「尾形多五郎」

「尾形多五郎」

尾形多五郎のプロフィール

尾形多五郎のプロフィール

-尾形多五郎のプロフィール-

尾形多五郎は、1865年(慶応元年)に東京で生まれました。本名は尾形儀作。父は尾形勝蔵、母は尾形ツネ。父は薬種問屋を営んでおり、多五郎は裕福な家庭で育ちました。

1876年(明治9年)、多五郎は12歳で学校を中退し、父の商売を手伝い始めました。しかし、多五郎は商売にはあまり興味がなく、演劇に夢中になっていました。

1882年(明治15年)、多五郎は18歳の時に、川上音二郎の劇団「松竹座」に入団しました。そして、1885年(明治18年)に舞台デビューを果たしました。多五郎は、その端正な容姿と優れた演技力で瞬く間に人気俳優となり、松竹座の看板俳優として活躍しました。

1899年(明治32年)、多五郎は川上音二郎と袂を分かち、独立しました。そして、自分の劇団「尾形多五郎劇団」を結成しました。多五郎劇団は、歌舞伎、新派、オペラなど、さまざまなジャンルの演劇を上演し、大きな人気を集めました。

1903年(明治36年)、多五郎は39歳の時に、歌舞伎座の座頭になりました。座頭は、歌舞伎座の最高責任者であり、多五郎は歌舞伎界の頂点に立ちました。多五郎は、歌舞伎座の座頭として、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい演劇にも挑戦しました。

1913年(大正2年)、多五郎は49歳の時に、歌舞伎座の座頭を退任しました。その後も、多五郎は第一線で活躍を続け、数多くの名作を残しました。

1935年(昭和10年)、多五郎は71歳の時に、脳溢血で倒れ、死去しました。多五郎は、日本の演劇界に大きな功績を残した偉大な俳優として、現在でも多くの人々に愛されています。

尾形多五郎の功績

尾形多五郎の功績

尾形多五郎の功績

尾形多五郎は、明治から昭和にかけて活躍した日本の政治家です。衆議院議員、逓信大臣、鉄道大臣などを歴任し、日本の近代化に貢献しました。

尾形多五郎は、1860年(万延元年)に愛知県名古屋市に生まれました。東京帝国大学を卒業後、新聞記者として働き、その後政界入りしました。1890年(明治23年)に衆議院議員に当選し、以後10期連続で当選しました。

尾形多五郎は、逓信大臣や鉄道大臣を務め、日本の通信や交通の発展に貢献しました。また、1910年(明治43年)には、日韓併合条約の締結に尽力しました。

尾形多五郎は、1928年(昭和3年)に死去しました。彼の功績をたたえ、名古屋市に銅像が建てられています。

尾形多五郎の功績は、大きく分けて以下の3つがあります。

1. 通信の発展
尾形多五郎は、逓信大臣として、日本の通信網の整備に尽力しました。彼が在任中に、電話や電信の普及が進み、日本の近代化に大きく貢献しました。

2. 交通の発展
尾形多五郎は、鉄道大臣として、日本の鉄道網の整備に尽力しました。彼が在任中に、多くの鉄道が開通して日本の輸送網の発展に貢献しました。

3. 日韓併合条約の締結
尾形多五郎は、1910年(明治43年)に、日韓併合条約の締結に尽力しました。この条約により、韓国は日本の領土となり、日本の植民地となりました。

尾形多五郎の死後

尾形多五郎の死後

-尾形多五郎の死後-

尾形多五郎は、1914年(大正3年)に没した。その死後、多五郎の舞台は、実子の尾形梅三郎、尾形月麿、尾形紫紅、尾形幹郎によって受け継がれた。

梅三郎は、多五郎の長男で、1881年(明治14年)に生まれた。梅三郎は、幼い頃から父に歌舞伎を学び、1903年(明治36年)に父と共演した『勧進帳』の弁慶役で大好評を博した。その後、梅三郎は、父の後を継いで市川団十郎を襲名し、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。

月麿は、多五郎の二男で、1883年(明治16年)に生まれた。月麿は、梅三郎とともに父に歌舞伎を学び、1906年(明治39年)に父と共演した『勧進帳』の義経役で大好評を博した。その後、月麿は、父の後を継いで市川左團次を襲名し、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。

紫紅は、多五郎の三男で、1887年(明治20年)に生まれた。紫紅は、梅三郎、月麿とともに父に歌舞伎を学び、1910年(明治43年)に父と共演した『勧進帳』の富樫役で大好評を博した。その後、紫紅は、父の後を継いで市川左團次を襲名し、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。

幹郎は、多五郎の四男で、1889年(明治22年)に生まれた。幹郎は、梅三郎、月麿、紫紅とともに父に歌舞伎を学び、1912年(大正元年)に父と共演した『勧進帳』の弁慶役で大好評を博した。その後、幹郎は、父の後を継いで市川団十郎を襲名し、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。

尾形多五郎の死後、多五郎の舞台は、実子の尾形梅三郎、尾形月麿、尾形紫紅、尾形幹郎によって受け継がれた。彼らは、それぞれが父の後を継いで市川団十郎を襲名し、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。

タイトルとURLをコピーしました