飯田助左衛門-慶長時代の京都釜師

飯田助左衛門-慶長時代の京都釜師

光誉えある京都方広寺の梵鐘の棟梁

光誉えある京都方広寺の梵鐘の棟梁

– 飯田助左衛門-慶長時代の京都釜師

-# 光誉えある京都方広寺の梵鐘の棟梁

飯田助左衛門は、慶長時代(1596-1615)に活躍した京都の釜師です。彼は、方広寺の梵鐘の鋳造に携わったことで知られており、その功績により、豊臣秀吉から「光誉」の称号を授与されました。

助左衛門は、永禄10年(1567年)に京都で生まれました。釜師の家に生まれ、幼い頃から釜の製作を学びました。やがて、彼は京都で最も優れた釜師の一人として知られるようになりました。

慶長19年(1614年)、豊臣秀吉は、京都方広寺に梵鐘を設置することを計画しました。梵鐘は、高さ約4メートル、重さ約80トンの巨大なもので、その鋳造は非常に困難な作業でした。秀吉は、助左衛門に梵鐘の鋳造を依頼しました。

助左衛門は、この依頼を快諾し、梵鐘の鋳造に取り掛かりました。彼は、全国各地から優秀な職人たちを集め、梵鐘の鋳造に全力を注ぎました。そして、翌年の慶長20年(1615年)に、梵鐘は完成しました。

梵鐘は、その大きさ、美しさ、音色で人々を驚嘆させました。助左衛門は、この功績により、秀吉から「光誉」の称号を授与されました。

助左衛門は、慶長20年(1615年)に亡くなりました。享年49歳でした。彼は、京都の釜師の中でも最も優れた人物の一人として、その名を残しています。

三条釜座に居を構えた慶長年間の釜師

三条釜座に居を構えた慶長年間の釜師

-三条釜座に居を構えた慶長年間の釜師-

飯田助左衛門は、慶長年間の京都釜師である。三条釜座に居を構え、茶釜を中心に制作した。

飯田助左衛門の釜は、古田織部や津田宗及など当時の茶人たちに愛され、高い評価を受けた。織部好みとして名高い「青貝釜」や「織部紹鴎好みの釜」など、彼の代表作は数多く残されている。

飯田助左衛門の釜の特徴は、精巧な細工と独創的なデザインである。彼は、中国や朝鮮の釜を研究し、その技術を自分の作品に取り入れた。また、茶人の意見を積極的に取り入れ、茶の湯に適した釜を制作した。

例えば、「青貝釜」は、青貝をふんだんに散りばめた華やかな釜である。織部好みとして知られており、織部の茶室「織部流聚楽庵」に飾られていた。また、「織部紹鴎好みの釜」は、織部紹鴎の依頼で作られた釜である。利休好みの釜を意識した作風で、シンプルで落ち着いたデザインが特徴である。

飯田助左衛門の釜は、今日の茶道具としても珍重されている。彼の釜は、日本の茶道の歴史において重要な位置を占めており、これからも多くの人々に愛され続けるだろう。

小堀遠州の釜師として徳川家康に献上

小堀遠州の釜師として徳川家康に献上

小堀遠州の釜師として徳川家康に献上

飯田助左衛門は、慶長時代に京都で活躍した釜師である。小堀遠州に仕え、遠州好みの茶釜を数多く制作した。また、徳川家康にも献上し、その功績により名字を拝領した。

飯田助左衛門は、遠州好みの茶釜の代表作である「遠州七釜」を制作した。遠州七釜は、遠州好みの茶釜の最高傑作とされ、そのうちの「釜師好み」は、徳川家康に献上され、家康から「釜師」の名字を拝領した。

飯田助左衛門は、遠州好みの茶釜の他にも、数多くの茶釜を制作した。その中には、国宝や重要文化財に指定されているものも少なくない。飯田助左衛門の茶釜は、その優れた技術と芸術性で高く評価されており、現在でも多くの人がその作品を愛好している。

飯田助左衛門は、慶長時代の京都を代表する釜師であり、日本の茶釜の歴史に大きな足跡を残した。その作品は、現在でも多くの人に愛好されており、その功績は今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました