は、1350年に花園天皇の勅願により、関山慧玄によって開かれた禅宗の宗派です。黄檗宗は、中国の黄檗希運によって開かれた禅宗の宗派で、臨済宗と並んで禅宗の二大宗派の一つです。

越渓守謙の教えは、禅の本来の精神である「啐啄同時」を重視するものでした。啐啄同時とは、悟りは師匠と弟子が互いに助け合って得るものであるという考え方です。越渓守謙は、この教えを説くことで、多くの人々に禅の教えを理解させました。

タイトルとURLをコピーしました