青山忠高 – 江戸時代中期の大名

青山忠高 – 江戸時代中期の大名

出自と家督相続

出自と家督相続

青山忠高 – 江戸時代中期の大名

出自と家督相続

青山忠高は、1641年(寛永18年)に江戸で生まれた。父は青山忠重、母は横田氏。忠高は、青山氏の嫡男として生まれ、幼少期から家督を継ぐための教育を受けた。

青山氏は、戦国時代には甲斐の国(現在の山梨県)を治めた武田氏に仕えた。武田氏が滅亡した後、青山氏は徳川家康に仕え、江戸幕府成立後は譜代大名として徳川氏に仕えた。

忠高は、1665年(寛文5年)に父・忠重が死去した後に家督を相続した。家督を相続した忠高は、幕府の要職を歴任し、老中となった。忠高は、老中として幕府の政治を担い、徳川綱吉の治世を支えた。

忠高は、1709年(宝永6年)に死去した。享年69歳。忠高の死後は、嫡男の青山忠裕が家督を相続した。

藩校振徳堂の設立

藩校振徳堂の設立

藩校振徳堂の設立

青山忠高は大名としてだけでなく、教育者としても知られています。1735年(享保20年)、忠高は津和野藩の藩校である振徳堂を設立しました。振徳堂は、藩士の子弟に儒学や武術を教える学校で、藩政改革の一環として設立されました。

振徳堂は、藩士の子弟を教育するだけでなく、一般庶民にも門戸を開放していました。忠高は、人材育成が藩の発展に不可欠であると考えており、身分や家柄に関係なく、才能のある者は誰でも学ぶ機会を与えるべきだと考えていました。

振徳堂は、藩士の子弟や一般庶民に学問を教え、人材を育成する役割を果たしました。振徳堂で学んだ人材は、藩政や地域社会の発展に貢献しました。振徳堂は、教育を通じて藩の発展に貢献した青山忠高の功績を伝える貴重な史跡となっています。

振徳堂は、1957年(昭和32年)に島根県の史跡に指定されています。現在は、一般公開されており、忠高の功績を伝える展示が行われています。

文武の奨励と藩政改革

文武の奨励と藩政改革

文武の奨励と藩政改革

青山忠高は、文武の奨励と藩政改革に熱心に取り組んだ大名です。

文武の奨励では、藩士に学問を奨励し、藩校「裕徳館」を創設しました。裕徳館では、儒学を中心に、武術や弓術、馬術などの武芸も教授されました。

青山忠高は、自らも学問を好み、和歌や漢詩に優れていました。また、武芸にも秀で、剣術や弓術、馬術をたしなみ、藩士たちに範を示しました。

藩政改革では、財政の立て直しと藩士の士気向上を図りました。財政の立て直しでは、倹約令を発布して経費を削減し、藩士の士気向上では、家臣団の団結を促すため、家格制度を整備しました。

青山忠高の文武の奨励と藩政改革は、庄内藩の発展に大きく貢献しました。裕徳館は、庄内藩の藩校として江戸時代を通じて存続し、多くの優秀な人材を輩出しました。また、藩政改革によって、庄内藩の財政は安定し、藩士の士気も向上しました。

青山忠高は、文武の奨励と藩政改革によって、庄内藩を江戸時代屈指の名藩に育て上げた名君として知られています。

タイトルとURLをコピーしました