粟田人上(?-738)

粟田人上(?-738)

プロフィール

プロフィール

プロフィール

粟田人上(生年没年不詳)は、奈良時代の豪族(鴨君)で、山背国(やましろのくに)を拠点にした。粟田(現在の京都市伏見区)の出身であり、粟田臣、粟田宿祢とも呼ばれた。

人上の事績については、史料に乏しく、詳しいことは不明であるが、天平10年(738年)に、従五位下から従五位上に昇叙されたことが、続日本紀に記されている。

また、人上は、鴨君の一族として、山背国の国司を務め、地方行政に携わったと考えられている。鴨君は、山背国を拠点とした豪族であり、古くから朝廷に仕えていた。人上も、鴨君の一族として、朝廷に仕え、地方行政に携わったものと思われる。

人上は、天平10年(738年)に、従五位下に叙され、天平14年(742年)には、従五位上に昇叙された。また、天平宝字元年(757年)には、正五位下に叙され、天平宝字3年(759年)には、正五位上に昇叙された。

人上は、天平宝字4年(760年)に、73歳で亡くなった。

経歴

経歴

粟田人上(?-738)

経歴

粟田人上は、奈良時代の僧侶で、修験道の祖とされる人物です。生年は不詳ですが、和銅元年(708)に常陸国の粟田山で生まれたと伝えられています。幼名は「麻呂」といい、粟田氏の出身だったことから「粟田麻呂」とも呼ばれていました。

16歳の時、比叡山に登り、行基に師事して出家し、僧名として「人上」を授かります。その後、人上は修行を重ね、比叡山で多くの弟子を育て上げました。

人上は、比叡山での修行に加えて、全国各地を巡って修行を行い、その際に多くの霊山や霊場を訪れました。また、人上は、修験道の開祖として、山岳信仰を奨励し、山岳修行を行う信者を指導しました。

人上の修験道は、山岳信仰と仏教を融合したもので、山岳を修行の場として、山岳の神々を尊崇する信仰です。人上の修験道は、人々に受け入れられ、全国各地に広まりました。

人上は、天平10年(738)に、比叡山で亡くなりました。享年は不詳ですが、約30歳だったと伝えられています。人上の死後、その弟子たちは、人上の教えを継承して、修験道を発展させました。

人上は、修験道の祖として、日本の宗教史に大きな影響を与えた人物です。人上の教えは、現在でも多くの修験者によって受け継がれています。

最期

最期

-最期-

粟田人上は738年に亡くなりました。彼の死については、いくつかの説があります。

・彼が暗殺されたという説。

・彼が病気で亡くなったという説。

・彼が自殺したという説。

最も有力なのは暗殺説です。粟田人上は、聖武天皇の側近として、多くの改革を行いました。その改革は、多くの貴族たちの権益を侵害するものでした。そのため、粟田人上を憎む貴族たちが、彼を暗殺したと考えられています。

病気説と自殺説は、粟田人上の死を裏付ける証拠がありません。そのため、これらの説はあまり有力ではありません。

粟田人上の死は、日本の歴史に大きな影響を与えました。彼の死によって、聖武天皇の改革は頓挫し、日本は再び暗黒時代へと逆戻りしました。粟田人上の死は、日本の歴史にとって、大きな損失でした。

タイトルとURLをコピーしました