江藤源九郎 – 明治 – 昭和時代前期の軍人と政治家

江藤源九郎 – 明治 – 昭和時代前期の軍人と政治家

江藤源九郎の生い立ち

江藤源九郎の生い立ち

江藤源九郎の生い立ち

江藤源九郎は、1834年(天保5年)3月9日に、 肥前国上松浦郡(現在の長崎県平戸市)の貧しい農家の次男として生まれました。幼名は市之丞。父は源兵衛門と名乗っていました。

江藤は幼い頃から聡明で、5歳の頃から手習いに通い、12歳の時には、地元の村役人の家である加藤家に奉公することになりました。加藤家では、読み書きや算盤を学び、また、武術にも励みました。17歳の時には、加藤家の娘であるお登勢と結婚し、一男一女をもうけました。

しかし、江藤は貧しい農家の息子であり、身分が低いため、志を立てても世に出ることは難しいと悟りました。そこで、1856年(安政3年)に、当時23歳の時に、家を飛び出して江戸に出ました。

江戸では、様々な仕事を転々とし、苦学しながら、掛合塾に入り、剣術や兵学を学びました。また、尊王攘夷思想に共感し、志士たちと交流を深めました。

1860年(万延元年)には、イギリス公使オールコックを襲撃した桜田門外の変に参加。1862年(文久2年)には、薩摩藩の軍艦回天丸の艦長として、下関戦争に出陣しました。

1863年(文久3年)には、攘夷決行のため、薩摩藩の英国公使館焼き討ち計画に参加。しかし、計画は失敗し、江藤は薩摩藩から追放されました。

その後、江藤は、各地を放浪した後、1864年(元治元年)に、長州藩に身を寄せました。長州藩では、長州藩士として、第一次長州征伐や四国艦隊下関砲撃事件に参加しました。

江藤源九郎の軍人としての経歴

江藤源九郎の軍人としての経歴

江藤源九郎の軍人としての経歴

江藤源九郎は、1850年(嘉永3年)に薩摩藩(鹿児島県)に生まれた。1867年(慶応3年)に薩摩藩の新式軍隊である「薩摩藩陸軍」に入隊し、戊辰戦争では奥羽方面軍の参謀として活躍した。戊辰戦争後、江藤は陸軍省に出仕してフランスに留学し、軍事学を学んだ。帰国後は陸軍大学校教官や陸軍参謀本部員を務め、日清戦争では第5師団長として遼東半島の戦いなどで活躍した。

日清戦争後、江藤は陸軍大臣に就任し、陸軍の近代化に尽力した。しかし、1904年(明治37年)に始まった日露戦争では、第2軍司令官として満州方面軍の作戦を指揮したが、旅順攻囲戦で苦戦を強いられた。その後、江藤は第3軍司令官に転任し、遼陽会戦や奉天会戦で勝利を収めたが、日露戦争の終結後は陸軍大臣を辞任して予備役に編入された。

日露戦争後、江藤は政界に転じ、1912年(大正元年)に第3次桂内閣の陸軍大臣に就任した。しかし、翌1913年(大正2年)に陸軍内部の派閥争いに巻き込まれて辞任した。その後、江藤は貴族院議員となり、1924年(大正13年)に死去した。

江藤源九郎は、幕末から明治、大正時代にかけて活躍した軍人と政治家である。日清戦争や日露戦争で活躍し、陸軍大臣や貴族院議員を務めた。江藤は、近代日本の陸軍の近代化に貢献した人物として知られている。

江藤源九郎の政治家としての経歴

江藤源九郎の政治家としての経歴

-江藤源九郎の政治家としての経歴-

江藤源九郎は、明治 – 昭和時代前期の軍人と政治家です。戊辰戦争では新政府軍の総督として功績を上げ、明治維新後は参議、文部卿、司法卿、内務卿を歴任しました。また、自由民権運動のリーダーとして活躍し、立憲政体の確立に尽力しました。

江藤源九郎は、1834年(天保5年)に肥前国佐賀藩(現在の佐賀県)で生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、16歳の時に藩校である弘道館に入学しました。弘道館では儒学や兵学を学び、優秀な成績を収めました。また、1860年(万延元年)には、幕府が組織した遣米使節団に参加し、アメリカ合衆国を訪れました。

帰国後は、佐賀藩の藩政改革に参画し、兵制や洋式教育の導入に尽力しました。また、1867年(慶応3年)には、戊辰戦争が勃発すると、新政府軍の総督として各地を転戦し、幕府軍を破りました。戊辰戦争の勝利後、江藤源九郎は新政府の参議に任命されました。

1869年(明治2年)には、文部卿に就任し、学制の制定や近代的な教育制度の確立に尽力しました。1871年(明治4年)には、司法卿に就任し、近代的な司法制度の整備に努めました。また、1873年(明治6年)には、内務卿に就任し、地方制度の改革や警察制度の整備に尽力しました。

1874年(明治7年)、江藤源九郎は参議を辞任し、自由民権運動のリーダーとして活動を始めました。自由民権運動は、立憲政体の確立を求める運動で、江藤源九郎は各地を遊説して国民に立憲政体の必要性を訴えました。また、1880年(明治13年)には、自由党を組織し、立憲政体の確立を目指して活動しました。

しかし、1884年(明治17年)に西南戦争が勃発すると、江藤源九郎は政府軍を率いて反乱軍を鎮圧しました。西南戦争の勝利後、江藤源九郎は勲功を賞されて伯爵に叙せられました。しかし、1887年(明治20年)に病のため死去しました。

江藤源九郎は、近代日本の立憲政体の確立に尽力した政治家であり、自由民権運動の偉大なリーダーでした。

タイトルとURLをコピーしました