「飯盛大刀自」とは、讃岐から播磨へやってきて飯盛山を領有したとされる神

「飯盛大刀自」とは、讃岐から播磨へやってきて飯盛山を領有したとされる神

飯盛大刀自の起源と伝承

飯盛大刀自の起源と伝承

– 飯盛大刀自の起源と伝承

飯盛大刀自の起源には諸説あるが、その中でも有力なのが、讃岐国(現在の香川県)から播磨国(現在の兵庫県)へやってきて、飯盛山を領有したという伝承である。

この伝承によると、飯盛大刀自は讃岐国の豪族の娘で、父を亡くした後、兄たちと争って讃岐を追われ、播磨国に逃れてきたという。播磨国では、飯盛山の麓に住む農夫と出会い、結婚して子供をもうけた。その後、夫と死別した飯盛大刀自は、飯盛山の神となって人々を守ったとされる。

飯盛大刀自は、農耕の神様、安産の女神、縁結びの神様として信仰されている。飯盛山には、飯盛大刀自を祀る飯盛神社があり、毎年多くの参拝客が訪れる。

飯盛大刀自の伝承は、播磨国の歴史と文化を知る上で重要な資料である。また、飯盛大刀自は、人々の信仰を集める神様として、今もなお愛されている。

飯盛山と飯天神社の関わり

飯盛山と飯天神社の関わり

飯盛山と飯天神社の関わり

飯盛山は、兵庫県加古川市と高砂市の境界に位置する山です。標高は310.2メートルで、加古川市と高砂市の最高峰となっています。飯盛山は、古くから神聖な山として崇められ、山頂には飯天神社が鎮座しています。

飯天神社は、飯盛山の山頂に鎮座する神社です。創建年代は不詳ですが、平安時代の末期にはすでに存在していたとされています。飯天神社は、飯盛大刀自を祀る神社で、飯盛大刀自は讃岐から播磨へやってきて飯盛山を領有したとされる神です。

飯天神社は、飯盛山と深い関わりがあり、飯盛山は飯天神社の神域とされています。飯天神社では、毎年4月15日に例大祭が行われ、飯盛山に登る登山が行われます。また、飯天神社は、夕日の名所としても知られており、毎年10月には「飯盛山の夕日まつり」が行われます。

飯盛山と飯天神社は、加古川市と高砂市のシンボル的な存在であり、多くの人々に親しまれています。

飯盛大刀自が祀られている神社

飯盛大刀自が祀られている神社

-飯盛大刀自が祀られている神社-

飯盛大刀自が祀られている神社は、主に以下の通りです。

* -飯盛山神社(香川県丸亀市)-
飯盛大刀自の総本社であり、飯盛山の山頂に鎮座しています。

* -飯盛神社(兵庫県姫路市)-
播磨国に逃れた飯盛大刀自が最初に祀られた神社とされています。

* -飯盛神社(兵庫県加古川市)-
飯盛大刀自が加古川市に滞在した際に祀られた神社とされています。

* -飯盛神社(兵庫県小野市)-
飯盛大刀自が小野市に滞在した際に祀られた神社とされています。

* -飯盛神社(兵庫県丹波篠山市)-
飯盛大刀自が丹波篠山市に滞在した際に祀られた神社とされています。

いずれの神社も、飯盛大刀自を祀る神社として、地元の人々から親しまれています。

飯盛山神社は、飯盛山の山頂に位置しており、瀬戸内海の絶景を望むことができる絶好のロケーションにあります。また、飯盛神社(姫路市)は、姫路城のすぐ近くにあるため、観光客にも人気があります。

飯盛神社は、いずれも飯盛大刀自の功績を称えるために建てられた神社です。飯盛大刀自は、讃岐から播磨にやってきて飯盛山を領有し、人々に農業や漁業を教えたとされています。また、飯盛大刀自は、神功皇后の三韓遠征にも参加し、武功を立てたと言われています。

飯盛神社は、飯盛大刀自の功績を称えるとともに、人々の安寧と繁栄を祈願する神社です。飯盛神社は、地元の人々から親しまれ、大切にされてきた神社です。

タイトルとURLをコピーしました