「悦堂常喜」(?-1407 室町時代の僧)

「悦堂常喜」(?-1407 室町時代の僧)

悦堂常喜の生涯

悦堂常喜の生涯

悦堂常喜の生涯

悦堂常喜は、室町時代前期の臨済宗の僧侶である。生没年は不詳だが、1407年に亡くなったとされる。常喜の生涯については、あまり詳しいことはわかっていないが、臨済宗の五山派の寺院である東福寺の僧侶であったことは確かである。

常喜は、東福寺の第62世住持を務めた。東福寺は、京都五山の一つであり、臨済宗の中でも最も格式の高い寺院の一つである。常喜は、東福寺の住持として、寺務を司り、また、多くの弟子を育てた。常喜の弟子には、後に東福寺の住持を務めた雪外文殊や、詩人として知られる一休宗純などがいる。

常喜は、禅の修行に励むだけでなく、詩や書にも優れていた。常喜は、多くの詩や書を残しており、その作品は現在でも高く評価されている。常喜の詩は、禅の悟りを表現したものが多く、その独特の世界観が人々を魅了してきた。また、常喜の書は、力強い筆致で知られており、その作品は現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されている。

常喜は、1407年に亡くなった。常喜の死後、その弟子たちは常喜の遺徳を偲んで、東福寺に常喜の墓を建立した。常喜の墓は、現在も東福寺に現存しており、多くの参拝者が訪れている。

常喜は、室町時代前期の日本を代表する禅僧の一人である。常喜の禅の修行は、多くの弟子に影響を与え、また、常喜の詩や書は、現在でも多くの人々に愛されている。常喜は、日本文化の発展に大きな貢献をした偉大な僧侶である。

悦堂常喜の師匠と弟子

悦堂常喜の師匠と弟子

悦堂常喜は、室町時代の僧侶で、臨済宗の応灯国師と称される。1355年(正平10年)に摂津国(現在の兵庫県)で生まれ、1407年(応永14年)に京都の相国寺で没した。

悦堂常喜の師匠は、夢窓疎石である。夢窓疎石は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧侶で、建仁寺・天龍寺・相国寺の開山など、多くの名刹を建立した。悦堂常喜は、夢窓疎石のもとで禅を学び、1373年(永和3年)に印可を得た。

悦堂常喜の弟子には、以下の人物がいる。

・快川紹喜(1365年(正平20年)-1429年(応永36年))
・雲崗道龍(1368年(永和4年)-1433年(永享5年))
・峨山韶碩(?-1449年(文安6年))

快川紹喜は、臨済宗の僧侶で、相国寺7世住持を務めた。雲崗道龍は、臨済宗の僧侶で、相国寺11世住持を務めた。峨山韶碩は、臨済宗の僧侶で、相国寺12世住持を務めた。いずれも、悦堂常喜の教えを継承し、臨済宗の発展に貢献した。

悦堂常喜は、夢窓疎石の教えを継承し、臨済宗の発展に貢献した。その弟子たちも、それぞれが臨済宗の著名な僧侶となり、悦堂常喜の教えをさらに広めていった。

悦堂常喜の功績

悦堂常喜の功績

悦堂常喜の功績

悦堂常喜は、室町時代前期の僧侶。臨済宗天龍寺派の開祖。
1339年、現在の石川県金沢市に生まれる。16歳で天童寺に入り、徳輝宗本に師事したが、やがて天童寺を離れ、京都に上る。そこで、南禅寺の高僧・破庵宗林に師事し、その法を嗣いだ。

1381年、常喜は京都の常住院の住持となる。その後、1384年に天龍寺を創建。天龍寺は、中国の径山寺をモデルとして建造された禅寺で、将軍・足利義満が常喜の徳を慕って創建したものである。常喜は、天龍寺開山の祖となっただけでなく、臨済宗天龍寺派を創始し、その発展に尽力した。

常喜の功績は、天龍寺の創建にとどまらない。彼は、禅宗の教えを日本に広めるために、多くの著作を残した。また、書家としても活躍し、その書は「悦堂手本」として知られている。

常喜は、1407年に天龍寺で遷化。享年69歳。彼の死後、天龍寺は室町時代を通じて臨済宗の重要な寺院として栄えた。

悦堂常喜の功績は、禅宗の教えを日本に広めたこと、天龍寺を創建したこと、多くの著作を残したこと、書家として活躍したことなど多岐にわたる。彼は、室町時代前期の禅宗を代表する高僧であり、その功績は今もなお称えられている。

タイトルとURLをコピーしました