叡努内親王 – 平城天皇の皇女

叡努内親王 – 平城天皇の皇女

生い立ちと家族

生い立ちと家族

-生い立ちと家族-

叡努内親王は、平安時代初期の皇族。平城天皇の皇女で、母は嵯峨天皇の女御・藤原薬子の娘・藤原正子。同母姉に皇太子・阿保親王、同母妹に仁明天皇の女御・藤原順子、同母弟に高岳親王、賀陽親王、長岡親王がいる。

叡努内親王は、弘仁2年(811年)に誕生した。父・平城天皇は、809年に即位したが、823年に薬子と藤原仲成の謀反により廃位され、嵯峨天皇が再び即位した。この事件により、薬子と正子は流罪となり、叡努内親王は母と離れ、皇太子・阿保親王とともに嵯峨天皇の養女となった。

824年、嵯峨天皇が譲位し、阿保親王が淳和天皇として即位すると、叡努内親王は皇女となった。828年、淳和天皇が廃位され、弟の仁明天皇が即位すると、叡努内親王は皇妹となった。

叡努内親王は、840年に薨去した。享年30。

大同5年の備前穀100斛の賜与

大同5年の備前穀100斛の賜与

-# 大同5年の備前穀100斛の賜与 -#

平安時代初期の大同5年(810年)、平城天皇の皇女である叡努内親王は、備前国から穀物100斛を賜りました。これは、叡努内親王の生活を支えるために与えられたものと考えられます。

叡努内親王は、平城天皇と藤原薬子の間に生まれた皇女です。弘仁元年(810年)に皇孫として生まれ、弘仁5年(814年)に皇太女となり、弘仁10年(819年)に立后しました。しかし、弘仁14年(823年)に父である平城天皇が桓武天皇の皇子である嵯峨天皇に譲位した際、叡努内親王も皇位を剥奪されました。その後、彼女は備前国に配流され、そこで亡くなりました。

叡努内親王に備前穀100斛が賜与されたのは、彼女が平城天皇の皇女であることを考慮してのことと考えられます。また、叡努内親王は、弘仁5年(814年)に皇太女に、弘仁10年(819年)には立后にもなりました。しかし、弘仁14年(823年)に父である平城天皇が桓武天皇の皇子である嵯峨天皇に譲位した際、叡努内親王も皇位を剥奪されました。その後、彼女は備前国に配流され、そこで亡くなりました。

叡努内親王に備前穀100斛が賜与されたのは、彼女が平城天皇の皇女であることを考慮してのことと考えられます。また、叡努内親王は、弘仁5年(814年)に皇太女に、弘仁10年(819年)には立后にもなりました。しかし、弘仁14年(823年)に父である平城天皇が桓武天皇の皇子である嵯峨天皇に譲位した際、叡努内親王も皇位を剥奪されました。その後、彼女は備前国に配流され、そこで亡くなりました。

承和2年の死去と仁明天皇の喪

承和2年の死去と仁明天皇の喪

承和2年の死去と仁明天皇の喪

承和2年(835年)、叡努内親王は31歳の生涯を閉じました。彼女は、平城天皇と高野新笠の娘として生まれ、仁明天皇の異母妹にあたります。仁明天皇は、叡努内親王の死を悼み、翌日には詔を発して、彼女を「貞淑仁孝、恵慈忠恕の徳を備え、皇威を光輝にした」と称賛しました。また、仁明天皇は、叡努内親王の葬儀を盛大に執り行うよう命じました。

叡努内親王の死は、仁明天皇にとって大きな悲しみとなりました。仁明天皇は、叡努内親王を非常に可愛がっており、彼女のことを「愛する妹」と呼んでいました。また、仁明天皇は、叡努内親王に多くの栄誉を与えており、彼女を三品に叙し、さらに皇女の称号を与えていました。

叡努内親王の死は、仁明天皇の健康状態にも影響を及ぼしました。仁明天皇は、叡努内親王の死後、体調を崩してしまい、翌承和3年(836年)に崩御しました。仁明天皇の死は、叡努内親王の死による悲しみが原因の一つと考えられています。

叡努内親王は、仁明天皇にとってかけがえのない存在でした。彼女の死は、仁明天皇に大きな悲しみと苦しみを与えました。そして、叡努内親王の死は、仁明天皇の健康状態にも影響を及ぼし、最終的には仁明天皇の死にもつながりました。

タイトルとURLをコピーしました