青山忠講-江戸時代中期の大名、青山忠高の次男

青山忠講-江戸時代中期の大名、青山忠高の次男

青山忠講の生涯

青山忠講の生涯

– 青山忠講の生涯

青山忠講は、江戸時代中期の大名で、青山忠高の次男です。幼名は源兵衛、通称を因幡、号を八郎、性空軒と称しました。

1678年(延宝6年)に13歳で初めて将軍徳川家綱に拝謁し、1701年(元禄14年)に父・忠高が没すると家督を継ぎました。1703年(宝永4年)には大和郡山5万石の藩主となり、1710年(宝永7年)に大和郡山8万石に加増されました。

青山忠講は、学問を好み、陽明学を修めました。また、和歌や連歌にも通じ、『青山因幡家集』という歌集を著しました。1732年(享保17年)に57歳で没し、法号は空蓮院殿詹室性空大居士です。

青山忠講は、藩主として仁政を施し、領民から慕われました。また、学問を奨励し、藩士に儒学や武術を学ばせました。さらに、和歌や連歌を保護し、文化の発展に貢献しました。

青山忠講は、越前松平家から妻を迎え、2男1女を儲けました。しかし、嫡男の忠裕は早世し、次男の忠通が家督を継ぎました。忠通は、美濃国高須藩の藩主となり、青山家は明治維新まで存続しました。

青山忠講の功績

青山忠講の功績

青山忠講の功績

青山忠講は、江戸時代中期の大名で、青山忠高の次男です。幼名は左近、通称は蔵人、治部少輔、甲斐守、采女正、右近将監、左京大夫、宮内少輔、左京権大夫、侍従と称しました。

青山忠講は、1696年に大名に列し、下野国小山藩の藩主となりました。1701年には、上総国鶴牧藩に移封され、1723年には、播磨国龍野藩に移封されました。

青山忠講は、藩政改革に尽力し、藩財政の立て直しや、産業の振興を図りました。また、学問や文化を奨励し、藩校を設立しました。

青山忠講は、1749年に死去しました。享年64歳でした。

青山忠講の主な功績は以下の通りです。

* 藩政改革に尽力し、藩財政の立て直しや、産業の振興を図った。
* 学問や文化を奨励し、藩校を設立した。
* 1735年に、江戸幕府の老中となった。
* 1745年に、江戸幕府の将軍徳川家重の側近となった。

青山忠講は、江戸時代中期の大名として、藩政改革や学問、文化の振興に尽力し、幕府の要職も歴任した人物です。

青山忠講の死とその後

青山忠講の死とその後

青山忠講の死とその後

青山忠講は、1748年(寛延元年)7月8日に江戸で亡くなりました。享年69歳でした。忠講の死により、青山家は跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。

しかし、忠講には隠し子があり、その息子が青山忠久として養子に迎えられました。忠久は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠久は、1747年(延享4年)に生まれ、1765年(明和2年)に青山家の家督を継ぎました。忠久は、徳川家治の側近として仕え、1788年(天明8年)には老中に任命されました。

忠久は、1796年(寛政8年)に61歳で亡くなりました。忠久の死により、青山家は再び跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。

しかし、忠久には隠し子があり、その息子が青山忠裕として養子に迎えられました。忠裕は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠裕は、1795年(寛政7年)に生まれ、1816年(文化13年)に青山家の家督を継ぎました。忠裕は、徳川家斉の側近として仕え、1838年(天保9年)には老中に任命されました。

忠裕は、1855年(安政2年)に59歳で亡くなりました。忠裕の死により、青山家は3度目の跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。

しかし、忠裕には隠し子があり、その息子が青山忠敏として養子に迎えられました。忠敏は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠敏は、1854年(嘉永7年)に生まれ、1871年(明治4年)に青山家の家督を継ぎました。忠敏は、明治維新後に華族に列せられ、子爵を授与されました。

忠敏は、1912年(大正元年)に57歳で亡くなりました。忠敏の死により、青山家は4度目の跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。

しかし、忠敏には隠し子があり、その息子が青山忠光として養子に迎えられました。忠光は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠光は、1883年(明治16年)に生まれ、1912年(大正元年)に青山家の家督を継ぎました。忠光は、海軍大将まで昇進し、1945年(昭和20年)に62歳で亡くなりました。

忠光の死により、青山家は5度目の跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。しかし、忠光には隠し子があり、その息子が青山忠雄として養子に迎えられました。忠雄は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠雄は、1916年(大正5年)に生まれ、1945年(昭和20年)に青山家の家督を継ぎました。忠雄は、戦後に青山家当主として活躍し、1989年(平成元年)に72歳で亡くなりました。

忠雄の死により、青山家は6度目の跡継ぎが絶え、断絶の危機に陥りました。しかし、忠雄には隠し子があり、その息子が青山忠則として養子に迎えられました。忠則は、青山家の家督を継ぎ、青山家を再興しました。

青山忠則は、1959年(昭和34年)に生まれ、1989年(平成元年)に青山家の家督を継ぎました。忠則は、現在も青山家当主として活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました