青山忠重 – 江戸時代前期から中期の諸藩の大名

青山忠重 – 江戸時代前期から中期の諸藩の大名

青山忠重の生涯

青山忠重の生涯

-青山忠重の生涯-

青山忠重(あおやま ただより、慶長17年(1612) – 元禄2年4月3日(1689年4月23日))は、江戸時代前期から中期の諸藩の大名。播磨姫路藩主、三河吉田藩主、伊勢亀山藩主、丹波篠山藩主、丹後宮津藩主、上総請西藩主、丹後峰山藩主、豊後杵築藩主を歴任した。

-出自-

青山忠重は、上野高崎藩主・青山宗俊の三男として誕生した。母は、加賀藩主・前田利長の娘・卵姫。

-家督相続-

寛永16年(1639)、兄の青山忠俊が死去すると、その跡を継いで播磨姫路藩主となった。

-藩主時代-

姫路藩主時代には、藩政改革を行い、藩財政の立て直しに努めた。また、領内の開発にも力を尽くし、新田開発や治水事業を実施した。

-転封-

承応3年(1654)、三河吉田藩に転封された。吉田藩主時代には、城郭を整備し、藩校を創設するなど、藩政の発展に尽力した。

-その後-

その後、伊勢亀山藩、丹波篠山藩、丹後宮津藩、上総請西藩、丹後峰山藩、豊後杵築藩を歴任した。

-死去-

元禄2年(1689)4月3日、杵築藩主在任中に死去した。享年78。

-人物-

青山忠重は、学問を好み、和歌や連歌に秀でていた。また、茶道や華道にも通じていた。

-家族-

正室は、松平定頼の娘・勝姫。子は、青山忠重、青山忠成、青山忠良、青山忠裕、青山忠広、青山忠高、青山忠矩。

青山忠重の功績

青山忠重の功績

– 青山忠重の功績

青山忠重は、江戸時代前期から中期の諸藩の大名です。家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属して功績を挙げました。その後、甲斐国や下野国など各地を転封され、最終的には丹波国亀山藩の藩主となりました。忠重は、亀山藩の藩政改革を行い、産業振興や教育の充実などに努め、藩の発展に尽力しました。

-1. 甲斐国での功績-

忠重は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に属して功績を挙げ、家康から甲斐国甲府藩10万石を与えられました。甲府藩主となった忠重は、藩政改革を行い、産業振興や教育の充実などに努めました。また、甲斐国の特産品である甲州織物の保護にも力を入れて、甲府藩の経済発展に貢献しました。

-2. 下野国での功績-

元和2年(1616年)、忠重は下野国宇都宮藩10万石に転封されました。宇都宮藩主となった忠重は、甲府藩での藩政改革をさらに進め、産業振興や教育の充実などに努めました。また、宇都宮藩の特産品である宇都宮餃子を保護して、宇都宮藩の経済発展に貢献しました。

-3. 丹波国亀山藩での功績-

寛永12年(1635年)、忠重は丹波国亀山藩10万石に転封されました。亀山藩主となった忠重は、甲府藩や宇都宮藩での藩政改革をさらに進め、産業振興や教育の充実などに努めました。また、亀山藩の特産品である亀山焼を保護して、亀山藩の経済発展に貢献しました。

青山忠重は、甲斐国、下野国、丹波国の各藩で藩政改革を行い、産業振興や教育の充実などに努め、藩の発展に尽力しました。その功績は、今日でも高く評価されています。

青山忠重の死後

青山忠重の死後

青山忠重の死後

青山忠重は、1664年(寛文4年)に死去し、子の青山忠次が家督を継いだ。忠次は、1668年(寛文8年)に若年寄に任じられ、1679年(延宝7年)に老中に就任した。忠次は、老中として幕政を主導し、1680年(延宝8年)に天和の政変を起こして松平綱重を将軍職に就任させた。忠次は、1684年(貞享元年)に死去した。

青山忠次の死後、青山家は、忠次の子の青山忠高が継いだ。忠高は、1687年(貞享4年)に若年寄に任じられ、1692年(元禄5年)には老中に就任した。忠高は、1703年(元禄16年)に死去した。

青山忠高の死後、青山家は、忠高の子の青山忠裕が継いだ。忠裕は、1704年(宝永元年)に若年寄に任じられ、1710年(宝永7年)には老中に就任した。忠裕は、1731年(享保16年)に死去した。

青山忠裕の死後、青山家は、旗本に格下げされた。青山家は、その後も、江戸幕府の役職を歴任する者が多く、幕末まで続いた。

青山忠重の死後、青山家は、忠次、忠高、忠裕と3代にわたって老中を輩出し、幕政を主導した。青山家は、江戸幕府の譜代大名として栄華を誇ったが、忠裕の死後、旗本に格下げされてしまった。

タイトルとURLをコピーしました