「飯室庄左衛門」(⇒飯室昌栩)について

「飯室庄左衛門」(⇒飯室昌栩)について

飯室庄左衛門とは?

飯室庄左衛門とは?

飯室庄左衛門とは?

飯室庄左衛門(1811-1872)は、江戸時代末期の武士、土佐藩士であり、勤王家、思想家、政治家としても活躍した人物です。

通称は昌栩(まさき)、諱も昌栩だが、偏諱にあやかって改名したとする説や、昌栩であり、偏諱の「土」が崩れたものとする説があるなど、その呼称は定かではありません。

飯室氏は、代々土佐藩士の家柄で、庄左衛門も土佐藩士として生まれました。

庄左衛門は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。18歳で藩校の教授となり、藩政改革を志しました。

その後、庄左衛門は、土佐藩の参政となり、藩政改革を行いました。藩の財政を立て直し、軍備を整え、藩の近代化を推し進めました。

また、庄左衛門は、勤王家としても活躍し、土佐藩を反幕府派の拠点としました。1868年には、戊辰戦争で官軍として戦い、幕府軍を破りました。

戊辰戦争後、庄左衛門は、新政府で要職を歴任しました。しかし、1872年に暗殺され、その生涯を閉じました。

庄左衛門は、土佐藩の近代化を推進し、勤王家としても活躍した人物です。その功績は、今もなお讃えられています。

飯室庄左衛門の功績

飯室庄左衛門の功績

-飯室庄左衛門の功績-

飯室庄左衛門(のちの飯室昌栩)は、江戸時代前期の武士、旗本。松平忠直の重臣で、後に前田利常に仕えた。

飯室昌栩の功績は、松平忠直の重臣として、忠直の失脚に際して忠義を尽くし、前田利常に仕えて忠誠を尽くしたことである。

忠直が失脚し、高崎城に移封された際には、昌栩は忠直に従い、高崎城の守備を固めた。また、忠直が幽閉された際には、昌栩は忠直の側近として、忠直の世話をした。

その後、昌栩は前田利常に仕えた。利常は、昌栩の忠義を高く評価し、昌栩を家老に任命した。昌栩は、利常に仕えて忠誠を尽くし、利常の死後は、利常の嫡子である前田光高に仕えた。

昌栩は、前田家に仕えた後も、忠義を尽くし、前田家の発展に貢献した。昌栩は、前田家の家老として、前田家の家政を司り、前田家の領地の経営に尽力した。また、昌栩は、前田家の軍事を司り、前田家の軍備を強化した。

昌栩は、忠義に厚く、武勇に優れた武将であった。昌栩の功績は、松平忠直の重臣として、忠直の失脚に際して忠義を尽くしたこと、前田利常に仕えて忠誠を尽くしたことである。

飯室庄左衛門の死後

飯室庄左衛門の死後

-飯室庄左衛門の死後-

飯室庄左衛門の死後、飯室家は次男の飯室庄右衛門が継いだが、庄右衛門は1657年に早世した。そのため、庄左衛門の三男である飯室昌栩が飯室家を継いだ。昌栩は父が築き上げた事業をさらに発展させ、飯室家は加賀藩屈指の豪商となった。

昌栩は1680年に加賀藩の御用商人となり、加賀藩の財政を支えた。また、昌栩は加賀藩の殖産興業にも貢献し、加賀藩の経済発展に大きく寄与した。昌栩は1703年に死去したが、その死後も飯室家は加賀藩の御用商人として活躍を続けた。

飯室家は1868年の明治維新まで、加賀藩の御用商人として活躍した。明治維新後、飯室家は加賀藩の御用商人としての地位を失ったが、引き続き加賀藩の経済発展に貢献した。飯室家は1945年の戦災で家屋敷を焼失したが、その後も事業を継続し、現在も加賀藩の経済発展に貢献している。

タイトルとURLをコピーしました