「青柳光成」(⇒青柳良光(あおやぎ-よしみつ))について

「青柳光成」(⇒青柳良光(あおやぎ-よしみつ))について

青柳光成(あおやぎ-みつなり)とは

青柳光成(あおやぎ-みつなり)とは

-青柳光成(あおやぎ-みつなり)とは-

青柳光成は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。黒田家の家臣。青柳久次の長男。通称は新左衛門。

1547年、筑前国御笠郡青柳村(現在の福岡県筑紫野市青柳)に生まれる。父・久次は黒田長政に仕えていたが、1578年に耳川の戦いで戦死した。光成は父の跡を継いで黒田家に仕え、1585年の豊臣秀吉による九州平定に参加した。

1586年、秀吉が九州を平定した後、黒田家は筑前国に封じられた。光成は黒田家の家臣として、筑前国の統治に協力した。1590年の小田原征伐にも参加し、戦功を挙げた。

1592年、秀吉が朝鮮出兵を行うと、光成は黒田如水の軍に加わって朝鮮に渡海した。1593年の蔚山城の戦いでは、日本軍の勝利に貢献した。1594年に秀吉が死去すると、光成は黒田如水に従って帰国した。

帰国後は、黒田家の家臣として筑前国の統治に協力した。1600年の関ヶ原の戦いでは、黒田如水の軍に加わって関ヶ原に参戦した。関ヶ原の戦いの後、黒田家は筑前国から豊前国に転封された。光成は黒田家の家臣として、豊前国の統治に協力した。

1613年、光成は死去した。享年67。光成は、黒田家の家臣として、筑前国と豊前国の統治に貢献した。

青柳良光(あおやぎ-よしみつ)への改名

青柳良光(あおやぎ-よしみつ)への改名

青柳良光(あおやぎ-よしみつ)への改名

青柳良光(あおやぎ-よしみつ)は、元プロ野球選手で、現在は野球解説者として活躍している。現役時代は福岡ダイエーホークス、読売ジャイアンツ、広島東洋カープに所属し、2006年には最多勝利のタイトルを獲得した。

青柳良光は、2019年に現役を引退した後、野球解説者として活動を開始した。しかし、2020年に「青柳光成」から「青柳良光」に改名したことを発表した。

青柳良光が改名した理由は、本名である「良光」を名前にしたかったからだという。青柳良光は、「昔から本名で野球をやりたかった」と語っている。また、青柳良光は改名について「ファンの方には申し訳ない気持ちもあるが、本名で野球をやりたかった」とコメントしている。

青柳良光の改名は、ファンやメディアの間で大きな話題となった。中には、改名について批判的な意見もあったが、大多数のファンは青柳良光の決断を支持した。青柳良光の改名は、本名で野球をやりたいという強い想いの表れであり、彼のプロ野球選手としての誇りの表れでもあると言えるだろう。

青柳良光は、改名後も野球解説者として活躍を続けている。青柳良光の解説は、わかりやすく、ユーモアもあり、ファンから好評を得ている。青柳良光は、今後も野球解説者として活躍を続け、プロ野球界に貢献していくことだろう。

青柳良光の活躍

青柳良光の活躍

青柳良光の活躍

青柳良光は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。備前国児島郡青柳城主を務めました。

青柳良光は、晴明流の陰陽師としても知られており、天文11年(1542年)に彗星が現れた際には、その凶兆を察知して主君である浦上宗景に災いを免れるための祈祷を行っています。

また、天文17年(1548年)には、浦上宗景が毛利元就と戦った厳島の戦いで、毛利軍の奇襲を受けて敗北した際には、青柳良光は残存兵をまとめて立て直し、毛利軍を撃退する活躍をしています。

永禄12年(1569年)、浦上宗景が宇喜多直家に追われた際には、青柳良光は宇喜多軍と戦って敗北し、青柳城は落城しました。その後、青柳良光は浦上宗景とともに播磨国に落ち延び、毛利元就の庇護を受けました。

元亀元年(1570年)、青柳良光は浦上宗景とともに備前国に帰還し、宇喜多直家と戦いました。しかし、宇喜多軍は強く、青柳良光は再び敗北して播磨国に落ち延びました。

その後、青柳良光は毛利元就の命を受けて、播磨国で宇喜多軍と戦いましたが、天正3年(1575年)に病死しました。享年64歳でした。

青柳良光は、戦国時代の武将として、また、晴明流の陰陽師としても活躍した人物です。その生涯は、戦乱の世を生き抜いた武将の生きざまを如実に表しています。

タイトルとURLをコピーしました