悦窓祖誾-戦国時代から江戸時代前期の曹洞宗の僧侶

悦窓祖誾-戦国時代から江戸時代前期の曹洞宗の僧侶

越後雲洞庵で雲窓祖慶に師事

越後雲洞庵で雲窓祖慶に師事

悦窓祖誾(えつそうそぎん)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての曹洞宗の僧侶です。1545年、越後国魚沼郡小出浦(現在の新潟県魚沼市)に生まれました。幼少期から仏教に興味を持ち、14歳の時に雲洞庵で雲窓祖慶に師事しました。

悦窓祖誾は、雲窓祖慶のもとで曹洞宗の教えを学び、悟りの境地に達しました。その後、各地を巡錫して曹洞宗の教えを広め、多くの弟子を育てました。1609年には、徳川家康の招きで江戸城に上り、曹洞宗の総本山である永平寺を開山しました。

悦窓祖誾は、曹洞宗の教えを広く世間に広めた功績から、「曹洞宗の再興者」と呼ばれています。また、禅の思想を儒教の倫理観と融合させた「儒禅一致」の思想を唱え、武士や知識人に大きな影響を与えました。

悦窓祖誾は、1633年に89歳で亡くなりました。永平寺に葬られ、現在は「総持寺」と「永平寺」の両山で祀られています。

越後雲洞庵で雲窓祖慶に師事

悦窓祖誾は、14歳の時に越後雲洞庵で雲窓祖慶に師事しました。雲窓祖慶は、曹洞宗の僧侶であり、悦窓祖誾の師匠として大きな影響を与えました。

雲窓祖慶は、1502年に越後国魚沼郡小出浦(現在の新潟県魚沼市)に生まれました。幼少期から仏教に興味を持ち、17歳の時に雲洞庵で出家しました。その後、各地を巡錫して曹洞宗の教えを学び、悟りの境地に達しました。

雲窓祖慶は、曹洞宗の教えを広く世間に広め、多くの弟子を育てました。その中でも、悦窓祖誾は最も優れた弟子の一人であり、雲窓祖慶の教えを忠実に受け継ぎました。

悦窓祖誾は、雲窓祖慶のもとで曹洞宗の教えを学び、悟りの境地に達しました。その後、各地を巡錫して曹洞宗の教えを広め、多くの弟子を育てました。1609年には、徳川家康の招きで江戸城に上り、曹洞宗の総本山である永平寺を開山しました。

悦窓祖誾は、曹洞宗の教えを広く世間に広めた功績から、「曹洞宗の再興者」と呼ばれています。また、禅の思想を儒教の倫理観と融合させた「儒禅一致」の思想を唱え、武士や知識人に大きな影響を与えました。

悦窓祖誾は、1633年に89歳で亡くなりました。永平寺に葬られ、現在は「総持寺」と「永平寺」の両山で祀られています。

出羽酒田の海安寺住持から能登洞川庵住持に

出羽酒田の海安寺住持から能登洞川庵住持に

-出羽酒田の海安寺住持から能登洞川庵住持に-

悦窓祖誾は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した曹洞宗の僧侶です。出羽国酒田の海安寺住持から、能登国洞川庵住持に移り、曹洞宗の発展に努めました。

悦窓祖誾は、永禄11年(1568年)に越中国高岡に生まれました。幼くして出家し、曹洞宗の僧侶となりました。その後、出羽国酒田の海安寺に住持として迎えられ、この地で曹洞宗の教えを広めました。

慶長19年(1614年)、悦窓祖誾は能登国洞川庵の住持に就任しました。洞川庵は、曹洞宗の七大本山の一つであり、悦窓祖誾の就任は、曹洞宗僧侶にとって大きな栄誉でした。

悦窓祖誾は、洞川庵で曹洞宗の教えを説き、多くの弟子を育てました。また、曹洞宗の寺院の再建や、僧侶の教育にも尽力しました。悦窓祖誾の功績により、曹洞宗は能登国で大きく発展しました。

寛永12年(1635年)、悦窓祖誾は洞川庵で亡くなりました。享年68歳でした。悦窓祖誾の死後、曹洞宗はさらに発展し、日本全国に広まっていきました。

悦窓祖誾は、曹洞宗の発展に大きな功績を残した僧侶です。その教えは、今日でも多くの曹洞宗僧侶によって受け継がれています。

悦窓祖誾の生涯と事績

悦窓祖誾の生涯と事績

悦窓祖誾の生涯と事績

悦窓祖誾(えつそうそぎん、1563年 – 1644年)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての曹洞宗の僧侶。周防国熊毛郡楠村(現山口県光市楠)生まれ。

祖誾は、12歳の時に父を失い、15歳の時に僧侶となり、曹洞宗の開祖である道元禅師の教えを学びました。その後、各地を遊行して修行を重ね、23歳の時に京都の建仁寺で悟りを開きました。

30歳の時に、周防国に帰郷して、熊毛郡に龍福寺を開創しました。龍福寺は、曹洞宗の重要な寺院の一つとなり、多くの僧侶が修行のために訪れました。

祖誾は、曹洞宗の教えを広めるために、各地に布教して回りました。また、多くの書物を著し、曹洞宗の教えを人々に伝えました。

祖誾の最も有名な著書は、「伝光録」です。「伝光録」は、曹洞宗の教えを体系的にまとめた書物であり、曹洞宗の僧侶にとって必読の書となっています。

祖誾は、曹洞宗の教えを広めるために一生を捧げました。その功績により、曹洞宗の祖師の一人とされています。

祖誾は、1644年(正保元年)に82歳で亡くなりました。龍福寺に葬られ、現在は光市指定史跡に指定されています。

タイトルとURLをコピーしました