「青山拙斎」(⇒青山延于(あおやま-のぶゆき))について

「青山拙斎」(⇒青山延于(あおやま-のぶゆき))について

青山延于の生涯と功績

青山延于の生涯と功績

青山延于の生涯と功績

青山延于(1622年 – 1691年)は、江戸時代前期の武士、儒学者、政治家です。通称は拙斎。備後国三次藩の藩祖として知られています。

延于は、播磨国安志郡相生郷(現在の兵庫県たつの市相生)に、青山信友の三男として生まれました。信友は、赤穂藩主・浅野長重の重臣でした。延于は、幼少の頃から学問を好み、16歳で江戸に出て、儒学者・林羅山に師事しました。1641年、20歳の時に、浅野長綱の推挙により、備後国三次藩の藩祖として入封しました。

延于は、入封後は藩政に励み、領内の開発や産業振興などに努めました。また、儒学を奨励し、藩校・明倫堂を創設しました。1651年には、江戸幕府の儒官に任命され、林羅山とともに幕府の儒学政策を推進しました。

延于は、1691年に病没するまで、藩主として三次藩を治め、領内の発展に貢献しました。また、儒学者としても多くの著作を残し、江戸時代の儒学の発展に寄与しました。

延于の功績は、三次藩の藩祖として領内の開発や産業振興に努めたこと、儒学を奨励し、藩校・明倫堂を創設したこと、江戸幕府の儒官に任命され、幕府の儒学政策を推進したことなどが挙げられます。延于は、備後国三次藩の発展に貢献しただけでなく、江戸時代の儒学の発展にも寄与した人物です。

青山拙斎の思想と学問

青山拙斎の思想と学問

-青山拙斎の思想と学問-

青山拙斎(あおやま-せっすい)は、江戸時代中期、享保期から明和期にかけて活躍した本草家・医者である。

拙斎は、江戸の深川に生まれ、幼い頃から本草学に興味を持ち、15歳で本草学者である貝原益軒に入門する。益軒の下で本草学を学び、20歳の時に益軒の推薦で、江戸幕府の医官となった。

その後、拙斎は、江戸幕府の命を受けて、日本各地を巡回し、本草の調査を行った。その結果、多くの新種の植物を発見し、それらの植物を記録した。

また、拙斎は、本草学だけでなく、医学にも通じており、多くの医学書を著した。その中には、『本草綱目』や『薬鏡』など、今日でも名著として知られるものも含まれている。

拙斎の思想は、儒教と仏教の融合を説いたものであり、彼は、「儒教は人間の道を説き、仏教は人間の心を説くものである」と述べている。また、拙斎は、自然界には神霊が宿っており、人間は自然界を敬い、その恵みに感謝すべきであると説いた。

拙斎の学問は、本草学と医学を融合させたものであり、彼は、多くの新種の植物を発見し、それらの植物の薬効を明らかにした。また、拙斎は、本草学の知識を医学に応用し、多くの優れた治療法を開発した。

拙斎の思想と学問は、江戸時代の医学の発展に大きな影響を与えた。また、拙斎の思想は、江戸時代の儒教思想にも影響を与え、多くの儒学者に敬愛された。

青山拙斎の弟子たち

青山拙斎の弟子たち

-青山拙斎の弟子たち-

青山拙斎は、江戸時代中期の儒学者・思想家です。彼は、近江国蒲生郡八幡町(現・滋賀県近江八幡市)に生まれ、京都で学びました。その後、江戸に出て、朱子学を講じ、多くの弟子を育てました。

拙斎の弟子には、以下のような人物がいます。

* -榊原篁軒(さかきばら-こうけん)-江戸時代中期の儒学者・思想家。近江国蒲生郡八幡町(現・滋賀県近江八幡市)に生まれ、京都で学びました。その後、江戸に出て、拙斎の門下に入りました。荻生徂徠らとともに、朱子学を批判し、古文辞学を唱えました。
* -成島 GeoNames(なるしま-じょうさい)-江戸時代中期の儒学者・砲兵学者。近江国蒲生郡八幡町(現・滋賀県近江八幡市)に生まれ、京都で学びました。その後、江戸に出て、拙斎の門下に入りました。砲術を学び、のちに大砲の製造や射撃法の指導を行うようになりました。
* -山片蟠桃(やまがた-ばんとう)-江戸時代中期の儒学者・思想家。近江国蒲生郡八幡町(現・滋賀県近江八幡市)に生まれ、京都で学びました。その後、江戸に出て、拙斎の門下に入りました。古文辞学を学び、のちに『臥遊録』や『近世畸人伝』などの著作を著しました。
* -頼山陽(らい-さんよう)-江戸時代後期の儒学者・歴史家。長門国萩藩(現・山口県萩市)に生まれ、京都で学びました。その後、江戸に出て、拙斎の門下に入りました。古文辞学を学び、のちに『日本外史』や『新論』などの著作を著しました。
* -坪内逍遥(つぼうち-しょうよう)-明治時代の小説家・評論家。江戸に生まれ、東京で学びました。その後、拙斎の門下に入りました。小説を書き始め、のちに『小説神髄』や『当世書生気質』などの著作を著しました。

拙斎の弟子たちは、それぞれに活躍し、江戸時代の思想や文化に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました