悦渓宗悟

悦渓宗悟

悦渓宗悟の生涯

悦渓宗悟の生涯

-悦渓宗悟の生涯-

悦渓宗悟(1125-1190)は、中国宋代の禅僧である。中国禅宗・臨済宗の楊岐派の5祖。俗姓は葉氏。浙江省台州府臨海県の出身。

悦渓宗悟は、18歳の時に出家して、径山の大慧宗杲(だいえそうこう)の門下に入り、その法を嗣いだ。その後、各地を歴住して弘法し、1169年に、悦渓の開元寺に住し、遂にここを以て世を去った。

悦渓宗悟は、禅宗の修行を深く究め、その悟境は高邁であった。彼は、禅の修行は、心性を明らかにして、自己の本来の面目を見出すことであると説き、そのために、坐禅や参禅を重視した。

悦渓宗悟は、また、禅の修行は、日常生活の中で行うべきものであるとし、日常生活の中で、常に自己の心がどこにあるかを意識して、その心を清浄に保つように説いた。

悦渓宗悟の禅思想は、その後の禅宗の発展に大きな影響を与え、特に、日本禅宗の形成に大きな役割を果たした。彼の弟子の中には、日本の禅宗の祖師である道元や栄西らがおり、彼らは、悦渓宗悟の禅思想を日本に伝え、日本の禅宗の発展に大きく貢献した。

悦渓宗悟は、また、優れた詩人として知られ、その詩は、禅の悟境を詠じたものが多い。彼の詩は、多くの禅僧に愛好され、今日でも、多くの禅宗の修行僧が、悦渓宗悟の詩を愛読している。

悦渓宗悟は、中国禅宗史上を代表する禅僧であり、その禅思想は、禅宗の発展に大きな影響を与えた。彼は、また、優れた詩人としても知られ、その詩は、多くの禅僧に愛好されている。

悦渓宗悟の思想

悦渓宗悟の思想

悦渓宗悟の思想

悦渓宗悟(1135~1209年)は、鎌倉時代前期の禅僧。中国から渡来した臨済禅を日本に広めた禅僧の一人。建仁寺の開山。

悦渓宗悟の思想は、師である栄西の禅をさらに発展させ、独自の禅思想を展開した。彼の思想の大きな特徴の一つは、坐禅を重視することにある。坐禅とは、心を落ち着かせて仏の悟りを得るための修行法であり、悦渓宗悟は、坐禅こそが仏教の核心であると説いた。

また、彼は、禅と儒教との融合を図り、儒教の倫理観を禅の修行に取り入れた。これにより、彼の禅思想は、武士階級を中心に広く受け入れられるようになった。

さらに、彼は、禅と浄土教との融合も図り、浄土教の来世への信心を禅の修行に取り入れた。これにより、彼の禅思想は、一般民衆にも広く受け入れられるようになった。

悦渓宗悟の思想は、鎌倉時代の禅宗の発展に大きな影響を与え、日本仏教史において重要な役割を果たした。彼の思想は、現在でも多くの禅僧や仏教徒によって受け継がれている。

悦渓宗悟の思想の特徴をまとめると、以下の通りである。

・坐禅を重視する。
・禅と儒教との融合を図る。
・禅と浄土教との融合を図る。

これらの特徴により、悦渓宗悟の思想は、鎌倉時代の禅宗の発展に大きな影響を与え、日本仏教史において重要な役割を果たした。

悦渓宗悟の功績

悦渓宗悟の功績

-悦渓宗悟の功績-

悦渓宗悟は、鎌倉時代後期の禅僧です。中国の元の時代、日本から中国に渡って、天目山の万寿寺で無学祖元について禅を学び、1927年に帰国。石川県の永平寺40世の住持となりました。

悦渓宗悟の功績として、最も重要なのが、曹洞宗の根本道場である永平寺の再建です。永平寺は、天正10年(1582年)の火災で焼失し、荒廃していました。悦渓宗悟は、これを再建するために、全国の檀信徒に寄付を募り、1605年、見事に再建を成し遂げました。

悦渓宗悟はまた、曹洞宗の規律を整備し、曹洞宗の教学を確立しました。悦渓宗悟は、中国から持ち帰った曹洞宗の経典を翻訳し、日本の曹洞宗の僧侶に広めました。また、曹洞宗の僧侶の教育機関である永平寺僧堂を開設し、曹洞宗の僧侶の育成に努めました。

悦渓宗悟は、曹洞宗の発展に大きく貢献した名僧です。悦渓宗悟が再建した永平寺は、現在でも曹洞宗の根本道場として、多くの僧侶や檀信徒が訪れる場所となっています。また、悦渓宗悟が確立した曹洞宗の教学は、現在でも曹洞宗の僧侶によって受け継がれています。

悦渓宗悟は、曹洞宗の発展に大きく貢献しただけでなく、日本の仏教界全体にも大きな影響を与えました。悦渓宗悟の禅風は、日本各地の禅宗寺院に広まり、日本の禅宗の発展にも大きな影響を与えました。また、悦渓宗悟の著した『曹洞宗規』『永平広録』などの著作は、日本の仏教界で広く読まれ、日本の仏教思想の発展にも大きな影響を与えました。

悦渓宗悟は、日本の仏教界を代表する名僧であり、その功績は今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました