「有馬頼旨」とは?江戸時代中期の大名について

「有馬頼旨」とは?江戸時代中期の大名について

「有馬頼旨」の生い立ちと経歴

「有馬頼旨」の生い立ちと経歴

「有馬頼旨」の生い立ちと経歴

有馬頼旨は、江戸時代中期の大名で、肥前国島原藩の第10代藩主です。1726年、第9代藩主・有馬頼純の次男として、島原藩江戸藩邸で生まれました。幼名は、若君と呼ばれました。

1743年に、父・頼純の死去に伴い、18歳で家督を継ぎ、島原藩主となります。藩主就任後は、藩政改革に着手し、藩財政の建て直しに努めました。また、藩校・広業館を創設し、教育の振興にも尽力しました。

1768年には、老中格に任命され、幕政にも参画しました。1781年には、従三位・侍従に叙任され、1787年には、正三位・権中納言に昇任しました。1793年には、参議となり、翌年には、弾正大弼を兼任しました。

1796年には、61歳で死去しました。遺体は、島原藩の菩提寺である円光寺に葬られました。法名は、清誉浄覚院殿です。

有馬頼旨は、藩政改革や教育の振興、幕政への参画など、様々な功績を残した名君として知られています。また、茶道や和歌にも精通した文化人でもありました。

「有馬頼旨」の功績と業績

「有馬頼旨」の功績と業績

-「有馬頼旨」の功績と業績-

有馬頼旨は、江戸時代中期の大名であり、筑後久留米藩の第5代藩主を務めた人物です。頼旨は、藩政改革や学問の振興に力を入れて藩を繁栄させ、優れた藩主として知られています。

頼旨の功績と業績としては、まず藩政改革があります。頼旨は、藩の財政再建のため、検地や年貢の徴収方法の改革を行いました。また、藩士の俸禄を削減し、藩の支出を抑制しました。さらに、藩の産業振興にも力を入れて、特産品の生産を奨励しました。これらの改革により、久留米藩の財政は改善され、藩は安定した財政基盤を確立することができました。

また、頼旨は学問の振興にも力を入れていました。頼旨は、藩校を設立し、藩士の子弟に学問を奨励しました。また、藩士に海外への留学を許可し、新しい知識の導入を図りました。頼旨の学問振興策により、久留米藩は学問が盛んな藩として知られるようになり、多くの優秀な人材を輩出しました。

このように、頼旨は藩政改革や学問の振興に力を入れて藩を繁栄させ、優れた藩主として知られています。頼旨の功績と業績は、久留米藩の発展に大きく貢献し、頼旨は今日でも久留米藩の歴史上重要な人物として敬愛されています。

「有馬頼旨」の人物像と逸話

「有馬頼旨」の人物像と逸話

-「有馬頼旨」の人物像と逸話-

有馬頼旨(ありまよりむね、元禄9年(1696) – 享保17年2月2日(1732年3月20日))は、江戸時代中期の大名。肥前国島原藩第7代藩主であり、後に老中を務めた。

頼旨は、幼少の頃から聡明で、読書を好み、学問に励んだ。また、武芸にも優れており、弓術や剣術を修めた。頼旨は、1715年に藩主を継ぐと、藩政改革に着手した。まずは、藩の財政を立て直すために、倹約令を発布し、藩士の給与を削減した。また、新しい税制を導入し、藩の収入を増やした。

頼旨は、藩政改革だけでなく、学問の振興にも力を注いだ。藩校である「島原藩学問所」を創設し、多くの藩士に学問を奨励した。頼旨自身も、学問を好み、多くの書物を収集した。頼旨は、老中を務めていた頃、江戸城内で火災が発生した際に、自ら火消しに参加したという逸話が残っている。頼旨は、藩主として、藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。また、学問の振興にも力を注ぎ、藩校を創設して、多くの藩士に学問を奨励した。頼旨は、老中として、幕政にも尽力し、その功績を称えられて、従四位下侍従に叙された。

タイトルとURLをコピーしました