九鬼隆昌 – 江戸時代前期の大名

九鬼隆昌 – 江戸時代前期の大名

九鬼隆昌の生涯

九鬼隆昌の生涯

– 九鬼隆昌の生涯

九鬼隆昌は、江戸時代前期の大名です。伊勢国桑名藩の初代藩主を務めました。

1595年、九鬼嘉隆の次男として生まれました。通称は小太郎。幼名は花寿丸。

1600年の関ヶ原の戦いで、父・嘉隆は西軍に属して改易されましたが、隆昌は東軍に属して功績を挙げ、桑名藩10万石を与えられました。

1603年、江戸幕府が開かれ、隆昌は奏者番に任じられました。1606年には、大坂城番に任じられました。1610年には、従五位下豊後守に叙任されました。

1615年の大坂の陣では、隆昌は豊臣方として参戦しました。しかし、戦に敗れて浪人となりました。

1627年、隆昌は徳川家光の養女・亀姫を正室に迎え、桑名藩に復帰しました。

1634年、桑名藩は15万石に加増されました。隆昌は、藩政に励み、領内の開発に努めました。

1644年、隆昌は死去しました。享年50。

九鬼隆昌の功績

九鬼隆昌の功績

九鬼隆昌の功績

九鬼隆昌は、江戸時代前期の大名であり、豊臣秀吉や徳川家康に仕えた。彼は、関ヶ原の戦いにおいて東軍に与し、活躍した。その後、陸奥国盛岡藩の初代藩主となり、藩政を確立した。

九鬼隆昌の功績は、以下の通りである。

* 関ヶ原の戦いにおいて、東軍に与し、活躍した。
* 陸奥国盛岡藩の初代藩主となり、藩政を確立した。
* 盛岡城を築城した。
* 盛岡藩の産業を振興した。
* 盛岡藩の教育制度を整備した。

九鬼隆昌は、盛岡藩の発展に貢献した名君である。

関ヶ原の戦いにおいて、九鬼隆昌は、東軍に与し、活躍した。彼は、石田三成の軍勢を破り、東軍の勝利に貢献した。戦後、九鬼隆昌は、陸奥国盛岡藩の初代藩主となった。

九鬼隆昌は、盛岡藩の藩政を確立した。彼は、盛岡城を築城し、藩の産業を振興した。また、盛岡藩の教育制度を整備し、藩士の教育に力を入れた。九鬼隆昌の功績により、盛岡藩は、東北地方有数の大藩となった。

九鬼隆昌は、盛岡藩の発展に貢献した名君である。彼の功績は、今もなお、盛岡藩の人々に語り継がれている。

九鬼隆昌の死

九鬼隆昌の死

九鬼隆昌の死

九鬼隆昌は、江戸時代前期の大名。九鬼氏の第2代当主。陸奥国三春藩初代藩主。上野国前橋藩初代藩主。肥後国熊本藩初代藩主。

隆昌は、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣で、豊臣方として徳川方と戦った。しかし、大坂城が落城した後、徳川方に降伏した。

元和2年(1616年)、隆昌は陸奥国三春藩6万石に封じられた。その後、上野国前橋藩10万石、肥後国熊本藩50万石と加増された。

寛永13年(1636年)、隆昌は死去した。享年58。

隆昌の死後、熊本藩は嫡男の九鬼隆次が継いだ。しかし、隆次は寛永14年(1637年)に改易された。三春藩は弟の九鬼隆季が継いだ。前橋藩は隆昌の養子である松平忠輝が継いだ。

隆昌は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した名将である。その武勇は、多くの人々に称賛されている。

タイトルとURLをコピーしました