青山忠揚 – 大正-昭和時代前期の華族、教育者

青山忠揚 – 大正-昭和時代前期の華族、教育者

青山忠揚の生涯と経歴

青山忠揚の生涯と経歴

– 青山忠揚の生涯と経歴

青山忠揚は、1880年(明治13年)1月18日、東京府東京市で生まれた。父は伯爵青山忠良、母は子爵岩倉友愛の娘・久子である。忠揚は、1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、農商務省に入省した。1909年(明治42年)に退官し、その後は華族として活動した。

1911年(明治44年)に貴族院議員に勅任され、1914年(大正3年)には侍従に任命された。1921年(大正10年)には学習院院長に就任し、1924年(大正13年)には枢密顧問官に任命された。

1926年(大正15年)に学習院院長を辞任し、1927年(昭和2年)には貴族院議長に就任した。1929年(昭和4年)には枢密顧問官を辞任し、1931年(昭和6年)には貴族院議長を辞任した。

1934年(昭和9年)に華族制度が廃止され、青山忠揚は華族としての身分を失った。1945年(昭和20年)に死去した。

青山忠揚は、大正-昭和時代前期の日本において、華族や教育者として活躍した。学習院院長や貴族院議長などの要職を歴任し、日本の教育や政治に大きな影響を与えた。

青山忠揚の功績と業績

青山忠揚の功績と業績

青山忠揚の功績と業績

青山忠揚は、明治6年(1873年)に華族青山家当主、青山忠良の次男として誕生しました。幼少期から英才教育を受け、東京帝国大学法科大学を卒業後、外務省に入省しました。その後、文部省に移り、学務局長や総務局長を歴任しました。大正8年(1919年)には、文部大臣に任命されました。

文部大臣として、青山忠揚は教育改革に尽力しました。中等教育機関の充実や、高等教育機関の拡充を行いました。また、学校教育の機会均等を図るため、貧困家庭の児童生徒への奨学金制度を創設しました。青山忠揚の功績により、日本は教育大国と呼ばれるようになりました。

青山忠揚は、教育者としても知られています。大正13年(1924年)に、青山学院大学の創立に参加し、初代学長に就任しました。青山学院大学は、青山忠揚の教育理念に基づいて設立された大学であり、現在でも日本を代表する私立大学のひとつとなっています。

青山忠揚は、大正15年(1926年)に死去しましたが、その功績と業績は今日でも高く評価されています。青山忠揚は、日本教育の発展に大きな貢献をした偉大な教育者です。

青山忠揚のゆかりの地

青山忠揚のゆかりの地

-青山忠揚のゆかりの地-

青山忠揚は、1885年(明治18年)に東京府で生まれた。父は青山忠良、母は花房柳子の娘である。1908年(明治41年)に東京帝国大学法学部を卒業し、1911年(明治44年)に貴族院議員に就任した。1913年(大正2年)に爵位を継承し、1922年(大正11年)に学習院院長に就任した。1945年(昭和20年)まで院長を務め、1949年(昭和24年)に死去した。

青山忠揚には、いくつかのゆかりの地がある。その一つが、東京にある青山霊園である。青山霊園には、青山忠揚の墓所がある。墓所は、霊園の北側に位置し、青山忠良夫妻の墓所の隣にある。墓石には、青山忠揚の氏名と没年が刻まれている。

もう一つのゆかりの地が、東京にある青山学院である。青山学院は、1874年(明治7年)に青山忠良が創設したキリスト教主義学校である。青山忠揚は、青山学院の理事や学長を務めた。青山学院には、青山忠揚の名前を冠した建物がいくつかある。その一つが、青山キャンパスにある青山忠揚記念館である。記念館には、青山忠揚の生涯や功績に関する展示物が収蔵されている。

青山忠揚は、大正-昭和時代前期の華族、教育者として活躍した人物である。彼のゆかりの地を訪れることで、彼の生涯や功績を知ることができる。

タイトルとURLをコピーしました