-小笠原長国

-小笠原長国

小笠原長国の生涯

小笠原長国の生涯

-小笠原長国の生涯-

-生い立ちと家督相続-

小笠原長国は、天文13年(1544年)に遠江国引佐郡井伊谷(現在の静岡県浜松市)に生まれた。父は小笠原長宗、母は今川義元の娘である寿桂尼。長国は、幼い頃から武芸に秀で、今川氏に仕えて戦功を立てた。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、長国は井伊谷に帰国し、家督を相続した。その後、武田信玄と同盟して徳川家康と戦ったが、元亀2年(1571年)に武田氏が三方ヶ原の戦いで敗北すると、徳川氏と和睦した。

-徳川氏への恭順と関ヶ原の戦い-

天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が討たれると、長国は徳川家康に恭順した。家康は、長国を遠江国浜松城主に任命し、5万石を与えた。長国は、浜松城を拠点として、遠江国を統治した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、長国は家康に従って出陣した。長国は、戦いで功を立て、家康から遠江国掛川城10万石を与えられた。長国は、掛川城を拠点として、遠江国を統治した。

-晩年と死-

慶長11年(1606年)、長国は家康の命を受けて、駿河国駿府城の普請奉行を務めた。普請奉行とは、城郭や道路などの建設工事の責任者を指す。長国は、駿府城の普請奉行として、駿府城の拡張工事を指揮した。

慶長15年(1610年)、長国は57歳で死去した。死因は病気とされている。長国の死後、家督は嫡男の長次が相続した。

小笠原長国と明治維新

小笠原長国と明治維新

小笠原長国と明治維新

小笠原長国は、江戸時代末期から明治時代にかけての武士、政治家です。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主として官軍と戦いましたが、後に新政府に帰順して、明治政府で要職を歴任しました。

小笠原長国は、1826年に越後国長岡藩主・牧野忠雅の三男として生まれました。幼名は政之助。1844年に小笠原家の養子となり、1857年に家督を継いで藩主となりました。

小笠原長国は、藩主就任後に洋学を奨励するなど、藩政改革に取り組みました。また、尊王攘夷運動にも参加し、1864年には京都御所警護の任に就きました。

1868年に明治維新が起こると、小笠原長国は奥羽越列藩同盟の盟主となって、官軍と戦いました。しかし、1869年には新政府に帰順し、戊辰戦争は終結しました。

小笠原長国は、戊辰戦争後に新政府で要職を歴任しました。1871年に内務卿、1873年に文部卿、1874年に左大臣を歴任しました。また、1884年には伯爵を授与されました。

小笠原長国は、1895年に70歳で死去しました。

小笠原長国は、明治維新の際に官軍と戦ったものの、後に新政府に帰順して、明治政府で要職を歴任しました。小笠原長国は、幕末維新期の日本の歴史において重要な役割を果たした人物です。

タイトルとURLをコピーしました