「青柳高鞆」

「青柳高鞆」

平田国学の影響を受けた国学者

平田国学の影響を受けた国学者

– 「青柳高鞆」

青柳高鞆(あおやぎ たかとも、1798年 – 1876年)は、江戸時代後期の歌人、国学者。

– 平田国学の影響を受けた国学者

青柳高鞆は、平田国学の影響を受けた国学者の一人である。平田国学とは、平田篤胤(ひらた あつたん、1776年 – 1843年)が唱えた国学の一派で、古事記や日本書紀などの古代文献を重視し、日本の神々の存在や皇室の尊厳を説いた。

青柳高鞆は、平田篤胤の門下生であり、平田国学の思想に深く影響を受けた。青柳高鞆は、平田国学の思想を基にして、日本の歴史や文化について研究し、多くの著書を著した。

青柳高鞆の著書の中で、最も有名なのは『神代史』である。『神代史』は、日本の神々の起源と歴史について記した書物であり、平田国学の思想を基にして書かれている。

『神代史』は、日本の神々の存在を証明する学術的な書物として高く評価され、多くの国学者に影響を与えた。『神代史』は、日本の神道研究において重要な書物とされている。

青柳高鞆は、平田国学の影響を受けた国学者の一人であり、日本の歴史や文化について研究し、多くの著書を著した。青柳高鞆の著書は、日本の神道研究において重要な書物とされており、多くの国学者に影響を与えた。

足利氏木像梟首事件に関与

足利氏木像梟首事件に関与

-足利氏木像梟首事件に関与-

室町幕府の第11代将軍であった足利義尚は、1489年12月25日、京都東山の鹿苑寺(金閣寺)に保管されていた足利氏の歴代の将軍の位牌と木像を梟首する事件を起こした。

この事件は、義尚が足利氏の権威を確立するために行ったものとされている。義尚は、それまで幕府の権力を掌握していた管領の畠山政長を討伐し、幕府の権力を強化していた。しかし、それでもまだ足利氏の権威は十分ではなく、足利氏の歴代の将軍の位牌と木像を梟首することで、足利氏の権威を確立しようとしたと考えられている。

この事件には、義尚の側近である青柳高鞆が深く関わっていた。青柳高鞆は、もともと細川氏の一族であったが、義尚に仕えて重用され、幕府の政務を担っていた。この事件の際、青柳高鞆は義尚の命を受けて、足利氏の歴代の将軍の位牌と木像を梟首する役目を担った。

青柳高鞆は、足利氏の歴代の将軍の位牌と木像を梟首したことで、幕府から賞賛された。しかし、この事件は足利氏の権威を傷つけることになり、室町幕府の衰退に拍車をかけることになった。

青柳高鞆は、この事件の後も義尚に仕え続けたが、1493年に死去した。青柳高鞆の死後、義尚は足利氏の歴代の将軍の位牌と木像を修復し、再び鹿苑寺に安置した。しかし、室町幕府の衰退は止まらず、1573年に室町幕府は滅亡した。

青柳高鞆は、足利氏木像梟首事件に関与したことで、室町幕府の衰退に貢献した人物の一人である。

維新後も国学の振興に尽力

維新後も国学の振興に尽力

大見出し「「青柳高鞆」」の下に作られた小見出しの「維新後も国学の振興に尽力」について、

青柳高鞆は、江戸時代後期から明治時代前期の学者・歌人・国学者です。国学の振興に尽力し、明治新政府の教育制度にも大きな影響を与えました。

青柳高鞆は、1802年(享和2年)に京都で生まれました。本名は高重、字は士、号は春台・春艸園・標野堂・春陽洞など。父は公卿の青柳秀賢、母は贈大納言甘露寺の娘である高雅院殿です。朝廷の役職に就いていましたが、1836年(天保7年)に国学者である伴信友に会い、国学の研究に目覚めます。伴信友の門人として学び、国学の研究に没頭しました。1848年(嘉永元年)には、国学の研究成果をまとめた『神皇正統記』を著し、世に知られるようになりました。

維新後、青柳高鞆は、新政府の文部官僚として、教育制度の改革に尽力しました。1870年(明治3年)には、文部省の設立に参画し、1872年(明治5年)には、学制の発布に貢献しました。また、1879年(明治12年)には、東京帝国大学の国文学科の設立に尽力しました。

青柳高鞆は、国学の振興に尽力し、明治新政府の教育制度にも大きな影響を与えました。彼の功績は、今日の日本の教育制度の基礎を築いたものとして、高く評価されています。

青柳高鞆が維新後も国学の振興に尽力したことは、以下の点からも明らかです。

* 1871年(明治4年)に、国学の研究と普及を目的とした「神道会」を設立しました。
* 1875年(明治8年)には、国学の研究と普及を目的とした雑誌「国学雑誌」を創刊しました。
* 1880年(明治13年)には、国学の研究と普及を目的とした「国学講習会」を設立しました。

青柳高鞆は、維新後も国学の振興に尽力し、国学の研究と普及に大きな貢献をしました。

タイトルとURLをコピーしました