衛藤即応:曹洞宗の近代化に貢献した仏教学者

衛藤即応:曹洞宗の近代化に貢献した仏教学者

曹洞宗の宗学を確立した学者

曹洞宗の宗学を確立した学者

曹洞宗の宗学を確立した学者

曹洞宗の宗学を確立した学者として知られる衛藤即応は、1848年に肥後国八代(現・熊本県八代市)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、1868年に熊本藩の曹洞宗寺院である龍泉寺に入門しました。その後、京都の妙心寺で修行し、1875年に曹洞宗の僧侶として認可されました。

衛藤即応は、曹洞宗の近代化に尽力した学者として知られています。1881年に曹洞宗の最高学府である曹洞宗大学(現・駒澤大学)の設立に参画し、1889年には同大学の初代学長に就任しました。また、1891年には曹洞宗の宗学を体系化した『曹洞宗学史』を著し、曹洞宗の宗学の確立に大きく貢献しました。

衛藤即応は、曹洞宗の宗学の確立だけでなく、仏教の近代化にも尽力しました。1894年には、仏教各派の僧侶が集まって仏教の近代化を議論する「仏教大会」を開催し、仏教の近代化を推進しました。また、1899年には、仏教各派の僧侶を派遣して、ヨーロッパやアメリカなどの海外に仏教を布教する「海外布教事業」を開始しました。

衛藤即応は、1913年に亡くなりましたが、曹洞宗の近代化と仏教の近代化に大きく貢献した学者として、その功績は高く評価されています。

ヨーロッパ留学と駒沢大学での活躍

ヨーロッパ留学と駒沢大学での活躍

– ヨーロッパ留学と駒沢大学での活躍

衛藤即応は、1906年に駒沢大学の前身である駒沢高等仏学校に入学し、1910年に卒業した。卒業後は、曹洞宗の僧侶として出家し、1914年に駒沢大学教授に就任した。

1919年、衛藤即応はヨーロッパに留学し、ベルリン大学とオックスフォード大学で学び、1923年に帰国した。帰国後は、駒沢大学教授に復帰し、哲学と宗教史を講じた。

衛藤即応は、ヨーロッパ留学で学んだ近代的な学問を曹洞宗に導入し、近代化に貢献した。また、駒沢大学で教鞭を執り、多くの学生を育成した。

衛藤即応は、1965年に駒沢大学総長を退任し、1984年に逝去した。

-# 衛藤即応の思想

衛藤即応の思想は、近代的な学問と曹洞宗の伝統を融合させたものであった。衛藤即応は、曹洞宗の伝統を尊重しつつも、近代的な学問を積極的に導入した。

衛藤即応は、曹洞宗の伝統である坐禅を重視し、坐禅を通して悟りを得ることを説いた。また、曹洞宗の伝統である不二法門を重視し、あらゆる存在は互いに関連しており、分離することはできないと説いた。

衛藤即応は、近代的な学問を導入することで、曹洞宗の伝統をより深く理解し、現代社会に適用できるようにした。衛藤即応の思想は、曹洞宗の近代化に大きく貢献し、曹洞宗を現代社会に根付かせることに成功した。

-# 衛藤即応の業績

衛藤即応は、曹洞宗の近代化に貢献した仏教学者である。衛藤即応は、ヨーロッパ留学で学んだ近代的な学問を曹洞宗に導入し、近代化に貢献した。また、駒沢大学で教鞭を執り、多くの学生を育成した。

衛藤即応の業績は以下の通りである。

* 曹洞宗の伝統を尊重しつつ、近代的な学問を導入した。
* 曹洞宗の伝統である坐禅を重視し、坐禅を通して悟りを得ることを説いた。
* 曹洞宗の伝統である不二法門を重視し、あらゆる存在は互いに関連しており、分離することはできないと説いた。
* 駒沢大学で教鞭を執り、多くの学生を育成した。
* 曹洞宗の近代化に大きく貢献し、曹洞宗を現代社会に根付かせることに成功した。

不喚の名で知られる仏教思想家

不喚の名で知られる仏教思想家

不喚の名で知られる仏教思想家

衛藤即応(1869-1939)は、曹洞宗の近代化に貢献した仏教学者です。曹洞宗は、鎌倉時代に道元が開いた禅宗の一つで、坐禅を重視しています。衛藤即応は、曹洞宗の近代化を目指し、坐禅の指導だけでなく、仏教思想の研究にも力を入れました。

衛藤即応は、1869年に石川県に生まれました。幼い頃から仏教に興味を持ち、1887年に曹洞宗の僧侶となりました。その後、曹洞宗の専門学校である曹洞宗大学で学び、1894年に卒業しました。

曹洞宗大学卒業後、衛藤即応は曹洞宗の僧侶として、各地で坐禅の指導を行いました。また、仏教思想の研究にも力を入れ、1903年には『仏教思想史』を出版しました。この本は、仏教の歴史と思想を体系的にまとめたもので、当時の仏教学界に大きな影響を与えました。

1907年、衛藤即応は曹洞宗の最高位である管長に就任しました。管長として、衛藤即応は曹洞宗の近代化を推進しました。曹洞宗の僧侶の教育を充実させ、曹洞宗の思想を一般の人々に広めるために、講演会や著述を行いました。

衛藤即応は、1939年に70歳で亡くなりました。衛藤即応の死後、曹洞宗の近代化はさらに進展し、曹洞宗は日本最大規模の禅宗となりました。

衛藤即応は、曹洞宗の近代化に貢献しただけでなく、仏教思想の研究にも大きな功績を残しました。衛藤即応の思想は、現代の仏教界にも大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました