「岡部長著」

「岡部長著」

概要

概要

-概要-

「岡部長著」は、日本の小説家である岡部いさくの著作である。2017年に幻冬舎から出版された。この小説は、第二次世界大戦中の日本を舞台に、主人公である岡部長が、戦時中の日本社会や軍部と対立しながら、自分の信念を貫き通していく姿を描いている。

この小説は、岡部が実際に体験した戦争体験をもとに書かれている。岡部は、1920年に東京で生まれ、1943年に陸軍に入隊した。その後、太平洋戦争に従軍し、終戦まで戦った。戦後は、小説家として活動し、戦争体験を題材にした作品を多く発表している。

「岡部長著」は、戦時中の日本社会をリアルに描いた作品として評価されている。また、主人公である岡部長が、戦時中の日本社会や軍部と対立しながら、自分の信念を貫き通していく姿は、読者に勇気を与えるものとなっている。

この小説は、2018年に映画化された。映画は、阿部寛が岡部長を演じ、監督は、原田真人である。映画は、原作のストーリーを忠実に再現しており、戦時中の日本社会をリアルに描いた作品として評価されている。

家督相続とその生涯

家督相続とその生涯

家督相続とその生涯

岡部長著は、1826年3月10日に岡部藩主・岡部忠潔の長男として江戸で誕生しました。幼名は亀之助。1830年に父が死去すると、わずか5歳で家督を相続しました。しかし、実権は家老の岡部清五郎が握っていました。

1845年に成年を迎えると、岡部長著は藩政改革に取り組みました。まず、家老の清五郎を罷免し、藩財政の立て直しを図りました。また、藩校である弘道館を設立し、教育の充実を図りました。

1853年にペリーが浦賀に来航すると、岡部長著は攘夷を主張しました。しかし、幕府は開国を決定。岡部長著は、幕府の命令に従って開国に協力しました。

1868年に戊辰戦争が勃発すると、岡部長著は官軍に加担しました。戊辰戦争後、岡部長著は明治政府に仕えました。1873年に参議に任命され、1877年に西南戦争に従軍しました。

1889年に子爵に叙爵されました。1890年12月4日に死去しました。享年64歳でした。

岡部長著は、家督を相続したばかりの頃は、家臣たちから軽視されていました。しかし、学問を修めて、藩政改革に取り組むうちに、家臣たちの信頼を得るようになりました。戊辰戦争や西南戦争にも従軍し、幕末から明治維新にかけての動乱期に、岡部藩を存続させることに成功しました。

享保の条目制定と改革の実施

享保の条目制定と改革の実施

– 岡部長著

-# 享保の条目制定と改革の実施

岡部長著は、享保の改革の立案と実施に貢献した旗本です。享保の改革は、8代将軍徳川吉宗が行った政治改革であり、享保の条目を制定して幕府の財政を立て直し、幕府の権威を高めることを目的としていました。

長著は、享保の条目の起草に携わり、また、改革の実施にも重要な役割を果たしました。長著は、幕府の財政を立て直すために、倹約政策を推進し、また、幕府の権威を高めるために、官僚機構の改革を行いました。

長著の改革は、幕府の財政を立て直し、幕府の権威を高めることに成功しました。享保の改革は、江戸時代の政治改革の成功例として知られており、長著の功績は大きく評価されています。

-# 長著と享保の条目

享保の条目は、享保の改革の根幹となる法律であり、1716年に制定されました。享保の条目は、幕府の財政を立て直し、幕府の権威を高めることを目的としており、内容は、倹約政策、官僚機構の改革、法令の整備など多岐にわたりました。

長著は、享保の条目の起草に携わり、また、改革の実施にも重要な役割を果たしました。長著は、幕府の財政を立て直すために、倹約政策を推進し、また、幕府の権威を高めるために、官僚機構の改革を行いました。

長著の改革は、幕府の財政を立て直し、幕府の権威を高めることに成功しました。享保の改革は、江戸時代の政治改革の成功例として知られており、長著の功績は大きく評価されています。

-# 長著と幕府の官僚機構

岡部長著は、幕府の官僚機構の改革にも重要な役割を果たしました。長著は、幕府の官僚機構を簡素化し、また、官僚の能力を向上させるために、官僚登用制度を改革しました。

長著の改革によって、幕府の官僚機構は簡素化され、また、官僚の能力も向上しました。これによって、幕府の行政效率は向上し、また、幕府の権威も高まりました。

長著の改革は、江戸時代の政治改革の成功例として知られており、長著の功績は大きく評価されています。

タイトルとURLをコピーしました